【BOATRACE】「エンジン出しは諦め、ターンとスタートで勝負」と方針転換の峰竜太 芦屋G1全日本王座決定戦

BOATRACE
チーム・協会

【(C)BOATRACE】

 ボートレース芦屋(福岡県芦屋町)の「G1読売新聞社杯 全日本王座決定戦 開設71周年記念」は7日、2日目を開催した。

 初日は6号艇の活躍が目立ったが、2日目は前半が5~6メートルの追い風だったこともあり、2号艇が5勝、2着3本と8回の舟券絡み。インは抜きを含む6勝のみだったが、3連単の万舟券は2Rと10Rの2本だけ。インはそこまで強くなかったものの、本命サイドでの決着が比較的多めだった。

 2日目12R「アシ夢ドリーム」も順当決着。初日の4着2本からの巻き返しを誓った峰竜太(佐賀支部38歳)【冒頭の写真】がイン逃げで圧勝。桐生順平は3コースからのまくり差しは不発だったが、外マイに切り替えて2着。寺田祥も4コースから差してすんなり3着を確保し、3連単の1-3-4は780円の2番人気。2日目唯一の3けた配当だった。

 「インならいけると思っていた」と峰竜太は勝利者インタビューでも余裕のコメントを残したが「42%のモーターだけど、そんな感じはない。今節はエンジン出しは諦めて、ターンとスタートで勝負します」ときっぱり。数字はあるが前回から下降しているモーターということもあり、珍しく早々と本体整備には見切りをつけた様子。そうなるとパワー面では優位に立てない峰が、どんな成績を残すのかに興味が集まりそう。3日目は5R6枠と10R2枠だ。

【(C)BOATRACE】

 予選組では地元の高倉和士(福岡支部32歳)【写真上】が2コース差しとインからの抜きで連勝ゴールを飾った。前半は起こしの瞬間が良くなかったので、後半はプロペラをたたき変えたそうだ。「起こしはだいぶ良くなったが、舟の向きが悪くなったので、またやり直し。あまり良くないモーターだし、足は全体的に普通」と、連勝という結果からは考えられない厳しい表情。そんな手応えでも連勝したということは、それだけ上の舞台でも通用するほど成長したということだろう。

【(C)BOATRACE】

 初日のドリーム戦で5着と敗れていた菊地孝平(静岡支部45歳)【写真上】が2、1着と巻き返し「ピット離れを良くしようと調整したら、足も感じ良かった。最近の中では一番いい逃げができた」と流れは上向き。

 初日ドリーム戦でワンツーを決めた茅原悠紀と瓜生正義はともに2着2本と走ってオール2連対をキープ。初日2、1着だった山口達也はさらにまくり1勝を追加して、やはりオール2連対。得点率は山口達也と茅原悠紀が並んでトップに立っている。

 なお、山田哲也は2日目の1、7Rを欠場して病気のため帰郷。濱野谷憲吾と岡崎恭裕の2人は負傷のため帰郷となっている。

上記のレース配信はBOATRACE公式映像配信サービス「BOATCAST」で配信中。
全レースの映像をいつでもどこでも視聴することができる。
その他レーサー関連のコンテンツや、毎日のNEWS配信など豊富なラインナップを楽しむことも可能だ。
BOATCASTは【↓に記載の関連リンク】からアクセスできる。BOATCASTでレースをさらに楽しもう。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

BOATRACEオフィシャルウェブは、ボートレースに関する数多くのお役立ち情報を提供しているポータルサイトです。 レースの開催日程をはじめ、速報性のあるNEWS情報、初心者にも分かりやすいボートレースの楽しみ方、 過去の記録をまとめたデータ集など初心者~既にファンの皆様までどなたにも活用していただけるウェブサイトとなっております。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント