コパ・デル・レイ決勝進出に向けた勝負は第2戦へ…久保建英擁するレアル・ソシエダとドロー【RCDマジョルカ】

マジョルカ
チーム・協会

【@RCDMallorca】

RCDマジョルカは6日に行われたコパ・デル・レイ準決勝ファーストレグの試合でレアル・ソシエダと対戦し、0-0の引き分けに終わった。

コパで快進撃を見せ、15年ぶりの準決勝にまで駒を進めてきたマジョルカ。次は優勝した2002/03シーズン以来となる決勝進出を目指し、本拠地ソン・モイシュにレアル・ソシエダを迎えた。

前半はマジョルカが優位に立ち、相手ゴールに迫る場面も作り出す。ダニ・ロドリゲスからのクロスにエリア中央のアブドン・プラッツがハーフボレーで合わせた場面は最大のチャンスだったが、ボールは惜しくもゴール右へ逸れていった。

【@RCDMallorca】

後半立ち上がりにもアブドンがゴール正面から放った低いシュートがわずかに左ポストの外へ。その後はレアル・ソシエダに攻勢を許したが、久保建英のクロスに飛び込んだウマール・サディクが至近距離からのシュートをクロスバーの上に浮かすなど助けられた。

結局第1戦は両チーム無得点での折り返し。決勝進出を懸けた大一番は、3週間後の2月27日にレアル・ソシエダの本拠地アノエタで行われる。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

RCDマジョルカはスペイン・バレアレス諸島州パルマ・デ・マヨルカに本拠地を置くサッカークラブで、1916年に設立されました。バレアレス諸島に本拠地を置くサッカークラブの中ではもっとも歴史が古いクラブとして知られています。19/20シーズン、そして21/22シーズンには日本代表の久保建英選手がプレーしています。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント