唐津は9日優勝戦 ファイナルただ1人B2級の荒牧凪沙がチャンスうかがう!

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE 荒牧凪沙】

ボートレース唐津はあす9日が最終日。モーニング開催の12Rが優勝戦だ。
優勝候補筆頭はシリーズ6勝を挙げている地元佐賀支部の上野真之介。これに、同じく地元の山田康二が続く状況だ。この両者を含め、ファイナルにはA1レーサーが4人。三重支部の中嶋健一郎がA2である。

【(C)BOATRACE】

そんな中に1人B2レーサーがいる。荒牧凪沙(福岡支部25歳)【写真2枚】である。
デビューは2018年5月の若松。いま6年目の25歳はこれが2回目の優出。それも2021年9月以来と2年3カ月も間隔が空いている。緊張感は高いだろう。

【(C)BOATRACE 荒牧凪沙】

それでも、近況成績が伸びており一発逆転の魅力は捨て置けない。

2024年前期適用勝率はキャリアハイの4.46。当該期間中の1着率は14.5%で、2着率(10.1%)や3着率(11.6%)よりも高いのだ。

「差しハンドル」を持ち味とする荒牧凪沙にとって、センター勢の攻め方がポイント。迷いなく差し込めれば連絡みは十二分にある。

唐津優勝戦は9日の14時17分締め切り予定だ。注目したい。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント