セレッソ大阪【J1リーグ第1節 C大阪vs.FC東京】いよいよ2024シーズンが開幕。今季の目標へ力強い1歩を刻むべく、勝点3を目指す

セレッソ大阪
チーム・協会

【CEREZO OSAKA】

いよいよ2024シーズンが開幕する。今年はセレッソ大阪にとってクラブ創設30周年、節目の年。新体制発表記者会では、森島 寛晃代表取締役社長も今季の目標について、「リーグ優勝」と明言。2017年にルヴァンカップと天皇杯の二冠は獲得したが、残された唯一のタイトル、J1リーグ制覇を達成すべく、チーム一丸で向かっていく。

1月14日にヨドコウ桜スタジアムで始動してから6週間。チームはタイ、宮崎でキャンプを行い、準備を重ねてきた。就任4年目となる小菊昭雄監督の下、タイでは厳しいトレーニングで体を鍛え上げ、宮崎ではより実戦に近い形で戦術をブラッシュアップ。1年間を戦うベースを固めてきた。今季、タイトルを目指す上で克服したい課題の一つが得点力。昨季はリーグのラスト8試合で1得点と極度の得点力不足に陥っただけに、攻撃はキャンプの中でも大きな比重を傾けて準備してきた。昨季のチーム得点王、レオ セアラを軸に、両ウィングの突破力、中盤からの飛び出しも含め、チーム全体で厚みのある攻撃を仕掛けていきたい。ボールを失った後の切り替えもキャンプから高い意識で行っており、2次、3次攻撃につなげる高強度の守備も大切になる。選手個々で見れば、ヴィトール ブエノ、ルーカス フェルナンデスと、新たに加わった攻撃に特長のあるブラジル籍選手たちの存在も心強い。

【CEREZO OSAKA】

前者は中央からの強烈なミドルシュートやラストパスを武器にしており、後者はサイドから個で突破できるドリブルに魅力がある。また、中盤からの配球、守備範囲の広さといった点で、北海道コンサドーレ札幌から加入した田中駿汰の存在も重要だ。1年目から、チームの中心として貢献する姿に期待が懸かる。宮崎キャンプでの最終日に進藤亮佑の負傷というアクシデントがあった最終ラインは、今季も鳥海晃司が軸。CBでコンビを組む選手との連係も含め、DFライン全体を押し上げ、コンパクトな攻守を体現したい。

開幕戦の相手は、昨シーズンのJ1では11位で終わったFC東京。巻き返しを図るべく、今シーズンは小柏剛、遠藤渓太、荒木遼太郎と攻撃陣を中心に補強。ディエゴ オリヴェイラ、仲川輝人、松木玖生ら既存戦力も含めたタレントの質はJ1でも屈指であり、2年目のピーター クラモフスキー監督が目指す攻守にアグレッシブな、ベクトルを常に前に向ける攻撃サッカーを実現し得るメンバーは揃ったと言える。セレッソとしては、相手のボール保持に対してどうプレスをかけるのか、反対に彼らのプレスをどうかいくぐってボールを前に運ぶのか、さらには攻撃時の守備でのリスク管理も含め、様々な要素が求められる一戦となる。セットプレーもFC東京の強み。昨季途中までセレッソでもプレーしていた原川力のキックには警戒が必要だ。

【CEREZO OSAKA】

J1に復帰した2017年以降、開幕戦は3勝4分で負けなしと、近年は勝点をつかむことに成功している。それでも、「最悪、勝点1でもいい、という考えはない」と田中もキッパリ語るように、チームは勝点3だけを目指す。ホームで迎える開幕戦。「勝って、いいスタートを切る。それしか考えていない」とは香川真司。昨季は開幕3試合を1分2敗と躓いてしまっただけに、今季こそスタートダッシュに成功したい。「明日はたくさんのセレッソファミリーの方々が期待を胸に応援して下さると思いますので、今年の私たちが目指すサッカー、スタイルを存分に発揮したい」と小菊監督。聖地・ヨドコウ桜スタジアムにて、今シーズンを力強く歩んでいくための大きな1勝を目指す。
(文=小田尚史)
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Jリーグ所属のセレッソ大阪の公式アカウントです。 クラブの最新ニュースやイベント、チケット、オフィシャルグッズなど様々な情報をお届けします。

新着記事

編集部ピックアップ

世界1位シェフラーがマスターズ2勝目 松…

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント