IDでもっと便利に新規取得

ログイン

侍ジャパン、東京での激闘譜
〜写真でプレーバック〜

アプリ限定

 第4回ワールド・ベースボール・クラシックを戦う野球日本代表「侍ジャパン」。3月7日、東京ドームで開幕した1次ラウンド、同じく東京ドームを舞台にした3月12日からの2次ラウンドを6連勝で突破し、アメリカで行われる決勝ラウンドへ進出した。2大会ぶり3度目の世界一奪還を狙う侍ジャパンの東京での戦いぶりを写真で振り返る。

1次ラウンド:3連勝で1位通過

■3月7日 日本11−6キューバ

5回に3ランを放った松田。8番打者ながら4安打4打点の大暴れだった
5回に3ランを放った松田。8番打者ながら4安打4打点の大暴れだった【写真は共同】

キ 0 0 1 0 0 0 3 2 0 = 6

日 1 0 0 1 5 0 2 2 X = 11


(バッテリー)

キ:エンテンザ、イエラ、J・ガルシア、R・マルティネス、J・マルティネス、サンチェス - モレホン、アラルコン

日:石川、則本、岡田、平野、秋吉、牧田 - 小林

(本塁打)

日:松田1号3ラン(5回)、筒香1号2ラン(7回)


 日本が重圧のかかる大会初戦を制した。同点の4回に山田のタイムリー二塁打で勝ち越し。5回には松田の3ランなどで一挙5点を追加すると、7回にも筒香に2ランが飛び出すなど11得点を挙げた。投げては先発・石川が4回1失点と好投。6人の継投でキューバ打線の反撃を断った。

先発・石川はシンカーを効果的に使った投球で4回1失点と好投した
先発・石川はシンカーを効果的に使った投球で4回1失点と好投した【写真は共同】
初回、無死一二塁のピンチで、菊池が強烈な打球を横っ飛びで好捕。ダブルプレーで切り抜けて、日本へ流れを呼び込んだ
初回、無死一二塁のピンチで、菊池が強烈な打球を横っ飛びで好捕。ダブルプレーで切り抜けて、日本へ流れを呼び込んだ【写真は共同】
同点の4回2死二塁、「1番・DH」の山田がレフトへの勝ち越しタイムリー二塁打を放った
同点の4回2死二塁、「1番・DH」の山田がレフトへの勝ち越しタイムリー二塁打を放った【写真は共同】
7回に豪快な2ランを放った4番・筒香。初回のタイムリーと合わせて2安打3打点の活躍だった
7回に豪快な2ランを放った4番・筒香。初回のタイムリーと合わせて2安打3打点の活躍だった【写真は共同】

■3月8日 日本4−1オーストラリア

2試合連続2ランの筒香をたたえる中田
2試合連続2ランの筒香をたたえる中田【写真は共同】

日 0 0 0 0 1 0 1 2 0 = 4

オ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 = 1


(バッテリー)

日:菅野、岡田、千賀、宮西、牧田 - 小林

オ:アサートン、L・ウェルズ、ウィリアムズ、ケネディ、サール、ローランドスミス - デサンミゲル

(本塁打)

日:中田1号ソロ(7回)、筒香2号2ラン(8回)

オ:デサンミゲル1号ソロ(2回)


 日本は1点を追いかける5回に松田の犠牲フライで同点に追いつく。7回に中田のソロ本塁打で勝ち越すと、8回には筒香の2試合連続2ランで突き放した。投げては先発・菅野が5回途中1失点の好投。その後は4投手の継投で無失点に抑えた。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント