【JMCシリーズ 福岡国際マラソン】 日本人1位 細谷恭平コメント:悔しさを胸に、パリ五輪内定を目指した思いを語る

日本陸上競技連盟
チーム・協会

【アフロスポーツ】

2023年12月3日(土)福岡市の平和台陸上競技場を発着する福岡国際マラソンコースにて「ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズ」 GS「福岡国際マラソン2023」が開催されました。
全体4位でフィニッシュ、日本人1位に輝いた 細谷恭平(黒崎播磨)のコメントをお届けいたします。

【細谷恭平(黒崎播磨)コメント】

2時間7分23秒 4位(日本人1位)
素直に喜べない結果ではあります。最低限、最後は勝ち切りたかったですし、目標タイムにも届きませんでした。ただ、終盤に引っ張った展開で、なんとかまとめることが出来たことは、自分のなかで良かったと思っています。
30kmより前にペースメーカーが(1kmラップタイムで)3分をオーバーしていて、ペースメーカーが抜けてからは、先頭がけん制し合っているのが分かりました。海外選手が順位を狙っているなか、僕だけはタイムを出さないといけなかったので、さすがにこのままでは(2時間5分50秒を)狙うのは難しいと思い、割り切って前に出ました。例年通り、後半は風があったので、どの選手も心理的に出たくなかったと思います。

本当はそのまま逃げ切るのがセオリーかと思うのですが、ダラダラと集団を引っ張ってしまい、ペースを上げられたところで力が残っていなくて、対応できませんでした。40km過ぎに4人に絞られて、引いてしまったところが課題であり、改善点だと思います。

【アフロスポーツ】

MGCがあったから、というのは言い訳にしかならず、このスパンで出来ることを最大限やって臨みました。
どのようなレース展開になっても、日本代表を狙うのであれば、勝ち切ることが大事だと思いますし、最後に差し切れなかったところが今後の課題だと思います。MGCでは転倒してしまいましたが、もしあのまま走っていたら、やはり最後は勝ち切らなければいけないレースだったと思います。

まだ(五輪代表は)諦めていないですし、今日のレースは確実に、次のMGCファイナルチャレンジに繋がるものになったと思います。満足いく結果ではないですが、今の状態ではいい走りが出来たんじゃないかと思います。次に活きるレースになりました。
今後のプランについては、監督とゆっくり話して決めます。基本的にはやることは変わらず、いつも通りの練習を確実にやっていきたいと思います。

▼JMC応援キャンペーン▼

【JAAF】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

陸上競技界の様々な情報を、より早く、より深く、より沢山お届けいたします。 日本代表やトップアスリートたちの素顔、大会の裏側、データで見るコラムなど、ここでしか読むことができないコンテンツをお楽しみください。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント