プロ注目二刀流 明治・岡大海が目指す道
東京六大学 秋季L開幕直前インタビュー
  • CSPark

先輩・星野仙一さんのような道を歩みたい

「高校・大学の先輩、星野仙一監督のような道を」と岡
「高校・大学の先輩、星野仙一監督のような道を」と岡【CSPark】

――話は変わりますが、明治に来た理由というのは。


「プロの方には野手として評価されている面があったのですけど、まずは投手としてやっていきたいという思いがあって。高校からの先輩である星野(仙一)さんも明治大で活躍してプロに行かれていたので、自分もそういう道を歩みたいと思ったのが理由です」


――明治に来てみて、入学前に感じていたものとのギャップはありますか?


「高校野球はどちらかというと全て指示されて、一つ一つのプレーが見られているという感じです。ただ大学になると自分でやらなければいけないというのはすごく感じましたし、六大学になるとレベルがすごく高いので、まだまだ自分のレベルを高めていかなければいけないと感じましたね」


――大学野球で今まで戦ってきて、印象的だと感じた選手はいますか?


「他大学だと、昔はピッチャーだったというのがあって九州共立大学の大瀬良大地ですね。同学年ですし、負けたくないという気持ちはありました。今では富士大の山川穂高、六大学だと法政大学の河合完治はいいバッターなので、強く意識はしています」


――ついこの間、日米大学野球に出場しましたが、そこで感じた部分や得たものはありましたか?


「体格で言うと、やっぱり日本人よりも一回り大きいなと。そこはすごく思いました。やっている野球に関しては、投手に関しては速いボールを投げつつ、少し動かしてくる。きれいな真っ直ぐではなく、すこし動いてくるボールを投げてきました。日本だとフォーシームできれいに真っ直ぐ来るんですけど、アメリカだとツーシームでナチュラルに落ちたり曲がったりするのを投げてきます。日本ではそういうのを投げる投手はいないので、そういう面で勉強にもなりましたし、新しく経験が出来たと思っています」


――バッターはどうでしたか。


「やっぱり、パワーが違うので。少しでも甘いところに行くと打たれてしまいますし、その中でもバントとか走塁面でも大雑把でなくきちんとやってくるんですよね」


――逆に、日本が勝っていると感じた面はありますか?


「派手なプレーはできないんですけど、確実にアウトをきちんと取るというところでは日本が上だと思いましたね」

まずは日本一、チームの勝利が大前提

――さて、今週末にラストシーズンが始まりますが、どういったものにしたいですか?


「最後なので、もちろん優勝はしたいです。まずはチームが優勝して日本一になることが最大の目標で、その上で自分の成績が付いて来ればいいなとは思っています。やっぱり、チームが勝たないと自分も評価されないですし、チームの勝利が大前提ですね」


――ドラフトも近づいています。どういった心境でしょうか。


「ドラフトは確かにあるんですけど、それよりもまずはチームが優勝することというのが自分の中では一番にあるので、さっきも言いましたけど、チームが上がれば自分の評価も上がると思います。なのでそこを考えて一つ一つの試合に臨んでいきたいです」


――キャリアプランはどのように考えていますか?


「まずはプロで活躍しないと意味がないと思っているので、今はそれだけを考えてやっています」


――最後に、大学最後のリーグ戦への意気込みを聞かせてください。


「やっぱり、チームがリーグ優勝して日本一になるために自分がどうすれば力になれるのかを考えてやっていきたいですし、ここまで来ることが出来たのも一緒にプレーする仲間や監督・コーチ、家族の人の支えがあってのこと。なのでその人達に、言葉だけでなく優勝という形で恩返しできたらなと思っています」


<了>

大学スポーツ総合サイトCSPark

【CSPark】

競技・大学問わず大学スポーツに関するあらゆる情報発信を行う大学スポーツ唯一の専門メディア。オリンピック代表や日本代表、年代別代表など次世代を担うアスリートが多く在籍する大学スポーツの魅力を、ニュースやコラム、動画、ブログを通じて、お届けしております。

http://cs-park.jp/

CSPark
CSPark

競技・大学問わず大学スポーツに関するあらゆる情報発信を行う大学スポーツ唯一の専門メディア。オリンピック代表や日本代表、年代別代表など次世代を担うアスリートが多く在籍する大学スポーツの魅力を、ニュースやコラム、動画、ブログを通じて、お届けしております。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント