sportsnavi

真央が休養宣言「体も心も疲れていた」
「THE ICE」記者会見、一問一答
アイスショー「THE ICE」の開催記者会見で、1年間の休養を発表した浅田真央
アイスショー「THE ICE」の開催記者会見で、1年間の休養を発表した浅田真央【スポーツナビ】

 フィギュアスケートの浅田真央(中京大)が19日、都内で行われた自身が座長を務める7月のアイスショー「THE ICE」の開催記者会見で、2014−15年シーズンの1年間を休養に当てる意向を発表した。


 同日朝、浅田が去就を表明すると報道されたこともあり、会場にはあふれんばかりの数の報道陣が集結。騒然とした雰囲気の中、浅田は「今までいろいろ考えてはきたんですけど、やはり今年は自分の体も気持ちも少しお休みをするという形で決めました」と晴れやかな表情で決断を述べた。


 7月1日から始まる新シーズンはすべての競技会の出場を見送る。その後の復帰については「まだハーフハーフ」と悩める胸の内を吐露。引退するかどうかは、休養期間中にゆっくり決めるつもりだ。


 以下、休養を発表した浅田の一問一答。

この1年間を「ゆっくり考える年にしたい」

――これからの活動について、これまで「ハーフハーフ」と答えていたが、その気持ちに変化はあるか?


 今までいろいろ考えてはきたんですけど、やはり今年は自分の体も気持ちも少しお休みをするという形で決めました。


――休養を決めた理由は?


 バンクーバー(五輪)からずっと、自分の気持ちもソチまで頑張るという気持ちでやってきました。今は全てをやり切った気持ちで、「これから頑張れるのかな」と。まずは1年間、今後何を目指していくか、どのようにしていきたいかをゆっくり考える年にしたいと思います。


――1年間というのは具体的にどの大会までを指すのか?


 少し体も心も休めるので、試合に復帰するのであれば、もう今から始めていかないと間に合わないと思います。とにかく今シーズンは、今の自分が考えているところでは、全ての試合をお休みするという形にしたいなと思います。


――今後の復帰の可能性は?


 私自身も、本当に先のことは分からなくて、その時の流れに任せればいいのかなというのが今の気持ちです。今シーズンについてはお休みという形ですが、(休養後の)次のシーズンについては、まだハーフハーフなんじゃないかなと思います(笑)。

「自分のやるべきことを精一杯やりたい」

――厳しい選手生活を続けてきたが、今、したいことは何か?


 今は「あぁ、終わったんだな」って。ソチ五輪のシーズンが終わったんだなという気持ちがすごく大きすぎて、特に何がしたいというのはないんですね。今、目の前にある、自分のやるべきことを精一杯やっていけたらいいなと思います。


――これまで、いろんなところで進退について聞かれたと思うが、結論を発表した今の気持ちは?


 自分がスケート生活を始めて以来、試合に出ないシーズンはなかったので、自分が休むと言ったことに関してはあまり変わりはないです。ただ、これからスケートの試合をしない日々が続くのは、すごく新鮮な気持ちでいます。


――不安はないですか?


 はい。(楽しみな気持ちが大きい?)分からないですね。やはり試合をしないとなると、(そういう生活は)したことがないので。でも、いろいろと自分のやるべきことはあると思うので、それを毎日精一杯やりたいなと思っています。


――頭の片隅には、次の五輪で滑ってるイメージが少しでもあるか?


 ないですね。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント