sportsnavi

レスター・シティが街にかけた魔法
すべてを変えた「奇跡の物語」最終章

街のシンボルとなったレスター・シティ

レスター対ウエストハム戦のキングパワースタジアム。3万2104人の来場者を記録し、この日も超満員となった。なお、今シーズンのホームゲームはすべて完売
レスター対ウエストハム戦のキングパワースタジアム。3万2104人の来場者を記録し、この日も超満員となった。なお、今シーズンのホームゲームはすべて完売【田嶋コウスケ】

 英国中部に位置する街、レスターが沸いている。


 火付け役は、プレミアリーグで首位を快走しているレスター・シティ。今季の開幕前に「降格本命」と陰口をたたかれていたスモールクラブが、マンチェスター・シティやトッテナム・ホットスパー、チェルシーらの強豪クラブを次々と撃破。17日に行われたウエストハム・ユナイテッド戦(2−2)でも、試合終了間際に同点に追いつく粘り強さを見せ、優勝が目前に迫っている。「資金を持てる者が制す」と言われて久しいプレミアで、選手の年俸総額がリーグ17位の彼らが頂点に立つのは、まさしく「奇跡の物語」──。そんなおとぎ話のようなストーリーに、人口・約30万人の中都市レスターが熱狂しているのだ。


 レスター大学とデ・モントフォート大学という2つの大学があるレスターは、学問の街として知られる(※ちなみに、レスター大学にはFIFA運営の大学院コースが設置。10カ月の間に英国・イタリア・スイスにある3つの大学を回るが、英国ではレスター大学で学ぶ)。さらに、インドやパキスタンといった南インド系の移民が多く、国際色豊かなコミュニティーも併せ持つ。しかし、胸を張って「観光名所」と呼べる場所は少なく、わざわざ足を運ぶツーリストは皆無に等しかった。英紙『デーリー・テレグラフ』のインタビューに答えたデ・モントフォート大学の学生の言葉が、住民の思いを代弁している。


「これまでレスター出身者は、自分たちの故郷に誇りを持てずにいた。だが、今は違う。レスター・シティが、この街のシンボルになった。僕らに誇りをもたらしてくれたんだ。レスター出身であることを、これ以上、誇りに思うことはない」

躍進がもたらした劇的変化

地元紙『レスター・マーキュリー』の見出しは「タイトル・ドリーム」。栄冠に近づいてきた
地元紙『レスター・マーキュリー』の見出しは「タイトル・ドリーム」。栄冠に近づいてきた【田嶋コウスケ】

 そんなレスターでも、名門と呼べるクラブがある。ラグビーのレスター・タイガースだ。2008−09シーズン、09−10シーズンで連覇し、12−13シーズンにも栄冠をつかんでいる強豪だが、地元紙『レスター・マーキュリー』でサッカー番を務めるロブ・ターナー記者によれば、「タイガースは実力抜群だけれど、英国の国民的スポーツは、やはりフットボール。だから、街ではシティの方が人気だ」という。ところが、シティの成績が奮わなかった。04年から2部リーグに在籍し、08−09シーズンには3部降格──。1年で2部リーグに復帰を果たしたものの、プレミアに昇格できたのは2年前の14−15シーズンだった。「2部時代の3年前、練習場と会見にいつも足を運んでいたのは、私を含めて2人しかいなかった……」(ターナー記者)。レスターにとって、極寒の時代が続いたのだ。


 ところが、今や世界中から注目を浴びる存在になった。15日に行われたクラウディオ・ラニエリ監督の定例会見には、テレビやラジオ、新聞社など総勢60名を超えるジャーナリストが集結し、指揮官の言葉に耳を傾けた。ターナー記者は言う。


「いろいろ劇的に変わりすぎて目が回るよ。私のもとには取材が殺到し、イタリアやドイツ、スイス、北欧といったヨーロッパ各国だけでなく、米国やオーストラリア、ニュージーランドからも依頼が舞い込むようになった。もちろん、今までそんなことはなかった」

田嶋コウスケ
1976年生まれ。埼玉県さいたま市出身。2001年より英国ロンドン在住。サッカー誌を中心に執筆と翻訳に精を出す。遅ればせながら、インスタグラムを開始