阪神の誤算と、首脳陣の無策 疑問に思う、若手を我慢しない和田采配

山田隆道

主力は我慢しすぎる和田監督

計算通りにいかない戦力をどうまとめるか、和田監督の手腕が試されている 【写真は共同】

 選手の成績を計算して、星勘定をするのは野球ファンの楽しみのひとつだ。だから、そこに誤算が生じると野球ファンにとって落胆や嘆きの対象となるわけだが、プロ野球の監督はその誤算ですらも想定の範囲内として、嘘でも涼しい顔を保ちながら代替案を繰り出すものではないのか。

 鳥谷が連続フルイニング出場を続けているからといって、今季も元気だとは限らない。昨年、それぞれ個人タイトルを獲得した4人の外国人選手(マートン、メッセンジャー、ゴメス、呉昇桓)が今季も活躍するとは限らない。少なくとも監督とは、そういうマイナス想定のもと、二重三重の準備をしておくものだろう。

 たとえば巨人・原辰徳監督は実績豊富な阿部慎之助であろうが村田修一であろうが、打てなくなると容赦なくスタメンを外し、代替選手を起用することも珍しくない。確かに原監督は極端に我慢が足りないような気もするが、和田監督は和田監督で極端に我慢しすぎる。その中間はないのか。それとも本当に代替案を用意していなかったのか。

まさかの勝利が少ないのが寂しい

 開幕前に一部で不安視されていた阪神の選手層の薄さとは、こうした誤算が生じたときの代替案がない、つまり主力を脅かす若手選手が育っていないということだ。

 しかし、これも果たしてどうなのだろう。正直なところ、阪神の場合は、若手選手が育っていないというより、育てようとしていないように見える。なにしろ若手選手に関しては1試合ノーヒットに終わっただけですぐにスタメンを外すなどといった、ここ数年おなじみとなった和田采配が今季もたびたびさく裂しているのだ。そこは我慢しないのか。

 いずれにせよ、今季ここまでの阪神は開幕前の計算が大きく狂ったにもかかわらず、首脳陣は特に策を講じることなく、既存の主力選手それぞれの奮起に勝敗をゆだねるだけのような試合が続いている。だから、新鋭や伏兵の活躍によってまさかの勝利をつかむなどといった、うれしい誤算が極めて少ない。それが勝敗以上に寂しいのである。

2/2ページ

著者プロフィール

山田隆道

作家。1976年大阪生まれ。早稲田大学卒業。「虎がにじんだ夕暮れ」「神童チェリー」などの小説を発表するほか、大の野球ファン(特に阪神)が高じて「阪神タイガース暗黒のダメ虎史」「プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。現在、文学金魚で長編小説「家を看取る日」、日刊ゲンダイで野球コラム「対岸のヤジ」、東京スポーツ新聞で「悪魔の添削」を連載中。京都造形芸術大学文芸表現学科、東京Kip学伸(現代文・小論文クラス)で教鞭も執っている。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント