IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DeNA野球を引き出した桑原の初安打
岩村明憲氏の日本シリーズ解説
ここまで3試合連続無安打のDeNA桑原が初回にヒット。これで勢いがついたチームは快勝し、日本シリーズ初勝利を挙げた
ここまで3試合連続無安打のDeNA桑原が初回にヒット。これで勢いがついたチームは快勝し、日本シリーズ初勝利を挙げた【写真は共同】

 プロ野球の頂上決戦「日本シリーズ」第4戦が1日に横浜スタジアムで行われ、3連敗中だった横浜DeNAが福岡ソフトバンクを6対0で下し快勝。「負ければ終わり」のゲームで一矢報いた。


 DeNAは両軍無得点で迎えた5回に宮崎敏郎の一発などで2点を先制。7回には高城俊人のソロ、8回には宮崎、高城のタイムリーで相手を突き放した。投げては先発・濱口遥大が8回1死までノーヒットピッチングの快投。3人のリレーで相手打線を零封した。


 スポーツナビでは、東京ヤクルトやMLB・レイズなどで活躍し、短期決戦の経験が豊富な岩村明憲氏による日本シリーズのポイント解説をお届けする。

チームと球場の雰囲気づくり担う

 以下は岩村氏の解説。


「DeNAはのびのびと自分たちの野球をしているなと感じました。濱口君のピッチングももちろん良かったけど、1回裏に先頭の桑原(将志)君に初ヒットが出たことが一番良かったですね。お客さんがすごく盛り上がったでしょ、あのヒットで。ヒットが出てリードオフマンの働きをできたことで、シリーズで初めてチームと球場の雰囲気づくりを担ったのかな。それがすべていい方向に向かった結果がこの1勝だと思いますね。


 僕も1番を打たせてもらったことがありますが、打つことによって球場が盛り上がってくる体験を何度もしました。桑原君も同じような感覚を覚えたのではないでしょうか。得点には結びつかなかったですが、2安打1四球は役割としては十分でしょう。ここまでの3戦は相手に呑まれていた部分が多分にあったと思います。ですが今日はDeNAというチーム、横浜スタジアムの雰囲気が、これまでのソフトバンクの野球をまったくさせませんでした。そのきっかけをつくったのが桑原君でした」

引き続き『1番対決』に注目!

桑原のヒットで球場のDeNAファンも大盛り上がり。大声援でチームを後押しした
桑原のヒットで球場のDeNAファンも大盛り上がり。大声援でチームを後押しした【写真は共同】

「DeNAは第5戦以降も、『一戦必勝』の気持ちは変わらないと思います。負けたら終わりの状況は同じですから。レギュラーシーズンからラミレス監督の下で気負うことなく、のびのびと自分たちの野球をやってきたはずなので、今まで通りそれに徹していけばいいと思います。ソフトバンクは数字の上でまだ余裕がありますので、勝ち急がないほうがいいですね。


 第3戦、4戦と1番打者を取り上げましたが、彼らの存在は大事だと思います。柳田(悠岐)選手も今回の第1打席は抑えられましたが、次戦以降も注目が集まるでしょう。桑原君と柳田選手の『1番対決』は引き続き見ものです」

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント