大外枠アドミラブル、競馬記者の評価は?
◎はスワーヴに集中!日本ダービー座談会

不当な低評価? アルアイン二冠達成の可能性は

皐月賞では9番人気という低評価を覆したアルアイン(撮影:日刊ゲンダイ)
皐月賞では9番人気という低評価を覆したアルアイン(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

デスク「そんなアドミラブル人気に懐疑的なコジと直ちゃんは揃ってレイデオロ◎なんだな」


佐藤直「もとよりトライアルを順調に使えていれば、その結果にこだわらず皐月賞で◎を打とうと思っていた馬だからな。5着止まりだったとはいえ、ゴール前の脚を見て、世代ナンバーワンの瞬発力があると再認識したし、今度は万全の状態で出走してくるんだから◎にしないわけにはいかないよ」


小島「ぶっつけとなった皐月賞は、それでも勝負になるだけの仕上げではなく、この馬こそダービーの叩き台だった印象を受けました。それでいて、直線でもそれなりの伸びを見せて5着という結果は、陣営にとっても計算通りだったのではないでしょうか。デビューから2000mを使い続けてきたのも、この日のため。道中で力む面があって折り合いが鍵となりますが、この枠なら前に壁を作りながら理想のポジションで運べそうですし、世代の牡馬で一番強いのはこの馬ですよ」


小桧山「コジの言う通り、順調さを欠いてぶっつけとなったレイデオロの皐月賞はここへの叩き台と見ていいし、無理矢理勝ちに行く競馬ではなかったという点でも一目瞭然だよ。青葉賞をいくつも勝ちながら本番は勝てていない陣営の信念、というか執念に近いプランが実を結ぶと思うな」


馬場「さすがに陣営もそこまでは公言してませんが、皐月賞は“余裕の残る仕上げだった中、末脚は際立っていたし、道中も我慢が利いていた”と、高い評価を与えてましたね。今回は“短期間でも成長を感じるし、新馬戦以来だが脚質やフットワークから東京は合う。何より今度はしっかり仕上っているので楽しみ”と。意外と自在性もあって展開に応じた競馬もできる馬ですから、期待していいですよ」


小野智「追い切り後のルメール騎手は“少し前を追いかけるところがありますが、うまく脚が溜まれば来ます。東京イイです。先週みたいにリベンジ、リベンジです。動きも、ホントヨカッタ”と。“内の枠が欲しいです”とも言ってたんですが、今の人の勢いと馬の良化度合いを考えれば、極端に外でもないので大丈夫でしょうね」


中邑「先週のオークスに続いて“何で僕だけしか◎がいないのか”不思議にすら思っているアルアインですが、皐月賞もその前の毎日杯も、ともに正攻法での好時計勝ちである点を評価すべきです。気性面を含めて完成度が高く、立ち回りの巧さや枠順を考えても、崩れる姿を想像しにくいんですが…」


那谷「そもそもアルアインの毎日杯の勝ち時計は、ディープスカイ、キズナという2頭のダービー馬に次ぐもので、これを自ら動いてマークしたという点でも相当な能力を示していたんだ。9番人気の皐月賞は人気の盲点となっていただけだし、4コーナーで馬群に飲み込まれながら盛り返す“ファイトバック”は、GIで並みの馬にできる芸当ではないんだよ。母系から2400mがベストとは思わないけど、崩れることはないだろうな」


久光「◎は他馬に譲りましたが、僕もアルアインの皐月賞は、内容的には本物の強さだったと見ています。ディープ産駒の割には反応が少し遅いところがあるので、距離延長自体も問題ないと思いますよ」


板子「僕も同じく○にとどめましたが、アルアインが皐月賞で見せた持久力は2400mにも対応できるのではないでしょうか。今回もそれほど人気にならないのなら、むしろ買いですね」


デスク「意外な人気薄と言えば、皐月賞の2・3着馬にも同じことが言えそうだが」


那谷ペルシアンナイトの皐月賞は、スタートで後手を踏みながら、道中で内から巧くポジションを上げて一旦は抜け出す形。ラスト1000mから動くキツい競馬だったこともあって、疲労の回復には少し時間がかかったようだけど、皐月賞と同じくらいの状態で出走できると思うよ。ただ、気になるのはダービーでテン乗りだった馬の勝利が60年以上ないこと。3年連続のリーディング、戸崎圭騎手が乗るとはいえ、プラス材料とはならないだろうな」


小野智「そのリーディングジョッキーですが“全く初のお手合わせですが、今年のメンバーで抜けている馬が見当たらないので、噛み合えばチャンスはあると思っています。ここ2週の動きも良かったと聞いているので、結果を出したいです”と。人気薄の気楽さ、という点でも押さえておくべきでしょうね」


坂倉ダンビュライトの皐月賞も、僕は“強い3着”だったと思います。東京へのコース替わりも間違いなくいいタイプですし、何より最内枠での武豊騎手が大仕事してくれるはずですよ」


守屋「僕も、枠順込みで▲を打ったんですが、ペースが遅くスタート後に掛かり気味だった朝日杯FS以外は大崩れしてませんし、好枠を生かせば食い込める力はあると思います。ダービー5勝、勝ち方をよ〜く知っている武豊騎手なら、立ち回り方もわかっているでしょうね」


瀬古「皐月賞は、4角で外へフラれて、ゴール前でも勝ち馬に寄られるロスがありましたから、坂倉君が言うように負けて強しです。“マイラーかなと思った時期もあったが、2000mのここ2戦でいい走りができているからね。母系を考えれば、距離が延びて更に良さが出る可能性は十分にあるよ”と言う音無師は、もう一頭、正確にはもう二頭抱えているのでさすがに“勝てる”とまでは言い切りませんでしたが、皐月賞の池江寿厩舎から、今度は音無厩舎が“親子丼”を決めるシーンも十分ありますね」


デスク「あ〜腹へってきた。ふわふわトロトロのが食べたいな」

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」

競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント