RWC2023準優勝のニュージーランドから強豪2チームが来日!THE CROSS-BORDER RUGBY 2024 日本開催が決定!

【©ジャパンラグビーリーグワン】

一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン(以下、リーグワン)は、2024年2月に日本で、ジャパンラグビー リーグワンに参加する4チームと、南半球ラグビー最高峰のリーグである「スーパーラグビー・パシフィック」に参加するニュージーランドの2チームが対戦する、「THE CROSS-BORDER RUGBY 2024」の開催が決定したことを発表しました。リーグワンが主催・主管して行う国際試合は初開催となります。

NTTリーグワン2022-23王者 クボタスピアーズ船橋・東京ベイほか 全4チームが参戦!

リーグワンからは、NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23王者のクボタスピアーズ船橋・東京ベイと、同2位の埼玉パナソニックワイルドナイツ、同3位の横浜キヤノンイーグルス、同4位の東京サントリーサンゴリアスが参戦!ニュージーランドからは、スーパーラグビー・パシフィック2023 レギュラーシーズン1位(プレーオフトーナメント準優勝)のギャラガー・チーフス(Gallagher Chiefs)と、同3位(プレーオフトーナメント準決勝敗退)のブルーズ(Blues)が来日します。
リーグワンでプレーする日本代表や世界の名だたる選手たちが世界の強豪とどう戦うのか、世界中のラグビーファンから注目が集まっています!

対戦カードは下記の通り。

第1戦 2024年2月3日(土) 東京サントリーサンゴリアス   vs ブルーズ 秩父宮ラグビー場 ※
第2戦 2024年2月4日(日) 埼玉パナソニックワイルドナイツ vs ギャラガー・チーフス 熊谷ラグビー場
第3戦 2024年2月10日(土) クボタスピアーズ船橋・東京ベイ vs ギャラガー・チーフス 秩父宮ラグビー場
第4戦 2024年2月10日(土) 横浜キヤノンイーグルス     vs ブルーズ ニッパツ三ツ沢球技場
   
※第1戦は第10回全国女子ラグビーフットボール選手権大会 決勝と併催予定

チーフスについて

【提供:ギャラガー・チーフス】

パワフルなFWと、野生味溢れるBKが融合するダイナミズムが魅力の昨季ファイナリスト。ニュージーランド代表でもチームを率いたバックロー、サム・ケインは日本移籍が決まったが、層の厚さを誇るチームは活力にあふれている。SOにはマッケンジー、CTBレイナートブラウン、CTBトゥパエアら黒衣軍の猛者たち。2023年夏に代表初キャップ、初トライをもぎ取った190㌢のFBスティーブンソンはいま最も波に乗る選手。そして、連携確かな彼らにリズムをもたらすのが激戦区のSHたちだ。昨季共同主将のウェーバーが抜けた穴を埋めたタフリオランギ、二十歳の弾丸男・ラティマらが鎬をけずる。王者クルセイダーズには、昨季リーグで2戦2勝。

ブルーズについて

【提供:ブルーズ】

スコットランドやフィジーの代表HCを務めたバーン・コッター新HC のもと、好成績が期待される。FWはPRトゥウンガファシやLOトゥイプロトゥら経験豊富なメンバーに加え、6番アキラ・イオアネ、7番パパリィイ、8番ソトゥトゥのバックローはリーグ屈指の強さを誇る。BKは昨季リーグトップのクリーンブレイク数(126回)、ゲインメーター(8565㍍)が証明するように、スピードあるアタックが持ち味。SHフィンレー・クリスティーの速い球出しからCTBリーコ・イオアネ、WTBマーク・テレアらが縦横無尽に走る。

「日本ラグビー界の記念すべき第1歩」「ファンにとっても選手にとっても、本当にエキサイティング」

【提供:ギャラガー・チーフス】

今回の国際試合に参戦するクボタスピアーズ船橋・東京ベイのフラン・ルディケ ヘッドコーチは、「我々はこの新しいクロスボーダーのラグビーゲームに参加できることにエキサイティングな気持ちでいっぱいです。他のリーグワンのチームにとっても、海外のチームと試合をすることは素晴らしい機会です。ファンにとっても選手にとっても、本当にエキサイティングなことです」とコメント。
また、チーフスのサイモン・グラフィスCEOは、「これまでのオールブラックスとオールブラックスXVの試合に対する日本のファンの反応からも、我々のラグビーに対して大きな需要があると思っています。今回のクロスボーダーが、日本でのファン層の拡大に役立つことを願っていますし、選手やスタッフにとっても特別な経験になるでしょう。ニュージーランドのスーパーラグビークラブとJRFU、そしてJRLOとの関係を深め、毎年試合を行うことを検討しています」と日本のファン拡大に期待を寄せました。

将来的には公式大会の開催も視野 リーグワンを世界に発信

今回のクロスボーダーマッチは、2023年5月に公益財団法人日本ラグビーフットボール協会と、ニュージーランドラグビーフットボール協会が、両協会の連携をさらに深め、アジア太平洋地域全体のラグビー競技発展のために締結した覚書に基づいて、リーグワンも含めた3者によって対戦機会を実現しました。
今回は、ニュージーランドの2チームと、日本の4チームによる全4試合の交流戦となりましたが、将来的にはチャンピオンシップを決める公式大会としての開催を目指しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ジャパンラグビー リーグワンは、「あなたの街から、世界最高をつくろう」をビジョンに掲げ、前身であるジャパンラグビー トップリーグを受け継ぐ形で、2022年1月に開幕した日本国内最高峰のラグビー大会です。ラグビーワールドカップ2023を控え、セカンドシーズンとなるリーグワン全23チームの熱戦をご期待ください。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント