ハイレベル女馬と未来の短距離王が激突!
大混戦NHKマイルCの競馬記者座談会

牝馬には負けられぬ 黙っちゃいない男たち

牡馬の有力候補筆頭はこの馬モンドキャンノ(桃帽)(撮影:日刊ゲンダイ)
牡馬の有力候補筆頭はこの馬モンドキャンノ(桃帽)(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

デスク「女房と娘が幅を利かして、家に帰っても居場所がない俺にとっても、“牝馬上位”は面白くないんだが」


小島「そんな家庭の事情はどうでもいいですが、桜花賞好走組が中心となるのなら、勝ち馬レーヌミノルを負かしたモンドキャンノの3走前を評価すべきですよ。何より当時の鞍上に戻るのはこの上ない強調材料ですし、いつも言っていますが、混戦になればなるほど信頼すべきはジョッキーの腕です」


伊利「NHKマイルCは、後にスプリンターとして活躍する馬の好走が目立つレースでもありますよね。モンドキャンノは、おそらく将来的には短距離馬として大成すると思いますが、あえてここで狙う価値はありますよ」


デスク「ただ、距離が守備範囲外だったにしろ、前走のスプリングSが負け過ぎの感も受けたけど」


守屋「前走は1〜2コーナーで頭を振って向正面の半ばまで折り合いを欠いていた上に、前が止まるタフな流れでは失速も仕方なかったと思います。ローテーション自体は当初からの予定通りですし、ガス抜きもできて上積みは大きいはずです。もとより、前走を除けば連対を外していない馬で、朝日杯では直線で大外に持ち出して、勝ったサトノアレスより速いメンバー最速の上がりで伸びていましたから、折り合えればマイルもまったく問題ないですよ。牝馬も強いですが、この馬も相当なレベルと見ていいんじゃないでしょうか」


細川「陣営も“前走は流れに乗り過ぎた。朝日杯のような競馬で”と、巻き返しに意欲を見せています。加えて“右回りだと外に張るところがあるが、左回りなら押さえやすい”とも言っていたので、とにかく折り合って運ぶことができれば好戦できそうですね」


田崎「僕はアウトライアーズの巻き返しに期待したいですね。この馬のベストパフォーマンスは、3走前のひいらぎ賞。正体はマイラーだと思いますし、ここなら主役を張れる力があると見ています」


瀬古アウトライアーズの皐月賞は案外な結果となりましたが、この馬の決め手が生きるのは、僕もマイルでこそだと思いますよ」


中邑「けっして距離がもたない、というわけではないんでしょうが、折り合い面を考えるとマイルがベストなんだと思います。皐月賞は度外視していいですし、今年のメンバーなら勝負になっていいでしょうね」


坂倉アウトライアーズの状態に関しては、前走からそれほど良くなっているわけでもないので、その点での強調材料はないんですが、やはり距離短縮はプラスに働くはずですね。東京マイルは初めてとなりますが、今までのレースぶりを考えればベスト条件の感も受けますよ」


山崎「皐月賞については、田辺騎手も手応えがあって外を回ったようですが、追ってからの反応が一息だった点は、陣営も“距離かな”と。“大人しすぎる点がどうか”という慎重なコメントもあった前走時よりも“いい意味でうるささが出てきた”という今回は気配も上向きと見ることができますし、陣営からは“あくまでチャレンジャーの立場で”という雰囲気が伝わってくるとはいえ、これだけの混戦メンバーならチャンスは十分あるでしょうね」


持木「僕は皐月賞でクビ差2着のペルシアンナイトを物差しにすれば、アーリントンCが3馬身差2着であってもレッドアンシェルで勝負になると思います。唯一の大敗である朝日杯は、道中で2度も不利があった度外視できる一戦ですし、前走から間隔があきましたが気性的に久々も気にならない馬ですからね」


広田「前走は、ジョッキーとも相談して後方からの競馬を試したようですが、ここへ向けて収穫は大きかったと思います。問題は輸送で、ゴールデンウィークの渋滞のみならず、もともとイレ込みがキツい馬ですからね。テンションが上がってレース前の消耗が激しいと厳しくなりますが、平常心で臨むことができれば力差はないはずです。あとは時計がない点でしょうか。少しでも時計がかかる馬場になってほしいところですが、全国的に雨予報の土曜も東京は降らないみたいで…」

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」

競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント