大外枠アドミラブル、競馬記者の評価は?
◎はスワーヴに集中!日本ダービー座談会

別路線からまとめて負かすか 注目のサトノアーサー

持木「僕は皐月賞をあえてパスしたサトノアーサーで勝負になると見ます。再三、話に挙がっている毎日杯では、上がり3ハロンは勝ち馬のアルアインを1秒も上回ったものであり、スローペースに泣いただけの話です。晩生のタイプで本当に良くなるのは秋以降かもしれませんが、現状でも互角以上の力があるでしょう」


須藤「皐月賞をパスできたのも、同じ厩舎で勝負になる馬がいたことに他ならないですが、その皐月賞1・2着馬よりも、もともとサトノアーサーの方が陣営の評価も高かったはずですよね、那谷さん」


那谷サトノアーサーも、もとよりダービーが大目標だったけど、きさらぎ賞の後は二択。ダービーに確実に駒を進めるには、皐月賞直行で4着以内に入るか、毎日杯で賞金を加算するかのどちらかで、皐月賞出走となると、デビュー以来実践し続けた“ダービーを見据えた乗り方”を変えなければならない。叩き台にはできなかったからこそ、毎日杯を選んだんだ。その毎日杯で互角の内容だったアルアインが皐月賞を勝ったことで、川田騎手も“自信がついた”と。厩舎の評価は、絶対能力でいうならサトノアーサーが一番の横綱格。アルアインペルシアンナイトは大関なんだけど、池江寿師は“競馬は、展開、枠順、馬場、騎手の一瞬の判断など複合的な要素が絡まって結果が出るから、必ず一番強い馬が勝つとは限らない”とも。3頭のどれが来るか、というより、どの馬にもチャンスがあるとしか言いようがないよな」


佐藤直「あと、これはアドミラブルの評価を下げた理由でもあるんだけど、青葉賞のみならず翌週のプリンシパルSでもレースレコードを大幅に更新したほど、今季の東京は高速馬場。その青葉賞2着馬と、プリンシパルSの勝ち馬は、ともに弥生賞で4・9着と敗れているんだ。だったら、今の東京でその弥生賞の勝ち馬が走れば、もっと凄い時計が出るんじゃないか。一気に人気もなくなった感を受けるカデナだけど、究極の瞬発力勝負となった弥生賞のように、ここでも超スローになる可能性は十分あるし、バカにすると痛い目に遭うかもな」


福田カデナの皐月賞の敗因について、中竹師は“1週前に一杯に追って直前は軽目、という調整過程に替えたが、スイッチが1週前に入ってしまって、当日は妙に大人しかった。体は良かったんだが気持ちが付いてこれなかったのでは”と振り返ってましたわ。要は、力負けではあらへん、いうことなんやけど“この中間は、これまで結果が出ている以前の調教過程に戻した。脚質的にも広い東京コースの方が合うし、最大目標の舞台で巻き返したい”とも。見限れるわけはないんとちゃいますか」


小桧山「青葉賞組以上に馬券にならないプリンシパルS組だけど、ダイワキャグニーは、時計も内容も優秀な勝ちっぷりだったぞ。中2週になることもあってか、今週は坂路1本目にガス抜きして、2本目に本追い切りの形だったけど“無理はしていないし落ち着きもある。心配していた疲れも見られず、体にハリが出て、前走よりいいくらいだよ。モマれず外目をスムーズに運びたいこの馬にとっては好枠を引けたし、3戦3勝の東京ならこの相手でも全然やれないとも思えない”と、菊沢師も手応えは感じている様子。先行力があるし、先週のオークスの結果を考えても“一発あるんじゃないですか?”と話を向けると“それはやってみなければわからない。みんな勝ちたいからね。自分のレースをするだけだよ”と慎重だったけど、少し笑った顔は満更でもなさそうだったけどな」


加茂クリンチャーも、皐月賞4着の割りに評価が上がらん馬やけど、宮本師は“一戦ごとに競馬を覚えて、馬体も逞しくなってきた”と。左回りではデビュー戦の中京で惨敗してますが“何が何だかわからない様子でコースを回ってきただけ”とのことで、左回り自体に問題がないとキッパリ言うてましたわ。いい枠を引いて前々で、穴馬としては怖いパターンや思いますが」


小島「皐月賞でのクリンチャーは、タフな流れの中を最後まで粘って、今回の僕の◎の追撃を凌いでるんですからね。今の馬場も味方しそうですし、これが穴中の穴ですね」

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」

競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント