sportsnavi

メジャーの注目を浴びた柳田悠岐
和製ボンズが世界を驚かせる日は間近…
走攻守、いずれもハイレベルの成績を収めた今季の柳田。日米野球の活躍でメジャーからの注目度も上昇中だ
走攻守、いずれもハイレベルの成績を収めた今季の柳田。日米野球の活躍でメジャーからの注目度も上昇中だ【写真=早浪章弘】

 底知れぬ身体能力を生かしたダイナミックなプレー。今季、最も成長を果たした男の一人と言える福岡ソフトバンク・柳田悠岐は、メジャーリーガー相手にも、その力を存分に発揮した。見事に日米野球MVPも獲得。走攻守に魅力あふれる背番号44とは――。

困惑と照れくささが見えた日米野球のMVP

 笑顔の奥に曇った心を見てとれた。日米野球MVPは、日本選手24年ぶりの栄誉だ。しかし、柳田はただただ戸惑うばかりだった。


「僕じゃないと思っていたので申し訳ない。恥ずかしい」


 表彰式が終わると、賞品の車に乗り込んでクラクションを鳴らしてみせた。「プップー」。球場には似合わないかん高い音が響くと侍ジャパンの仲間たちは大爆笑だ。いかにも天真らんまんな柳田らしいパフォーマンス。だが、それは困惑と照れくささをごまかすためだった。


 短期決戦のMVPは数字より印象である。柳田の受賞は文句なしだ。全5試合(公式戦)に先発出場し、初戦からの安打数は0、3、0、3、0と安定感を欠いた。だが、第2戦は2長打を含む3本がすべてタイムリーで4打点の大活躍。第4戦ではソフトバンクでも経験のない2番に起用されたが、3方向に打ち分けた。

メジャーに与えた絶大なインパクト

日米野球のMVPに選ばれた柳田。賞品の自動車に乗り込み笑顔を振りまいた
日米野球のMVPに選ばれた柳田。賞品の自動車に乗り込み笑顔を振りまいた【写真=高原由佳】

 その爆発力と技術の高さはメジャーリーガーたちにも絶大なインパクトを与えた。MLB通算238本塁打を放ち、今季ナ・リーグの首位打者にも輝いたジャスティン・モーノー(ロッキーズ)は「米国に連れて帰りたい」と称賛。親善試合などを含めると3本塁打を放ったエバン・ロンゴリア(レイズ)は沖縄で行われた会見で「この日米野球で坂本(勇人=巨人)が一番好きになった選手」と語っていたが、あるテレビ局関係者は「会見に同席していたからリップサービスもあったのでは。つい前日には柳田の名前を挙げていたからね」と教えてくれた。


 岩隈久志(マリナーズ)も「日本にいたときには対戦がなかったが、あの思いっ切りの良さとスイングスピードは素晴らしい」と感心するばかりだった。

週刊ベースボールONLINE

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント