IDでもっと便利に新規取得

ログイン

錦織圭・独占インタビュー(前編)
冷静に見据える世界1位との距離

“憧れ過ぎていた”フェデラーの存在

世界トッププレーヤーの一員となった錦織も、オフコートでは一転、自然体の青年に戻る
世界トッププレーヤーの一員となった錦織も、オフコートでは一転、自然体の青年に戻る【坂本清】

 ロジャー・フェデラー。18回のメジャー優勝を誇り、35歳にして今なお世界を魅了し続ける“史上最強のオールラウンダー”は、錦織が幼いころから憧れてきた選手でもある。


 二人が最初にツアーで相まみえたのは11年秋のスイス・インドア。極東の小さな島国からやってきた当時世界31位の青年は、世界4位に果敢に挑むも1−6、3−6でストレート負け。2度目の対戦となった13年のマドリード・オープン、続く翌14年のマイアミ・オープンでは、ともにフルセットの末に金星をつかんだが、過去7度の対戦で錦織が勝利したのはこの2回のみ。直近の今年1月の全豪オープン4回戦では、第1セットを先取したものの、その後2セットを奪われる苦しい展開。最終セットまで持ち込んだが粘り切れず敗戦した。


 希代の天才と対等に戦うことは、どのプレーヤーにとっても容易なことではない。しかし、フェデラーを羨望(せんぼう)のまなざしで見続けてきた錦織にとっては、少し違った“難しさ”があったようだ。

憧れのフェデラー(左)と7度目の対戦となった1月の全豪オープン
憧れのフェデラー(左)と7度目の対戦となった1月の全豪オープン【坂本清】

佐藤 1月の全豪オープンでフェデラーとフルセットで対戦したけど、その時はどう感じながらプレーしていたの?


錦織 最初は余裕で勝てると思ったけど、全然甘くはなかった(苦笑)。


佐藤 圭は16、17歳の若い時に(ラファエル・)ナダルやフェデラーのヒッティングパートナーをやらせてもらったりしていたよね。その人たちと実際に対戦するのはどんな気持ち?


錦織 最初の方はやっぱり気持ち的にすごく大変だった。“夢の人たち”に勝たないといけないというのがね。「勝ちに行く試合」と「ただやりに行く」試合はかなり大きな差があるから、「勝ちに行く」と自分に言い聞かせるのがちょっと時間はかかったかな。


佐藤 憧れ過ぎていた?


錦織 うん。

プライベートでも親交の深い二人。食事を取りながらの会話も弾む
プライベートでも親交の深い二人。食事を取りながらの会話も弾む【坂本清】

佐藤 ちなみに好きな選手は、ヒチャム・アラジ(※注)でしょ?


錦織 ハハハッ! よく分かっているね(笑)。


佐藤 だって、僕も好きだったよ。


錦織 うそ!?


佐藤 圭も好きだと知って、「わぁ、アラジが好きなんだ! 一緒だ!」と思ったもん。憧れの選手の中でも一番見ていた選手は? 


錦織 やっぱりフェデラーかなぁ……。今も(プレーを)見るしね。


 プロに転向して10年。今や“夢の人たち”と肩を並べるまでに成長した錦織は、どんな未来図を描いているのか。後編では錦織が見据える将来像に迫る。


(※注)90年代〜2000年代に活躍したモロッコ出身のテニスプレーヤー。変幻自在にボールを操る芸術的なプレーが特徴。07年に現役を引退。

◆◆◆ スポナビライブ番組情報(PR) ◆◆◆

◆THE PLAYER 〜 錦織圭オリジナルインタビュー 〜◆

5月20日(土)〜6月24日(土)毎週土曜日AM10時配信

構成:スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント