IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【クボタスピアーズ(ラグビー)】トップリーグ2021第7節試合前コラム

「陸(おか)で積んできたもの」クボタスピアーズ トップリーグ2021 第7節 試合前コラム

クボタスピアーズ

30週のプレシーズン

シーズンスタート当初の練習(山本選手、テアウパ選手) シーズンスタート当初の練習(山本選手、テアウパ選手) クボタスピアーズ(ラグビー)】トップリーグ2021第7節試合前コラム

このチームがスタートを切った季節は、真夏だった。

炎天下の中、日陰がないグラウンド行われた練習は、基礎的で段階的で体力的。
チームスタート直後の練習、かつ感染予防ということを考えると、これまでよりもずっと時間をかけて、この基礎的で段階的で体力的な、いわゆる「しんどい」練習を行う必要があった。


それから徐々に実践的な練習となり、世界に散らばっていた仲間たちも集まり、秋には全員が集合して、練習試合を行えるまでになった。

2020年10月10日に行われた今シーズン初のプレシーズンマッチ(写真中央は堀部選手) 2020年10月10日に行われた今シーズン初のプレシーズンマッチ(写真中央は堀部選手) 【クボタスピアーズ(ラグビー)】トップリーグ2021第7節試合前コラム

チームのスタートから当初26週目に開幕する予定だったトップリーグ2021は、延期もあり30週目に念願の公式戦を迎えることとなった。

四季を追って作り上げられたチームは、開幕から5勝1敗。

リーグ戦最終戦を、昨季最後の相手となったトヨタ自動車ヴェルブリッツと対戦する。

今年のチーム内でのキーワードは「戦艦」だ。
「強い戦艦を作る」を合言葉に、相手戦艦を沈めるため一試合一試合戦う。

入団当初から様々な例え話を用いて、チームの精神面や文化といった土台を築いてきたフラン・ルディケヘッドコーチらしい今季のキーワードは、チームスローガンの「Mastery」と共にチームに浸透し、強い戦艦に仕上がってきている。

最長92日にもなるトップリーグの戦いは、確かに戦艦に似ているかもしれない。
92日間の航海を生き残るためには、丈夫で強い船が必要だ。また、鍛え抜かれたクルーも必要となる。
これらは、海上で作られるものでなく、陸(おか)で準備されるもの。
まさにそれはクボタスピアーズが30週に渡り活動したプレシーズンだ。

しっかりとした船を作り、クルーを鍛え、海路を練って出港した戦艦は、ここまで6戦を戦ってきた。
どれも激しい戦いだった。互いに勝利をかけて戦うのであれば、時に戦艦が壊れることもあるだろう。望まない結果の時もあるだろう。

そうした下を向きたくなるような時に、陸で過ごした時間が支えてくれる。

自分たちはなにをすべきか、どう戦うのかといった戦術の理解、どの選手が出てもレベルを落とさない選手層、苦しい場面になっても足を止めずに体を当て続ける体力、なにより自分たちのチームを愛し、全員が団結して戦おうという結束は、この30週のプレシーズンで作り上げられたものだ。


日差しがジリジリと肌を焼く真夏から、凍てついた空気がヒリヒリと肌を刺す真冬まで、共に過ごした陸での時間。
そこで作り上げ、この戦艦に積んできたもの。
この戦艦の真価が問われる7戦目。
陸で積んできたものをすべて出すときが来た。

何をするか分かった上での戦いが面白い!

トップリーグ2021第3節でのラインアウトモール トップリーグ2021第3節でのラインアウトモール 【クボタスピアーズ(ラグビー)】トップリーグ2021第7節 試合前コラム

このクボタスピアーズという戦艦の武器のひとつがラインアウトモールだ。
この6試合、どの試合でもラインアウトモール起点のトライをしていることを考えると、この第7節でもこのプレーに注目しないわけにはいかない。特に相手のチームが大型のフォワードを揃えていることを考えるとなおさらだ。

ラピース選手も「プライドを持っている」と話すこのラインアウトモールは相手にとって脅威になるだろう。

また、スクラムにも同じようなことも言えるかもしれないが、ラインアウトモールはわかっていても止められないプレーといえる。そこには選手の体躯の大きさや強さ、そして目には見えない個々の細かなプレーと、フォワードパックが結集して押し込む技術があるわけだが、言ってしまえば「組んで押す」というシンプルなプレーゆえに、相手としては予想しやすいプレーだ。だが、そこに面白さがある。

クボタスピアーズが相手の反則でペナルティキックを得る。タッチキックを選択し、スタンドオフのフォーリー選手が「押してこい!」と言わんばかりのキックでゴール前へ。

その瞬間に相手とすれば「確実にモールでくる」と警戒する。
対するスピアーズも「絶対にモールで(トライを)取る」と気合いが入る。

このゴール前ラインアウトをセットするまでの、両者のある意味分かり合っている空気。
「(モールで)くるよな?」
「ああ、(モールで)行くぜ。」
といった会話が聞こえてきそうだ。

そして両チーム選手の覚悟を決めた表情は、プレー中とはまた違ったラグビーの魅力を感じる一瞬だ。
そう、まるで決闘前。

プレーがスタートすれば、立ち合い出足の鋭さ。
組み合っては「痛い・苦しい」をプライドで押し殺し、前だけを向いて戦う選手たち。
戦艦同士が並列しての大砲の打ち合いをするような、大迫力の接近戦を見ることができる。

そうして取ったモールトライ。
会場中のだれもが予想したプレーでトライを取ることで、予想以上にチームの士気が上がる。相手にとっては、「わかっていても止めらない」といったことほど気持ちが落ち込むことはない。

そうしたラインアウトモールの「何をするかわかった上での戦い」はある意味面白い。

また、ラインアウトモールそのものも注目だが、クボタスピアーズはそのバリエーションが豊かなことも見ていて楽しみの一つ。

正攻法に「8人で組んで押す」のシンプルな強さがあるからこそ、第6節で見せたようなゴール前ショートラインアウトからのモールや、そのモールをフェイントに使う裏のオプションも豊富だ。

そうした強さの秘密には、練習で互いに技を磨いた仲間たちの存在がいる。
チーム全員で夏から作り上げ、ボルツ(試合に出場できないメンバー)相手に磨き上げたオレンジのモール。

クボタスピアーズが陸で積んできた「わかっていても止められない」武器に注目だ。

トップリーグ2021 第7節 クボタスピアーズvsトヨタ自動車ヴェルブリッツ戦は4月11日(日)13時キックオフ



文:クボタスピアーズ広報 岩爪航
写真:チームカメラマン 福島宏治

関連リンク

クラブ名
クボタスピアーズ
クラブ説明文

1978年創部。1990年、株式会社クボタの創業100周年を機にカンパニースポーツと定め、千葉県船橋市内にグランドとクラブハウスを建設。船橋市及び周辺エリアを本拠地にチーム強化を図ってきた。 「Proud Billboard 」のビジョンの元、強く、愛されるチームを目指し、ステークホルダーの「 誇りの広告塔」となるべくチーム強化を図る。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント