IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウルグアイ戦の分岐点は後半序盤の15分間
スタッツから読み解くU-20W杯

後半にチャンスを演出した日本

久保のドリブルから決定機を迎えるなど、後半立ち上がりは日本ペースに
久保のドリブルから決定機を迎えるなど、後半立ち上がりは日本ペースに【写真:田村翔/アフロスポーツ】

 前半はシュート2本にとどまり、0−1とリードされてハーフタイムを迎えた日本。しかし、後半に入るとより多くのチャンスを作ることに成功した。後半はシュート8本、そのうち枠内シュートが5本。敵陣ペナルティーエリア内のプレー数も、前半の3回から11回と大幅に増えている。


 特に後半序盤の15分間が、ハイライトだ。ペナルティーエリアに5回侵入し、5本のシュートを打っている。後半10分に市丸瑞希のループシュート、そのこぼれ球を押し込もうとした久保のヘディング。さらに13分の久保のドリブルシュートからの堂安の詰めなど、最も大きな決定機はこの時間帯に生まれた。


 そのキーワードは、ショートカウンターだ。ウルグアイに対して高い位置からプレスをかけ、ミスを誘ってチャンスにつなげた。後半序盤のパスの前方比率は27%と、むしろこの試合で最も低い数字だったが、後半9分あたりに内山監督から「もっと前へ!」と檄(げき)を飛ばされてから、守備面でも積極性が出たようだ。

攻守に最後の局面で差をつけられた

ミスをカバーして防ぎ切るところ、決め切るところで差をつけられた日本
ミスをカバーして防ぎ切るところ、決め切るところで差をつけられた日本【写真:田村翔/アフロスポーツ】

 しかし、この時間帯で決定機を外した後、試合の展開に変化が起きた。前半のポゼッション率は日本が52%、後半序盤も52%と変わらなかったが、後半16〜30分は59%、31〜45分は67%と、日本が圧倒的にボールを持つ展開になっている。ウルグアイは、後半17分に8番カルロス・ベナビデスに代えて6番マルセロ・サラッキを投入したあたりから、無理にボールを持たず守備強度を高めてカウンター色を強くした。


 その結果、ウルグアイは後半31〜45分に、9回という敵陣ペナルティーエリア内のプレー数を記録。日本は3回にとどまった。1点差を追い、リスクを負ってでもボールを運びたい日本に対し、ウルグアイは日本のGK、DF、ボランチにプレッシングを浴びせ、より多くのチャンスを生み出した。ボールを持つリスクを負わず、かといって打たれっぱなしにもならず。リードしたチームの定石ではあるが、ウルグアイは素早い采配で、試合戦略を変えている。そしてアディショナルタイムにマティアス・オリベラが追加点を挙げた。


 0−2で敗れた日本。お互いにビッグチャンスは相手のミス絡み、あるいはそれを誘うプレッシングがきっかけだったが、それをカバーして防ぎ切るところ、決め切るところで差はついた。その結果、徐々にウルグアイの試合戦略に導かれてしまった。


※本スタッツデータは大会公式とは異なる場合があります。


(グラフィックデザイン:相河俊介)

清水英斗
清水英斗

1979年12月1日生まれ、岐阜県下呂市出身。プレーヤー目線で試合の深みを切り取るサッカーライター。著書は「欧州サッカー 名将の戦術事典」「サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術」「サッカー観戦力 プロでも見落とすワンランク上の視点」など。現在も週に1回はボールを蹴っており、海外取材では現地の人たちとサッカーを通じて触れ合うのが楽しみとなっている。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント