2009年9月27日(日)

11R
2009年9月27日(日)
中山
15:45発走

産経賞オールカマー GII

芝・右・外 2200m 天気:
馬場:
サラ系3歳以上 オープン (国際)(指定) 別定 本賞金:6400、2600、1600、960、640万円

予想印

枠番 馬番 馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 マイネルチャールズ
2 2 シンゲン
2 3 ダイワワイルドボア
3 4 ハイアーゲーム
3 5 スノークラッシャー
4 6 マンハッタンスカイ
4 7 エイシンデピュティ
5 8 デストラメンテ
5 9 ドリームジャーニー
6 10 ダイシングロウ
6 11 ダンスアジョイ
7 12 グラスボンバー
7 13 トウショウシロッコ
8 14 トーセンキャプテン
8 15 マツリダゴッホ

◎:本命、○:対抗、▲:単穴、△:連下

買い目

大多 9=2 9=15 9-1 9-7 2=15
綾恵 2=9 2=15 2-7 2-11 9=15
山田 9=7 9=12 9=2 7=12 7=2 12=2
たま 15=2 15=14 15=1 15=6 15=9

※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

予想

本命はドリームジャーニー。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・2\11\3
宝塚記念を力強く差し切り、朝日杯フューチュリティS以来となるG1制覇を達成。今回は初めて背負う59キロが懸念材料となるが、前走の58キロでの勝ちっぷりを見る限り、それほど不安視する必要もなさそうだ。ここは秋のG1を見据えた仕上げとなっているだろうが、春のグランプリホースとして、無様なレースはできないところ。

対抗はシンゲン。

実績:
距離・コース:
順調度:
(初距離)
白富士S(OP)から新潟大賞典(G3)、エプソムC(G3)と今年に入って3連勝。いずれも完勝とも言える内容で、ここにきて完全に本格化してきた印象だ。鉄砲の利くタイプで久々は気にならず、追い切りの動きも文句なし。さすがにG1馬の揃う今回は楽ではないが、大仕事をやってのける可能性は十分にあるだろう。

単穴はマツリダゴッホ。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・2\12\0
一昨年の有馬記念(G1)を制すなど、中山コースは(7・1・1・2)の実績。さらに一昨年、昨年と当レースを制しており、ここは3連覇の掛かる一戦となっている。今年は2戦して結果を残せていないが、最も得意とする中山の舞台で、大幅な巻き返しを期待してみたい。

抑えはエイシンデピュティ。穴はマイネルチャールズ。

今週のワンポイントアドバイス

◇中山11R・オールカマー


過去10年、連対馬は(3)(2)、(1)(4)、(2)(3)、(2)(3)、(1)(3)、(9)(4)、(4)(2)、(4)(2)、(1)(5)、(1)(6)番人気の組み合わせで決まった(02年は新潟競馬)。

04年に9番人気が勝っているが、その年を除くと優勝馬は4番人気以内に限られ、2着馬も昨年の6番人気キングストレイルが最低人気となっている。

馬連配当は3けた3回、1000円台6回、7000円台1回(01年は枠連)。伏兵馬の台頭は少なく、全体としては平穏に収まる傾向を見せている。

連対馬の前走は重賞19頭とオープン特別1頭。路線別は7連対の新潟記念組がトップで、札幌記念組6連対、宝塚記念組3連対と続いている。

また、出走間隔は20頭中16頭が中6週以内のローテーションで、残る4頭は3〜9カ月の休養馬。夏に1度以上使われた馬が好走している。なお、休養明けでいきなり連対した4頭はG1の宝塚記念と有馬記念からの直行馬だった。

年齢別は3〜7歳上馬が4、15、29、37、27頭出走して、0、4、9、5、2連対。連対率はそれぞれ0、27、31、14、7%。5歳馬が連対数、率で他世代をリードしている。


3連覇を狙うマツリダゴッホは今年2戦して7、9着。一時の勢いが見られないが、中山は有馬記念を勝ち【7112】(1、2、3着、着外)と最も得意としている舞台。G1馬の復権が見られてもおかしくない。

馬単は(15)←→(2)、(15)←→(14)、(15)←→(9)、(15)←→(6)、(15)←→(1)。

3連単は(15)←→(2)から(14)(9)(6)(1)と、(15)←→(14)から(2)(9)(6)(1)への3着流し。

新着ニュース

ニュース一覧

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧