ハイレベル女馬と未来の短距離王が激突!
大混戦NHKマイルCの競馬記者座談会

何が来てもおかしくはない 注目はこの馬

久光「僕は走っても走っても何故か人気にならないボンセルヴィーソを。勝ち切れてはいないものの、朝日杯とファルコンSは差し馬台頭の流れ、ニュージーランドTも内の2頭での決着で自身は大外枠から先行と、いずれも負けて強しのレースを続けています。ダイワメジャー産駒らしい渋太さが身上の馬ですが、父の産駒が最近5年で2勝というデータも頼もしいですし、今回は枠順も絶好ですから狙い目と見ました」


桜井「詰めの甘さは否めないものの、コースや馬場状態を問わずに結果を出し続けている点は評価に値します。強力な同型馬が見当たらないメンバー構成でもあり、これだけ人気がないのなら押さえておいて損はないでしょうね」


小野智「勝ち馬も含めてニュージーランドT組の評価が低いようですが、私は馬場と枠順が応えながらもメンバー最速の上がりを使ったタイムトリップの激走に賭けてみます。戸崎圭騎手も“1週前の追い切りで跨ぎましたが、モノ凄く成長してました。一発狙ってますよ”と、さすがに人気が人気ですから大声ではなかったですけど、小声で囁いてくれたので、余計グッときましたよ」


坂倉「前走で手綱を取った田辺騎手も、けっこう評価してましたから、僕も馬券はしっかりと押さえたいですね」


武井「あと、穴馬として面白いのはプラチナヴォイスですね。今回と同じコーナー2回のコースでは3戦2勝で、敗れたのは道悪のきさらぎ賞だけなんですよ。しかも、2勝のうちのひとつはレコード勝ちで、今の高速馬場は追い風になると思います」


加茂「前走の皐月賞は、勝ち馬に寄られてジョッキーが立ち上がるシーンも。鮫島師は“勝っていたとは言わないが、もっと上の着順はあったと思う”と、不利を悔やんでましたわ。乗り難しい馬やけど、初めての左回りマイル戦が合う可能性もありまっせ」


坂倉「不利と言えば、ディバインコードの前走は、直線入り口で隣の馬と接触し、それでも狭いところを割って出て来れたのは脚があってこそで、いい内容だったと思います。中1週になるので、最終追いも反応を確かめる程度でしたが、陣営は“これならGIへ行ける”という手応えを掴んだとのこと。まだ馬体面では未完成で、重厚感が出て完成するのは秋以降になるかと思いますが、どこまで通用するのか楽しみはありますね」


デスク「あとは、雨が降れば面白いと思っていたキョウヘイだが、良馬場でどうよ」


加茂「前走に関しては“外を回ると逃げる面も見せていたし、スローペースで展開も向かなかった”と、陣営も力負けではないことを強調してましたわ。ただ、やっぱり馬場が渋って浮上のタイプやから…」


馬場「そのキョウヘイが勝ったシンザン記念ですが、実は皐月賞の1・2着馬が出走していたんですよね。ともに厳しい競馬を強いられて負けていたわけですが、それ以上に厳しい競馬となっていたのがトラストで、それでいて皐月賞馬に先着し、皐月賞2着馬にコンマ2秒差なら評価できるはずです。最後に力尽きた東スポ杯も、見せ場は十分の内容でしたから、同じ東京で距離短縮となる今回は条件も合うでしょう。札幌2歳S勝ちの実績からも能力は確かな馬ですし、何が来てもおかしくないメンバーなら、一発があっていいですよ」


デスク「確か、皐月賞の馬券で余った金額で総流ししようとしたら100円足りなくて、“これだけはない”と思ってトラストを切った俺にとっては、やっぱり“これだけはない”と思うけどな」

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」

競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント