IDでもっと便利に新規取得

ログイン

©LigaPortugal

逆転優勝狙うポルト、宿敵ベンフィカとの「オ・クラシコ」に挑む。守田英正所属サンタ・クララは欧州カップ戦出場権獲得に望み【リーガNOS第31節プレビュー】

ポルトガル・リーグ

リーガNOS(ポルトガル1部)の第31節が、現地5日から7日にかけて開催される。各地で組まれている9試合の中から、日本人選手たちの活躍も期待される注目すべき4試合のプレビューをお届けする。

藤本寛也はジル・ヴィセンテを1部リーグ残留に導けるか 藤本寛也はジル・ヴィセンテを1部リーグ残留に導けるか ©LigaPortugal

【マリティモ対ジル・ヴィセンテ(藤本寛也所属)】

 一時は自動降格圏に沈んでいたマリティモだが、直近のリーグ戦3連勝により12位まで浮上した。今節は1ポイント差で13位のジル・ヴィセンテをホームに迎える。3連勝は全て1-0の完封勝利で、堅守のみならずFWアリ・アリプールやFWジョエル・タグエウなど前線の選手が揃って結果を残しているのもプラス要素だ。一方、アウェイに乗り込むジル・ヴィセンテは直近3試合で勝利がなく、残留確定を手繰り寄せるには1勝が欲しいところ。最近は先発出場の機会がやや減少傾向の藤本寛也は、こうした重要な一戦でジル・ヴィセンテを勝利に導き、自らの価値を証明したい。

リオ・アヴェの食野亮太郎はスポルティングCP相手にどんなプレーを見せるか リオ・アヴェの食野亮太郎はスポルティングCP相手にどんなプレーを見せるか ©LigaPortugal

【リオ・アヴェ(食野亮太郎所属)対スポルティングCP】

 現在15位のリオ・アヴェはリーグ戦残り4試合の対戦カードが最も厳しいクラブの1つだ。今節の相手は開幕から30戦無敗で首位を走るスポルティングCPで、サンタ・クララ、ポルト、そして最終節のナシオナル戦へと続いていく。降格圏から少しでも遠ざかるには、上位陣から何としても勝ち点をもぎ取らなければならない。一方、スポルティングCPは次節にも19年ぶりのリーグ優勝決定の可能性がある。6ポイント差で追いかけてくる2位ポルトを振り切るためにも、無敗記録の継続と勝利が欲しいところだ。ただ、ルベン・アモリン監督がベンチ入り停止処分中で、ピッチ脇から指揮を執れないのは不安要素か。リオ・アヴェに所属するU-24日本代表FW食野亮太郎はベンチから出番をうかがうことになりそう。出番を得た時にチームを勢いづける結果を残し、シーズン終盤の巻き返しに貢献できるだろうか。

ベンフィカのハリス・セフェロヴィッチは得点ランキング首位 ベンフィカのハリス・セフェロヴィッチは得点ランキング首位 ©LigaPortugal

【ベンフィカ対ポルト】

 逆転優勝を信じて戦い続けている2位ポルトは、シーズン終盤の超重要局面で宿敵ベンフィカとの「オ・クラシコ」に挑む。セルジオ・コンセイソン監督は6試合のベンチ入り禁止処分の2試合目で、チームを直接指揮できない。また前節のファマリカン戦で攻守のキーマンだったMFヘスス・コロナが負傷交代。不安要素は多い。一方、ベンフィカは2019年8月から公式戦の「オ・クラシコ」でポルトに勝てておらず、今回こそ勝利して2位浮上のきっかけをつかみ、CLグループステージ出場権獲得を目指す。最近ではルーカス・ベリッシモ、ニコラス・オタメンディ、ヤン・フェルトンゲンで構成する3バックが定着し、前線では好調のハリス・セフェロヴィッチが18得点を挙げて得点ランキング首位に立っている。対するポルトは組織の強固さが武器で、生命線である全員のハードワークで一気に開いてゴールへ襲いかかるだろう。両者のプライドが正面からぶつかり合う好ゲームに期待が高まる。

守田英正は中心選手としてサンタ・クララを引っ張っている 守田英正は中心選手としてサンタ・クララを引っ張っている ©LigaPortugal

【ファマリカン対サンタ・クララ(守田英正所属)】

 前半戦は絶不調だったが、ファマリカンは今年3月のイヴォ・ヴィエイラ新監督就任以降は徐々に持ち直してきた。2シーズン連続の1部リーグ残留を確実に決めるには、残り2試合で2勝が欲しいところだ。一方、7位のサンタ・クララは欧州カップ戦出場権獲得に近づいている。6位のヴィトーリアSCが大不振に見舞われ、7位サンタ・クララとの勝ち点差は現在4ポイント。もし6位以内に入ることができれば、来季から新設されるUEFAヨーロッパ・カンファレンスリーグへの挑戦権が得られる。ヴィトーリアSCとサンタ・クララのチーム状態を比較すると、十分に逆転可能と言えるだろう。サンタ・クララに所属する日本代表MF守田英正はデビュー戦からリーグ戦16試合連続の先発フル出場と絶対的な信頼を獲得している。チームを2002/03シーズンのインタートトカップ以来となる欧州カップ戦出場に導ければ、今後のステップアップを意識するうえでも重要な実績となるに違いない。

【その他の試合】

現地5日(日本時間6日3時)
スポルティング・ブラガ対パソス・デ・フェレイラ

現地6日(日本時間6日23時)
モレイレンセ対ナシオナル

現地6日(日本時間7日1時)
ベレネンセス対ポルティモネンセ(安西幸輝&中村航輔所属)

現地6日(日本時間7日4時30分)
ファレンセ対ヴィトーリアSC

現地7日(日本時間8日5時15分)
ボアヴィスタ対トンデラ

関連リンク

クラブ名
ポルトガル・リーグ
クラブ説明文

ポルトガル・リーグはポルトガルのプロサッカーリーグです。プリメイラ・リーガ(またはリーガ・NOS)とも呼ばれる1部リーグは1934年に開設され、現在18クラブで構成されています。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント