IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バルセロナがリーガを去る日は近い?
カタルーニャ州の選挙が左右するもの

フランスに招かれる可能性も

再選を目指すアルトゥル・マス現カタルーニャ首相(左)は、独立した場合もバルセロナはリーガに残るべきと主張している
再選を目指すアルトゥル・マス現カタルーニャ首相(左)は、独立した場合もバルセロナはリーガに残るべきと主張している【Getty Images】

 例えば今回の選挙で再選を目指す独立派のアルトゥル・マス現カタルーニャ首相は、カタルーニャがスペインから独立した場合もバルセロナはリーガ・エスパニョーラに残るべきだと繰り返し主張している。


 だがCSDのミゲル・カルデナル会長は彼の主張を「馬鹿げている」と一蹴し、「私はスペインリーグでプレーしない自分を想像することができない。それは自分自身がスペイン人ではないことなど考えられないからだ」と返している。


 このような緊張状態を考慮してか、古くはアンチ・フランキスモ(反フランコ主義)、その後は長年に渡って分離独立主義を支持してきたバルセロナのようなクラブが、近年は明確な意思表示を避けてきたことも不自然だ。おそらくバルセロナは今回の選挙結果を踏まえた上で政治的な立ち位置を示すつもりなのだろう。


 FCFがカタルーニャ内で作る新リーグは、リーガ・エスパニョーラと比べて競技レベルが著しく落ちることが確実だ。そのためバルセロナはフランスのリーグ1などに招かれる可能性もあると見られている。バルセロナが参入した場合、迎え入れるリーグが競技レベルとマーケティングの両面で大きな利益を得られることは間違いないからだ。

バルセロナが抜けた際の損失

バルセロナが抜けた場合、リーガが被る損失は計り知れないものがある
バルセロナが抜けた場合、リーガが被る損失は計り知れないものがある【写真:ロイター/アフロ】

 いずれにせよ、今回のカタルーニャ州議会選挙の結果によって、リーガ・エスパニョーラが抜本的な変化を強いられる可能性があることは確かだ。スペインフットボール界を彩ってきたレアル・マドリーとバルセロナの競争の歴史が終わりを迎えるだけでなく、現在バルセロナに所属している選手たちはハイレベルなプレー環境に身を置くために身の振り方を考える必要に迫られるかもしれない。


 バルセロナが抜けた場合、リーガ・エスパニョーラが経済的にどれだけの損失を被るのか、またバルセロナが他のリーグに移ることでスペインとヨーロッパの勢力図がどう変化するのかも、前もって検証すべきことだ。


 UEFAやFIFAはFCFの加盟をすんなりと受け入れるだろうか? バルセロナはどのリーグに所属するのか? レアル・マドリー対バルセロナのエル・クラシコはヨーロッパのコンペティションか親善試合でしか見られなくなってしまうのか? リオネル・メッシ、ネイマール、ルイス・スアレス、ハビエル・マスチェラーノといった選手たちは他リーグでのプレーを受け入れるのか? すでに契約しているテレビ放映権収入はどうなるのか? バルセロナなき後のリーガ・エスパニョーラで他のクラブは生き延びることができるのか?


 これまで知るすべもなかったこれらの疑問の答えは、日曜の選挙結果が出た後に明らかになっていくはずだ。


(翻訳:工藤拓)

セルヒオ・レビンスキー/Sergio Levinsky
セルヒオ・レビンスキー/Sergio Levinsky

アルゼンチン出身。1982年より記者として活動を始め、89年にブエノス・アイレス大学社会科学学部を卒業。99年には、バルセロナ大学でスポーツ社会学の博士号を取得した。著作に“El Negocio Del Futbol(フットボールビジネス)”、“Maradona - Rebelde Con Causa(マラドーナ、理由ある反抗)”、“El Deporte de Informar(情報伝達としてのスポーツ)”がある。ワールドカップは86年のメキシコ大会を皮切りに、以後すべての大会を取材。現在は、フリーのジャーナリストとして『スポーツナビ』のほか、独誌『キッカー』、アルゼンチン紙『ジョルナーダ』、デンマークのサッカー専門誌『ティップスブラーデット』、スウェーデン紙『アフトンブラーデット』、マドリーDPA(ドイツ通信社)、日本の『ワールドサッカーダイジェスト』などに寄稿

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント