みんなで選ぶ!2020プロ野球前半戦MVP

パ・リーグ編

 みんなで選ぶ「2020プロ野球前半戦MVP」。今シーズンも後半戦に突入しましたが、前半戦のMVPにふさわしいと思う選手をセ・パ両リーグの投手・野手計4項目から選んで投票してもらいました。

 今回はパ・リーグ投手編。活躍を見せる選手たちの中から1位に輝いた選手は!?

順位 選手名 得票率
1 涌井秀章(東北楽天) 55.08%
2 モイネロ(福岡ソフトバンク) 12.03%
3 石川柊太(福岡ソフトバンク) 10.87%
4 益田直也(千葉ロッテ) 3.41%
5 山本由伸(オリックス) 3.27%
6 宮西尚生(北海道日本ハム) 2.63%
7 平良海馬(埼玉西武) 1.73%
8 バーヘイゲン(北海道日本ハム) 1.57%
9 玉井大翔(北海道日本ハム) 1.37%
10 和田毅(福岡ソフトバンク) 1.30%

スポーツナビアプリ 無料ダウンロード

QRコード
対応OS
iOS 11.0以上
Android 5.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

解説

楽天移籍でよみがえった涌井(写真左)。開幕8連勝をマークしたピッチングがファンの強い印象につながった【写真は共同】

 プロ野球界では長らく、先発が投手の華とされてきた。まっさらのマウンドに上がったら、先発完投。それができない投手は中継ぎ“降格”と言われたものだ。公式記録や表彰も、中継ぎどころか抑えにさえ与えられなかった。

 時代は変わった。2020年、「みんなで選ぶ前半戦MVP パ・リーグ投手部門」は、上位10人のうち5人が先発ではなく、ブルペン組。同一カード6連戦の変則スケジュールとなった今季のパ前半戦だからこそ、とりわけ中継ぎ、抑え投手の重要性が再認識されたのだろう。

 そんな中、栄えある1位に輝いたのは今季、千葉ロッテから東北楽天に移籍した先発組の涌井秀章。ここ3年ほどは負けが先行していた涌井だが、新天地で心機一転、自己最長となる開幕8連勝とよみがえった。8月5日の福岡ソフトバンク戦、球団史上初のノーヒットノーランまであと2人の好投を見せたことも、ファンに強烈な印象を与えたはずだ。

 首位争いの筆頭・ソフトバンクからは2位にモイネロ、3位に石川柊太、10位に和田毅の3人。リーグナンバーワンのチーム防御率を支える3人である。またモイネロ、石川の2人が育成出身というのも、ソフトバンクらしい。昨季からセットアッパーを務めるモイネロは今季、防御率、ホールド数もさることながら、驚異の奪三振率を誇る。「ピッチャー・モイネロ」とコールされた瞬間、心が折れかける相手チームファンも多いのではないか。

 追い上げを図る北海道日本ハム勢も、トップ10に3人。ブルペン陣を「チームの心臓」と栗山英樹監督が呼ぶだけあって、中継ぎ勢が2人入った。鉄腕・宮西尚生は今季、7月29日に史上17人目の通算700試合登板を果たすと、8月12日には史上初の350ホールドを達成。記録づくしの前半戦になった。その宮西を師匠と仰ぐ玉井大翔は20戦連続0封、プロ入り4年目の初セーブをマークするなど、大きな成長を見せている。

 防御率で涌井を追う山本由伸(オリックス)、2度目のセーブ王を狙う益田直也(ロッテ)も、順当な得票といえるだろう。

 さて、ここで埼玉西武の話である。正直、投票以前のノミネート段階で困った。先発投手陣の成績が芳しくなかったのである。防御率だけを見ても、リーグワーストだった昨季よりさらに悪化。結局、平良海馬、ギャレット、増田達至のブルペン陣3人をノミネートした。その中で、最もファンの票を得たのは20歳の平良。開幕から10試合連続無安打無失点の大活躍で、新人王最右翼に躍り出た。新外国人・ギャレットはセットアッパー候補としての入団。まずは期待通りの働きを見せている。それにしても西武、元ブルペン陣の平井克典がチーム最多勝で後半戦の投手MVP候補になってしまうのではないかと、今からちょっと複雑なのだが、大丈夫だろうか。

(文:前田恵)

関連リンク