2005年7月10日(日)

11R
2005年7月10日(日)
福島
15:35発走

七夕賞 GIII

芝・右 2000m 天気:
馬場:
サラ系3歳以上 オープン (混合)(特指) ハンデ 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円

予想印

枠番 馬番 馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 ラヴァリージェニオ
2 2 ユキノサンロイヤル
3 3 グランプリゴールド
4 4 ダイワレイダース
5 5 オースミステイヤー
6 6 マルタカキラリー
7 7 グラスボンバー
7 8 カナハラドラゴン
8 9 マイネルホライズン
8 10 トーセンダンディ

◎:本命、○:対抗、▲:単穴、△:連下

買い目

大多 2=1 2=9 2-4 2-8 1=9
綾恵 7=2 7=10 7-4 7-5 2=10
山田 4=7 4=9 4=1 7=9 7=1 9=1
たま 4=10 4=7 4=6 4=9

※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

予想

本命はユキノサンロイヤル。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・1.59.0
3月の日経賞(G2)で初重賞制覇を遂げるなど,8歳となる今年に再度のブレイク。前走の天皇賞(春・G1)は0秒8差の9着に敗れたが,元々ステイヤーではないし,過去歴からみても距離は2000M前後がベスト。ここは2カ月の休養明けとなるが,中間も十分に乗り込まれており,福島コースも過去2勝と適性は問題ない。1番人気が連敗続きという一筋縄ではいかない当競走だが,人気でも外せない存在だ。

対抗はラヴァリージェニオ。

実績:
距離・コース:
順調度:
重・1.59.4
ハンデ55キロを背負った前走の目黒記念(G2)では,1秒近く離され8着に敗退。G2とあって相手もそろっていたし,時計勝負では分が悪い当馬にとってレコード決着はさすがに厳しかった感。ハンデ55キロだった昨年の福島記念(G3)で複勝圏を確保するなど,過去3度走った重賞で4,4,3着と大崩れがないのは強調ポイント。最終週ということでもあり,当馬が得意とするパワー寄りの馬場になれば逆転の目もあり得る。

単穴はマイネルホライズン。

実績:
距離・コース:
順調度:
良・1.59.4
今年3勝の上がり馬。1番人気だった前走の福島1000万戦・信夫山特別では,好位から早めに動く積極策での快勝ぶりで,今まさに充実期であることを印象付けた。今回は3ハロンの距離短縮となるが,一応2000Mは守備範囲であり,福島コースは(4・0・0・1)と相性抜群。実はメンバー中,当該設定を勝っているのは当馬のみという点は面白いし,格上挑戦でも通用する夏のハンデG3だけに,ハンデ差を生かしての激走で好配当を期待したい。

抑えはダイワレイダース。穴はカナハラドラゴン。

今週のワンポイントアドバイス

重賞初制覇に王手,ダイワレイダース


過去10年(96年中山,00年は東京競馬場),連対馬は2??1,5??3,2??7,2??16,4??1,7??8,3??4,3??4,6??1,8??9番人気の組み合わせで決まった。1番人気は勝ち星がなく,2,3番人気もそれぞれ3連対と不振。代わりに6番人気以下から7頭が連対している。馬連は3けた配当1回,1000??2000円台3回,4000??6000円台3回,万馬券3回。1番人気が26連敗中と大苦戦。荒れるみちのくハンデ重賞として定着している。

連対馬の前走は重賞組10頭,オープン特別組5頭,準オープン以下組5頭。そこでの成績は条件クラス組は全馬1着だったが,オープン特別組以上は着順に関係なく巻き返している。ステップは5連対のエプソムC組,4連対の安田記念組が有力となっている。

年齢別は4??7歳上馬が32,37,32,37頭出走して4,6,3,7連対。7歳以上の高齢馬が活躍している。出走間隔は連対20頭中17頭が中6週以内。間隔の開いた馬には割引が必要だ。トップハンデ馬は12頭出走して4連対とぱっとしない成績だが,ここ2年は連続で連対している。

◎…ダイワレイダースは復帰戦のエプソムCで0秒1差3着。4カ月ぶり,18キロ減の馬体重で地力の高さを見せつけた。新馬,芙蓉Sを連勝したサンデーサイレンス産駒の大器が,重賞初制覇に王手だ。

○…相手筆頭にトーセンダンディを推す。新潟大賞典11着から挑んだエプソムCで0秒6差7着。掲示板は外したがようやく復調気配を見せた。連対は7??11月に集中。夏馬の季節がやってきた。

▲…グラスボンバーは目下3連勝中。休養明けの前走湘南Sは準オープンの昇級戦だったが,あっさりとクリアーした。オープン特別を使う予定を変更しての重賞チャレンジ。ハンデも手ごろな55キロだけに好勝負は必至だ。

△…同型不在で単騎逃げが見込めるマルタカキラリー。格下挑戦になるがハンデは裸同然の48キロ。小回り平坦コースで,時計もかかりそうな馬場だけに,マイペースの逃げに持ち込めれば前残りの目も十分にある。

△…マイネルホライズンは福島の芝で4勝を上げているコース巧者。1000万下を勝ち上がっての格上挑戦となるが,前走より4キロ減で斤量は53キロ。軽量ハンデを生かし切れれば上位に争いに食い込める。

新着ニュース

ニュース一覧

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧