【新日本プロレス】両雄が翌日のIWGP世界ヘビー王座戦へ意気込み!5.1調印式

チーム・協会

【新日本プロレスリング株式会社/石井愛子】

いよいよ目前! 5月1日(土)『WRESTLING DONTAKU 2022』福岡PayPayドーム大会を前日に控えて、キャナルシティ博多にて公開調印式が開催された。

■『WRESTLING DONTAKU 2022』
・5月1日(日) 15:00開場/17:00開始
福岡・福岡PayPayドーム
※「ロイヤルシート」は完売となりました

<当日券>
★当日13時より、福岡PayPayドーム5ゲート横 当日券売場にて発売いたします
(※小中高生券をお買い求めの方は注意事項をご確認ください)

IWGP世界ヘビー級選手権 調印式

【新日本プロレスリング株式会社/石井愛子】

IWGPジュニアヘビー、USヘビー級王座決定戦に続き、イベントの最後は当日のメインとなるIWGP世界ヘビー級選手権 オカダ・カズチカvs内藤哲也の公開調印式が行われた。

【新日本プロレスリング株式会社/石井愛子】

入場テーマに乗って、まずは内藤がジャケット姿で登場すると場内からはどよめきが発生。一方、スーツ姿で決めたオカダは世界ヘビーのベルトを肩に場内の観客を見回しながら貫録の入場をはたした。

“挑戦者”内藤哲也のコメント

【新日本プロレスリング株式会社/石井愛子】

「2月の札幌大会にて行われたIWGP世界ヘビー級選手権試合に破れ、3月に行われた『NEW JAPAN CUP』でも優勝できず。5月1日、福岡PayPayドーム大会のメインイベントはなくなったなーっと思ったんですが、“チャンピオン”オカダからの指名によりWRESTLING DONTAKU福岡PayPayドーム大会のメインイベントに立つことになりました。オカダからの指名がなければ、この舞台に立つことはなかった訳で。オカダには感謝してます(オカダに目線をやって)。

でも、残念ながら、オカダはオレを指名したことを後悔しながらリングを降り、そして東京へ帰ることになるでしょう。21年ぶりに開催される福岡ドーム大会! 試合後、一緒に心の中で叫んで下さい。『デ・ハ・ポン!』ってね。ではでは皆様、明日は福岡PayPayドームでお会いしましょう。やっちゃろうや! アディオス」

“王者”オカダ・カズチカのコメント

【新日本プロレスリング株式会社/石井愛子】

「こんにちは! やっと。とうとうですね。明日、タイトルマッチが来るんですけど。こうやって皆さんのね、熱を感じると凄い楽しみになってきました。内藤さんとの、今年3度目。タイトルマッチで勝って、『NEW JAPAN CUP』準決勝ですね、これは負けて。そして3度目なので、シッカリとまた結果を残したいと思いますし、21年ぶりの福岡ドームですね。福岡PayPayドーム大会。まあ、盛り上げるのはボクだと思ってますし。ま、ボク3年前ね、始球式もやらせてもらってますんで。“広島ファン”の方とはね、ちょっと違うと思いますんで。まあ、ボクの方がホームに近いのかなと思いますんで。しっかりと明日は結果を残したいと思います。

まあ、内藤さんとはですね、本当にべつに憎みあっている訳でもないですし、やっぱり闘ってる中で、心の中でお互い繋がってるんじゃないかと思いますので、そういうのもお見せしつつ、勝って花道を歩いて帰りたいと思います。ありがとうございました」

【新日本プロレスリング株式会社/石井愛子】

【新日本プロレスリング株式会社/石井愛子】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

新日本プロレスリング株式会社

1972年3月6日に創業者のアントニオ猪木が旗揚げ。「キング・オブ・スポーツ」を旗頭にストロングスタイルを掲げ、1980年代-1990年代と一大ブームを巻き起こして、数多くの名選手を輩出した。2010年代以降は、棚橋弘至、中邑真輔、オカダ・カズチカらの台頭で再び隆盛を迎えて、現在は日本だけでなく海外からも多くのファンの支持を集めている。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント