IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベント監督という賭けに勝ったポルトガル

W杯後の混乱、ケイロスの更迭

10月の2試合で連勝し、ポルトガルはグループH2位にまで浮上した
10月の2試合で連勝し、ポルトガルはグループH2位にまで浮上した【写真:AP/アフロ】

 南アフリカで開催されたワールドカップ(W杯)でスペイン代表に敗れた後、ポルトガル代表は混乱続きであった。いったんは続投が決まったカルロス・ケイロス監督が、W杯前の代表合宿中にドーピング検査団の団長医師に不適切な暴言を吐いていたことが発覚.

サッカー協会から1カ月の指揮停止処分を受け、9月の予選2試合(対キプロスとノルウェー戦)でベンチ入りできないことになった。暑かった8月のポルトガル、メディアはその話題で持ちきりだった。


 9月に入ってもなお、ポルトガルは代表監督とサッカー協会が対立したまま。ユーロ(欧州選手権)2012の予選が順調にスタートを切れると予想する者は少なかった。それにしても、クリスティアーノ・ロナウドがけがで欠場したとはいえ、ホームでキプロスに4−4で引き分け、そしてアウエーでノルウェーに0−1で敗れ、勝ち点「1」しか取れなかったのは、大誤算。あまりにふがいない姿に、過去10年間にわたって熱く代表チームをサポートしてきた国民の心が離れていくように思えたのである。


 9月9日にケイロス前監督の更迭が決定。後任として白羽の矢が立てられたのは、何とレアル・マドリーで指揮を執るジョゼ・モリーニョだった。確かに3年前の夏、モリーニョはポルトガル代表に危機が訪れたら監督を引き受けてもよいと発言していた。ポルトガルサッカー協会のジルベルト・マダイール会長はその言葉をきっと覚えていたのだろう。マドリーまで足を運び、モリーニョに直談判、そして本人の受諾を得たのだった。この話はレアル・マドリー側の承認を得ることができず、結局はお流れとなったが、ポルトガル代表がいかに危機的状況にあるのかをよく表わしていた。

不安材料ばかりの船出

 モリーニョの名前が消えてすぐに話題になったのが、W杯終了後からケイロスの後任候補として名前が挙がっていた、元スポルティング・リスボン監督のパウロ・ベント。本人も代表監督就任にはもともと前向きだったようで、マダイール会長との交渉を終え、すぐに新指揮官の発表となった。モリーニョがダメだったからやむなくベントになった、というイメージが出来上がってしまった点が気になったのだが、最初の記者会見でベント新監督が「世界有数の名監督の直後に自分が選ばれたのは名誉なこと」と発言し、ネガティブなイメージを払拭(ふっしょく)してしまったのは見事であった。


 そうは言っても、10月の予選2試合を目の前にして就任したパウロ・ベント監督が、とてつもなく大きなプレッシャーと不利な状況のもとに置かれていたことは否定できない。9月の予選2試合で挙げた勝ち点は、わずかに「1」のみ。逆に言えば、早くも「勝ち点5」を失ってしまったのだ。また、8日のデンマーク戦と12日のアイスランド戦の前には、わずか3日間で4回の練習しかできなかった。しかも、デンマークには2年前W杯予選で2−3で敗れたという嫌な記憶がある。


 不吉なデータはほかにもある。過去25年間を振り返ると、デビュー戦を勝利で飾ったポルトガル代表監督はアントニオ・オリベイラ1人だけなのだ。さらに最も不吉なデータを指摘すれば、予選最初の2試合で勝利がないとき、ポルトガルはこれまでW杯にもユーロにも出場したことがないのである。ベント監督からあらためて主将に任命されたC・ロナウドは、「同じゲームもなければ、同じ予選もない」と強がってみせたものの、デンマーク戦を前に、ポルトガルは不安材料ばかりであった。

短期間の練習で2連勝と結果を出したベント監督

 だが、41歳と若いベント監督には大きな強みがあった。例えば、C・ロナウドとはスポルティング・リスボン時代に一緒にプレーしたことがあるし、ケイロス前監督の時代は不遇をかこったジョアン・モティーニョとは、やはりスポルティングで昨年秋まで監督と選手という関係にあった。選手と冗談を言い合える関係を生かし、ベント監督はチームに明るさと信頼関係を植えつけることに短期間で成功。代表の雰囲気が改善されたことは、練習風景を見ているだけでも分かった。


 さらに、そこにジョゼ・モリーニョ監督からの援護射撃も加わった。「もしパウロ・ベントがわれわれの監督ならば、彼が代表にとって最高の監督なのだ」。絶対に負けられないなどという消極的な言葉ではなく、絶対に2連勝して勝ち点「6」を上乗せしなければならない状況で、マドリーから送られたメッセージは選手、監督だけでなく、マダイール会長、いやポルトガル国民に大きな力を与えたと言ってよいだろう。監督問題で揺れ続けたポルトガル代表に対する、モリーニョからの最高のメッセージだった。


 予選2試合の結果は、どちらも3−1でポルトガルの勝利だった。しかも、2試合ともベント監督はまったく同じ11人を先発で起用した。9月のノルウェー戦と比べ、入れ替わったのは6人。C・ロナウドの復帰はもちろん心強かったが、目を引いたのはスポルティングで好調な右サイドバックのジョアン・ペレイラを代表デビューさせたこと、さらにMFにベンフィカで活躍するカルロス・マルティンスを起用したことである。

 特にマルティンスとはかつてスポルティング時代に衝突したことがあるのだが、その彼を信頼したところに、ベント監督の並々ならぬ勝利への意志を感じた。モリーニョは上記のメッセージの中で、「使えるポルトガル人選手の特性に合わせた一貫性のあるチーム作りを期待する」とも述べていたが、ベント監督は過去を問わず、いま使える選手の能力を生かすチームを短期間で作って見せた。なかなかの手腕だと言えよう。

市之瀬敦

1961年、埼玉県生まれ。上智大学外国語学部ポルトガル語学科教授。『ダイヤモンド・サッカー』によって洗礼を受けた後、留学先で出会った、美しいけれど、どこか悲しいポルトガル・サッカーの虜となる。好きなチームはベンフィカ・リスボン、リバプール、浦和レッズなど。なぜか赤いユニホームを着るクラブが多い。サッカー関連の代表著書に『ポルトガル・サッカー物語』(社会評論社)。『砂糖をまぶしたパス ポルトガル語のフットボール』。『ポルトガル語のしくみ』(同)。近著に『ポルトガル 革命のコントラスト カーネーションとサラザール』(ぎょうせい)

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント