sportsnavi

武豊キタサンは3位、対するサトノは…
穴馬もランクイン天皇賞春調教BEST5

天皇賞(春)

 競馬専門紙「優馬」プレゼンツ『調教BEST5』。天皇賞(春)出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。キタサンvs.サトノの第2ラウンドは果たしてどちらに軍配が上がるのか…? 各馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

第5位 トーセンバジル

前走時よりさらに状態が上がっているトーセンバジル(撮影:日刊ゲンダイ)
前走時よりさらに状態が上がっているトーセンバジル(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

13)トーセンバジル

牡5 (栗)藤原英昭

[好気配]四位27日栗CW重

66.7 - 51.3 - 37.4 - 12.4 (6)強目先着

気配…A 動き…A 総合評価…87点

軽快な動きで楽に先着。調子の良さが目立つ1頭。


 前を行く僚馬を大きく後ろから追走し、直線では楽に先着。映像からもハッキリと分かるように、胸前の筋肉ははち切れんばかり。それでいて動き自体は軽快。前走時の追い切りよりも走りのバランスが良くなってきた印象もある。


田代助手「強すぎず軽すぎず良い調整。この馬らしい反応と動きだったし、順調にきている。」


パドックここをCHECK→パドックでは周りを気にする面があるので集中して歩けているかを要チェック。馬体重の数字よりも見た目のボリューム感を重視したい。

第4位 シャケトラ

充実ぶりが目を見張る4歳馬シャケトラ(撮影:日刊ゲンダイ)
充実ぶりが目を見張る4歳馬シャケトラ(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

1)シャケトラ

牡4 (栗)角居勝彦

[好気配]助手26日栗CW良

67.3 - 51.6 - 37.6 - 11.6 (7)G強先着

気配…A 動き…A 総合評価…88点

仕掛けてからの反応鋭く、伸び脚はシャープ。


 先週と同様にCWコースで僚馬を追走する形。併せた相手は違うものの、今週は楽な手応えでアッサリと抜け出してきた。まだキャリアの浅い馬だが、調教からはそのような印象は全く受けない。目下の充実度は高い。


辻野助手「1週前に長めから。今週もコースでしっかりやれた。良い状態で臨めると思う。」


パドックここをCHECK→前走が馬体減だったことを考えればプラス体重でも問題ない。外目を大きな歩幅で力強く歩けていればOK。

第3位 キタサンブラック

最終追い切りでも順調ぶりをアピールしたキタサンブラック(撮影:日刊ゲンダイ)
最終追い切りでも順調ぶりをアピールしたキタサンブラック(撮影:日刊ゲンダイ)【(C)競馬専門紙「優馬」】

3)キタサンブラック

牡5 (栗)清水久詞

[好気配]黒岩26日栗CW良

(6)82.4 - 66.6 - 52.5 - 38.8 - 12.2 (7)G強先着

気配…A 動き…A 総合評価…90点

馬体のハリは上々、動きも力強く前走の反動はない。


 一見するとフワッとした走りに見えるが、それでもシッカリとした時計が出るのは一完歩が大きいから。それがひとえに長距離適性としても現れているのだろう。最終追いは軽く仕掛けたくらいだが、アッサリと先着。前走の反動はない。


清水久師「抜け出してフワッとしたのはいつもの事。先週しっかり負荷を掛けて良い状態。」


パドックここをCHECK→馬体重の割にスラッと見せる馬だが、前走はこれまでで最高馬体重。多少は体が絞れていてもいい。周回中に少し口を割るくらいならいつも通りだろう。

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント