IDでもっと便利に新規取得

ログイン

二刀流・大谷の打撃データにも注目!
スプリング・トレーニングリポート(3)

6日の試合では打球が飛ばず…

現地6日のダイヤモンドバックス戦では2打席連続空振り三振を喫した大谷
現地6日のダイヤモンドバックス戦では2打席連続空振り三振を喫した大谷【Getty Images】

第1打席:空振り三振

第2打席:空振り三振

第3打席:四球


 3月6日(現地時間)に行われたダイヤモンドバックスとのオープン戦、「5番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平は3打席無安打に終わった。


 安打がなかったのはともかく、この球場で打球が1本も飛ばなかったのは惜しかった。なぜなら、スプリング・トレーニングのオープン戦で唯一Statcastのデータが収集できる球場、それがここ「ソルト・リバー・フィールズ」だからだ。

ダイヤモンドバックスとロッキーズがキャンプ地として使用するソルト・リバー・フィールズ(写真は5日のもの)
ダイヤモンドバックスとロッキーズがキャンプ地として使用するソルト・リバー・フィールズ(写真は5日のもの)【Getty Images】

「ソルト・リバー・フィールズ」は、フェニックス市の北東に接するスコッツデール市のキャンプ拠点だ。球場のライト後方にはロッキーズ、レフトの後方にはダイヤモンドバックスのクラブハウスがあり、メインスタジアムでは両チームのオープン戦が行われている。ダイヤモンドバックスの施設は、今年の2月に北海道日本ハムのキャンプが行われた場所でもある。


 アリゾナを地元とするダイヤモンドバックスのキャンプ地のため、休日は大勢の人でにぎわう。4日はこの球場で平野佳寿の登板を観戦したが、相手が人気の高いカブスだったこともあり、芝生席が埋まるほどの盛況だった。

球場に設定されているトラキャブのカメラ。選手の動きなどを計測できる
球場に設定されているトラキャブのカメラ。選手の動きなどを計測できる【画像提供:データスタジアム】

 前述したように、この球場での試合ではStatcastによる詳細なデータが取得されており、MLBが運営している『Baseball Savant』というサイトでは、そのデータの一部が公開されている。


 Statcastとは、メジャーリーグで2015年から本格的に使われている最新技術で、投球や選手の動きのデータを半自動的に集めることができる。複数のシステムから成り立っており、ボールの動きは主に「トラックマン」というレーダーのシステムで捉え、野手や走者など人の動きは「トラキャブ」という画像解析のシステムで捉えている。


 カクタス・リーグ(※アリゾナでのスプリング・トレーニングのオープン戦)では10球場を15チームで使っており、私はそのうち8球場に足を運んでいるが、トラックマンは訪れたすべての球場に設置されていた。バックネット後方のスタンド上部にある四角いレーダーは日本プロ野球でも多くの球場で確認することができる。


 一方、トラキャブの設置を確認できた球場はソルト・リバー・フィールズだけだ。トラキャブはカメラを搭載したシステムで、上の写真のように、サッカーのJリーグで選手の走行距離などの測定に使われているものと同じだ。メジャーリーグでも、野手のポジショニングや走者の駆け抜けタイムなど、このシステムで選手の動きがデータ化されており、その一部は公式サイトなどを通じてファンに提供されている。


 この球場はトラックマンとトラキャブをそろえているため、Statcastのデータが収集できているようだ。

■Statcastで取得できる主なデータ

【投球】

初速、収束

回転数

変化量

リリースポイント

体感球速


【打球】

打球速度

打球角度

本塁打飛距離


【走塁】

一塁到達タイム

第1リード

最高速度


【守備】

ポジショニング

打球反応時間

送球速度

(※MLB.comの指標紹介ページより抜粋)

 上記は、Statcastで収集される主なデータをまとめたものだ。前回のリポートでも触れた投球の回転数、変化量だけでなく、打者のデータも充実している。打球速度、打球角度のデータを収集することで「どのくらいの角度、どのくらいの速度で放たれた打球が本塁打になるのか」が分かってきた。

本塁打になるには球速と角度が重要

【画像提供:データスタジアム】

 実際に、打球角度と速度のデータを見てみよう。上のグラフは、昨年のMLBで記録された全6105本塁打の打球速度と角度を同心円状に表したものだ。赤い点が本塁打を示している。分布から分かる通り、本塁打の打球速度はそのほとんどが150キロから180キロ(水色のゾーン)に収まっており、打球角度は15度から45度の間が大多数を占めていた。


 また、30度付近は150キロに届かない速度でもスタンドインする打球が存在していると分かる。本塁打になりやすい打球速度、角度を示したこのデータは、メジャーリーグに広がる「フライボール革命」の論拠として使われることも多い。


 大谷はダイヤモンドバックス戦では打球を放たなかったが、同じくソルト・リバー・フィールズで行われた2月27日のロッキーズ戦ではデータが取れており、6回に放ったショートゴロが打球速度170.2キロ、打球角度−15度を記録していた。この打球速度は、この試合の打球で3番目に速いものだった。


 打者として出場した1試合目を除いて、安打が出ていない大谷だが、フリー打撃での飛距離はマイク・トラウトやアルバート・プホルスのようなスーパースターに見劣りしない。個人的には6日の試合で大谷の打球を期待していたが、その楽しみは次の機会にとっておきたい。


 シーズン中に、大谷はどのような打球速度を記録するのか。日本で投手・大谷が生み出す異次元の球速にワクワクしたように、打者・大谷の打球速度に注目することも、メジャーリーグの楽しみ方のひとつとなるだろう。

データスタジアム金沢慧
データスタジアム金沢慧

1984年生まれ、福島県出身。学習院大経済学部卒業、筑波大大学院体育研究科修了。データスタジアム株式会社ナレッジ開発チーム兼ベースボール事業部アナリスト。TVや雑誌などのメディアで野球データを生かしたエンターテインメントの製作に数多く携わっており、NHK BS1で放送されている「ワールドスポーツMLB」や「球辞苑」ではデータ解説役として出演。また、プロ野球のチームに対してもセイバーメトリクスの手法を用いた分析や、トラッキングデータの解析を行っている。大学で行われている講義やAI野球解説プロジェクト「ZUNO」の監修に携わるなど、さまざまな分野との連携も多い

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント