sportsnavi

NJC決勝は柴田vs.ファレに決定
邪道が負傷欠場中の本間にエール
石井を下し、NJC決勝へ駒を進めた柴田が優勝宣言
石井を下し、NJC決勝へ駒を進めた柴田が優勝宣言【写真:SHUHEI YOKOTA】

 新日本プロレスの“春の最強決定トーナメント”「戦国炎舞 -KIZNA- Presents NEW JAPAN CUP 2017」終盤戦となる19日の静岡・アクトシティ浜松大会では、準決勝2試合を開催。翌20日の新潟・アオーレ長岡での決勝戦の組み合わせは、柴田勝頼vs.バッドラック・ファレに決定した。

柴田が優勝宣言「男の根性を見せる」

激闘の最後は、柴田が石井をスリーパーでとらえ、レフェリーストップに追い込んだ
激闘の最後は、柴田が石井をスリーパーでとらえ、レフェリーストップに追い込んだ【写真:SHUHEI YOKOTA】

 メインイベントでは、柴田勝頼が石井智宏を30分近い死闘の末に退け、「男の根性を見せる」とリング上で優勝宣言した。


 両者は昨年の1.4東京ドーム大会でNEVER無差別級王座を賭けて対戦し、柴田が王者・石井から王座を奪取。2.11大阪でのリマッチでも柴田が王座を防衛していた。


 柴田は序盤からフロントネックチャンスリー、コブラツイストを繰り出すと、互いに一歩も引かないスタンドでのエルボー合戦を展開。石井は鼻血を噴き出しながらも体重の乗ったエルボーでダウンを奪う。10分過ぎ、柴田が武者返し、袈裟固めからのジャンピングキックでダウンさせると、石井もノド元めがけての逆水平チョップで反撃し、ラリアットを3連発からのスライディング式ラリアット。さらに互いにあぐらをかいての張り手合戦から、石井がバックドロップ、柴田がジャーマンスープレックス。石井も腕ひしぎ逆十字固めを仕掛けるなど、新たな引き出しで迫るも、柴田がPKからの胴絞めスリーパーでレフェリーストップ勝ちを収めた。


「激烈だった。眠っていた何かを呼び起こしてもらった」と闘志がさらに高まった柴田は、「石井、おまえ、最高だよ!」と好敵手に感謝。「あと1つ。明日、男の根性見せます。以上!」と、初の“春男”の称号、そしてその先の新日本の頂点に向け、高らかに優勝宣言した。

ファレがEVIL撃破で3年ぶり決勝

ファレがバッドラックフォールでEVILをし止め、3年ぶりの決勝へ
ファレがバッドラックフォールでEVILをし止め、3年ぶりの決勝へ【写真:SHUHEI YOKOTA】

 セミファイナルでは、バッドラック・ファレがEVILを粉砕し、14年以来3年ぶりの決勝進出を決めた。


 EVILはリングインと同時に奇襲攻撃を仕掛けるも、ファレは逆にEVILを壁に打ち付け、フェンス攻撃。EVILもパイプイスを使ったEVILホームラン、ダイビングラリアットを繰り出すと、ファレのグラネードをかわした瞬間、セコンドのBUSHIが顔面へ毒霧を噴射。すかさずEVILがラリアットを連発し、フォールに入る。だが、カウント3寸前、今度はファレのセコンドのタマ・トンガが海野レフェリーの足を引っ張ってカウントを阻止。さらにトンガはリングに乱入し、EVILにトンガツイストを見舞う。EVILの必勝パターンを崩したファレは、カウンターのラリアットからグラネードを見舞うと、ダメ押しのバッドラックフォールで完勝。準優勝(優勝は中邑真輔)に終わった3年前のリベンジを果たすべく、決勝の舞台へ躍り出た。

CHAOS、本隊がバレット、LIJに勝利

CHAOSとバレットクラブが激突
CHAOSとバレットクラブが激突【写真:SHUHEI YOKOTA】

 NJC優勝者から狙われる立場のIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ&NEVER無差別級王者後藤洋央紀は、矢野通&YOSHI-HASHIと組んで、ケニー・オメガ&高橋裕二郎&タマ・トンガ&タンガ・ロア組と対戦。オカダが裕二郎をドロップキック、ダイビングエルボードロップからのレインメーカーで仕留め快勝した。


 棚橋弘至&マイケル・エルガン&KUSHIDA&田口隆祐による“タグチジャパン”は、IWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也&SANADA&BUSHI&高橋ヒロム組に作戦勝ち。田口監督は名采配で好連係へとつなぐと、LIJも田口に対し4人がかりの四方向合体ドロップキックを発射し対抗。だが、田口はBUSHIのアトミックドロップからのBUSHIロールをラ・マヒストラルに切り返して3カウントを奪取。NEVER6人タッグ王座をめぐって因縁のあるLIJに借りを返した。

入院中の本間へ邪道がメッセージ

本間へメッセージを送った邪道は、グリーンキラーでTAKAをし止めた
本間へメッセージを送った邪道は、グリーンキラーでTAKAをし止めた【写真:SHUHEI YOKOTA】

 現在、負傷欠場中の本間朋晃に、対戦相手であった邪道が試合を通じてメッセージを送った。


 本間は3日の沖縄大会で、邪道のグリーンキラーを食らった際、中心性頸髄(けいずい)損傷の重傷を負い、現在も病院で治療中。まだ首から下の麻痺状態が続いている状況ながらも、新日本プロレスのオフィシャルスマホサイト用に日記を更新し、ファン、そして邪道に向けてメッセージを送った。


 会社スタッフによって15日に代筆され、19日午前0時に公開された日記で、本間は「プロレスは壊し合いじゃないんです。お互い鍛えた体同士での中で起きたたまたまのアクシデントなんです」と、技を出した邪道をかばうと、「俺は絶対復帰します! 欠場前より筋肉隆々になって、真っ黒くなって、オイルテカテカで邪道選手の前に立ちます! 待ってて下さい」と力強く復帰を宣言。


 これに対し、邪道もツイッター上で「待ってる。いつまでも、いつまでも。お前の復帰戦には必ず俺が対角線に立っているから」と応えていた。


 この日、邪道は外道との“兄弟”タッグで、TAKAみちのく&エル・デスペラード組と対戦。本間カラーの黄色いリストバンドを装着した邪道は、因縁の技グリーンキラーでTAKAを仕留め、本間にエールを送った。

高木裕美
静岡県沼津市出身。埼玉大学教養学部卒業後、新聞社に勤務し、プロレス&格闘技を担当。退社後、フリーライターとなる。スポーツナビではメジャーからインディー、デスマッチからお笑いまで幅広くプロレス団体を取材し、 年間で約100大会を観戦している 。最も深く影響を受けたのは、 1990年代の全日本プロレスの四天王プロレス。