IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神の若手遊撃手・植田が進むべき道
北條と鳥谷に勝つには「“足”しかない」
首脳陣も認める走塁と守備で1軍定着を図る植田
首脳陣も認める走塁と守備で1軍定着を図る植田【写真:BBM】

 昨年オフのU−23W杯で50メートル5秒8の俊足を買われ日本代表入り。「2番・遊撃」として大会盗塁王に輝き、世界一に貢献した阪神・植田海。この経験とともに、昨年味わった1軍での体験が、植田に大きな目標を生みだした。

掛布2軍監督の勧めで両打ち習得

 自分が進むべき道が見えてきた。高卒から2年間は何となく野球をしていた感じがあった。しかし「昨年1軍に呼んでもらって“ここで野球がしたい”と強く思ったんです」。


 シーズンも残り2試合となった昨年9月30日、植田は甲子園にいた。プロ2年目で初めて呼ばれた1軍。もちろん雰囲気を味わうという意味合いもあったが、就任以来、植田の足に注目している金本知憲監督は1軍でどれくらい通用するか試そうとしていた。


 そして、翌10月1日の巨人戦(甲子園)の6回、俊介の代走として一塁ベースに立った。これが記念すべき初出場となった。


「あのときはアウトにはなりましたが、2軍のときと同じように盗塁のスタートを切ることができました」


 この足を生かすため、1年前のキャンプで掛布雅之2軍監督から両打ちになることを打診される。もともと右打ちだった植田は必死に左打ちを習得し、その打診に応える。「今は左も右と同じような感じで打てるようになりました」と体に染みついてきたようだ。


 もともと守備には定評がある。打球への反応と動き出しは非常に素早いものがあり、「名手・久慈照嘉守備走塁コーチの現役時代を彷彿(ほうふつ)させる」とコーチ陣も話す。

足を生かすためにすべきこと

昨秋のU−23ワールドカップでは盗塁王に輝き、日本の初代王者に貢献
昨秋のU−23ワールドカップでは盗塁王に輝き、日本の初代王者に貢献【Getty Images】

 だが、現在の1軍の遊撃手には北條史也と鳥谷敬という高いカベがそびえ立つ。


「僕がお二人に勝つとしたら“足”しかありません。その足を生かすためには、打撃面で出塁率を上げることです。左打席では、意識的にショートライナーを打つイメージで、強い内野ゴロを打ちにいっています。そして守備と足では絶対ミスをしないことが条件だと思います」


 昨年まで2軍で2割前後だった打率が、現在は3割近くまで上がってきた。四球はチーム最多の8を記録し、出塁率も4割1分1厘と高い数字を残している。(4月4日現在)


「1軍に呼ばれて思ったのは、やはりここで試合に出ないと意味がないということでした。今年は結果を残し、自分の力で1軍に上がり、どのポジションでもいいので試合に出たいです」とはっきり言える植田が今そこにいる。


 飛ぶ鳥を落とす勢いの北條の牙城をも脅かす日も、そう遠くはなさそうだ。

週刊ベースボールONLINE

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント