話題の練習器具「ProSENDR(プロセンダー)」は効果ある?人気アマが検証してみた

スポナビGolf

【スポナビGolf】

2023年で最も話題に上がった練習器具はこの「プロセンダー」だと思います。各SNSでPGAのトッププロが使用しているのが散見されました。

当初はアメリカのみの販売でしたが、徐々に日本でも売られるようになってきましたね。プロからの支持も高いこの練習器具にはどんな効果があるのか、オレンジマンが実際に使って検証しました。

【期間限定】 ヤマニ ゴルフ ProSENDR プロセンダー TRMZNT51 スイング練習器 2023モデル 【sbn】
29,700円ほか

商品一覧を見る

Yahoo!ショッピング

プロセンダーはどんな練習器具なのか?

【スポナビGolf】

簡単に言えば右手首にコテを装着するだけです。そのコテには角度がついていて、右手首の背屈(甲側に折れる)を促します。その効果でフェースが閉じやすくなり強いインパクトが得られるのです。

この背屈の角度が重要なようで、なんでもタイガー・ウッズの右手首の角度と同じになるように設計されているのだとか。開発者の1人でもあるショーン・フォーリーがタイガー・ウッズの元コーチというのも理由の一つなのでしょうか。

【スポナビGolf】

コテ以外にも穴の空いたゴム製のクッションボールも付属しており、手首のバンドにマジックテープで装着することができます。このボールを挟むようにスイングをすることで、どんな効果があるのでしょうか?さっそく使ってみます!

実際に使って分かった効果

⚫︎右手の背屈

コテに右手を当てることで、トップでは自然な背屈ができるようになります。意識的に打たないとコテに右手が当たらないことが分かりますし、背屈したままインパクトを迎えるとロフト角が立ったままのインパクトができました。

そもそも理想的なインパクトとはクラブのロフト角よりもマイナスロフトでインパクトを迎えるのが理想です。フェースが開くとそれが難しくなるので、フェースが閉じやすくなると自然とマイナスロフトで当てることができますね。

⚫︎入射角が変わる

多くのアマチュアがダウンブローにヘッドを入れるのができていないと言われています。それはトップでできたタメを早い段階で解いてしまう、アーリーリリースが原因になることが多くあります。
右手の角度をキープしたままダウンスイングに入ることで、入射角が変わりダウンブローに当てることができるのです。

【スポナビGolf】

ただこのダウンブローは、もともとできていない方だと最初はおそらくトップめの当たりが多くなると思います。ヘッドとボールが離れる感覚になるので、そこには慣れが必要ですね。ヘッドがいつもより閉じる感覚になる方は、引っ掛けやチーピンのような球も多く出るでしょう。それが出ないように打っていくのがこの練習器具の狙いかなと思いますね。

⚫︎逆ループが治る

クラブを外に上げ、ダウンスイングではインから入ってくることをゴルフ用語ではループといいますが、反対にインに引いてからアウトから降りてくるのが逆ループです。この逆ループはあまりオススメされているものではなく、飛距離が出なかったりスライスするなどのミスが増えるからです。

ただ、プロセンダーを装着すると右手の背屈の影響で、逆ループの方にはとても効果的だと感じました。いわゆるシャローイングというもので、いきなり逆ループが治るということではないですが、治すキッカケには十分だと思います。

⚫︎オーバースイングの矯正

バックスイング時に早い段階でコテに当てるので、その時点でトップの形が完成します。あとは手や腕を上げる感覚より、腰を回せば勝手に手元が上に上がるのが体感できます。バックスイングを手で上げてしまう方や、オーバースイングで悩む方に効果があると思いますね。

【スポナビGolf】

⚫︎クッションボールでチキンウイングを治す

コテだけではなく、クッションボールを装着し最後まで両腕で挟み込むように打つことで、これまたアマチュアに多いと言われるチキンウイング(左肘の引け)にかなり効果があると感じました。いかに手を使って打っているのか思い知らされます。

アドレス時からクラブと体の一体化を感じるので、手打ちで打つことが難しくなり最終的には手を使いすぎない、身体を使ったスイングが手に入ると思います。

【スポナビGolf】

しかし、これは長期的に見ていかないといけないと思います。というのも、コテもクッションボールも装着して打つとナイスショットを打つのはなかなか難しいからです。逆に言えば理想のスイングと現実のスイングがかけ離れているのが分かります。長い目でじっくりと矯正していくのがいいですね。

注意すること

練習器具なので、全ゴルファーに向いていると思いがちですが、実は注意すべき点もあると思いました。

⚫︎レベルが問われる

ゴルフを始めたばかりの方や、良いか悪いかは別として自分のスイングが固まってない初心者の方へは効果が薄いかもしれません。右手の背屈や、ダウンブロー、シャローイングなどレベルの高い練習になります。

どちらかというと、自分のスイングのウィークポイントが分かっていて、明確にここを治したいという方に効果は抜群だと思います。

⚫︎サイズがワンサイズ

今回の検証では、グローブサイズ23センチの男性の場合です。サイズがワンサイズなので、手の小さい方や女性の方には少し大きく(ブカブカに)感じるかもしれません。

ちなみに、左打ちにも対応した左用も販売されているので、こちらは安心です。

⚫︎ドライバーには不向き?

自然にダウンブローの軌道が身につくのはメリットですが、ドライバーに関してはダウンブローよりも逆のアッパーブローが良いとされています。

ダウンスイングの理想の軌道はクラブが短くなるにつれてダウンブロー度が増していくもの。プロセンダーを使って練習をするのもミドルアイアンからショートアイアンでの練習が良さそうですね。

まとめ

【スポナビGolf】

装着すれば全てが一気に良くなるわけではないので理想を求めすぎると、最初の練習でガッカリしてしまうかもしれません。やはり練習器具はあくまでも補助的な役割なので、装着をしなくても身につくまで長期的に使う必要があると思います。

プロセンダーは、たった一つの器具で複数の効果が得られる珍しい練習器具です。あれだけのトッププロが取り入れるのも頷けます。価格はなかなかの高額ですが、長い目でみれば買ってよかったと思えるかもしれませんね。

【期間限定】 ヤマニ ゴルフ ProSENDR プロセンダー TRMZNT51 スイング練習器 2023モデル 【sbn】
29,700円ほか

商品一覧を見る

Yahoo!ショッピング

人気の練習器具もチェック

elite grips エリートグリップ日本正規品 ゴルフ専用トレーニング器具 1SPEED(ワンスピード) TT1-01 「 ゴルフスイング練習用品 」
8,580円ほか

商品一覧を見る

Yahoo!ショッピング

【期間限定】 和田正義プロ 発案・監修 リンクス ゴルフ ダワ筋スティック プロモデル スイング練習器 練習器具 ダワキンスティック 2023 【sbn】
18,480円ほか

商品一覧を見る

Yahoo!ショッピング

エリートグリップ アイプレーンプロ iP-1SET ゴルフ専用トレーニング器具 アライメントスティックセット 送料無料 即納
9,790円ほか

商品一覧を見る

Yahoo!ショッピング

【スポナビGolf】

※本記事はスポーツナビが独自で企画したものです。記事内の商品選定や評価はスポーツナビまたは出演者の方の判断にもとづいています。記事内で使用している商品画像はメーカーから画像・サンプルをお借りした上で使用、撮影しています。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ゴルフメディアで活躍する識者たちが、人気のギアを徹底解説! ドライバーからアイアン、パターといったクラブ一式はもちろん、シューズやウェア、距離計など、ゴルファー必須のあらゆるギアをご紹介していきます。

新着記事

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント