セレッソ大阪【天皇杯3回戦 C大阪vs. 大宮】上門の2得点に、復帰戦となった清武のアシストからレオ セアラが決め快勝。ラウンド16進出を果たす

セレッソ大阪
チーム・協会

【CEREZO OSAKA】

明治安田生命J1リーグ第20節・サガン鳥栖戦から中3日。セレッソ大阪は、舞台を天皇杯に移し、大宮アルディージャとの3回戦に臨んだ。先発は、鳥栖戦からカピシャーバを除く10人を変更。システムは[4-4-2]を継続し、ベンチには、今月4日に完全合流したばかりの清武弘嗣が今季初めて入った。開始2分、北野颯太が遠めの位置から思い切ってロングシュートを狙うと、その後、序盤こそ大宮の前からの守備に苦しむ場面もあったが、時間の経過とともに、セレッソが試合を掌握。相手を押し下げ、大宮を[5-4-1]で構えさせる展開にすると、左サイドはカピシャーバの鋭い突破から、右サイドは中原輝と松田陸のコンビで打開。さらに、中央では北野が下りてボールを受け、上門知樹が背後を狙うなど、様々なバリエーションでゴールに迫る。22分、高い位置でボールを奪った上門が右足を振り抜くと、ここは惜しくもクロスバーを直撃。セレッソは攻から守への切り替えも速く、前半は大宮にチャンスらしいチャンスを作らせず。ただし攻撃面では、再三サイドを破るも、あと一歩、中で合わない。40分、松田のクロスに北野が合わせて決定的な形も作ったが、シュートはわずかに外れた。前半はセレッソが主導権を握り続けたが、大宮の守備をこじ開けることができず、0-0で折り返した。

【CEREZO OSAKA】

もっとも、この展開も選手たちにとっては想定内。「時間はあるので、『焦れずに、急がずやろう』とチームとしても話していた」(上門)セレッソは、メンタル的に動揺することなく後半を迎えると、攻撃の勢いはさらに加速。48分に早速ビッグチャンス。北野とのワンツーで左サイドを抜け出したカピシャーバのクロスに逆サイドから松田が飛び込んだが、シュートは枠の外。前半から攻め続けたセレッソが均衡を破ったのは59分、決めたのは上門だった。カピシャーバとのワンツーで左サイドを突破した山中亮輔がドリブルからグラウンダーのクロスを上げると、DFとの駆け引きでフリーになった上門が左足でうまく合わせ、ネットを揺らした。ここから反撃に出てきた大宮だが、セレッソが65分に追加点。今度は右サイドを中原と北野で崩すと、最後は北野のクロスに再び上門が左足で合わせた。

【CEREZO OSAKA】

74分には大宮に決定機も作られたが、ここはGK清水圭介が好セーブでゴールを守る。77分、ついにこの瞬間が訪れた。原川力に代わって清武が交代で入り、今季初めてピッチに立つと、スタジアム全体から大きな拍手が送られた。すると5分後、自ら復帰を祝うかのように、清武のCKにレオ セアラがヘディングで合わせ、セレッソが試合を決定付ける3点目を奪った。終盤は、やや守備が甘くなったところを大宮に突かれ、1点こそ返されたが、3-1で終了。前半こそ大宮の守備に苦労したが、ボディーブローのようにダメージを与え続け、後半に3得点。他会場ではいくつかのJ1クラブが破れる波乱も起こる中、リーグ戦から10人先発を入れ替えて臨んだセレッソが総力の高さを示し、見事ラウンド16進出を果たした。
(文=小田尚史)

【CEREZO OSAKA】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

Jリーグ所属のセレッソ大阪の公式アカウントです。 クラブの最新ニュースやイベント、チケット、オフィシャルグッズなど様々な情報をお届けします。

新着記事

編集部ピックアップ

世界1位シェフラーがマスターズ2勝目 松…

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント