新強竜打線の4番・ビシエドの打撃論 球団創設80周年に5年ぶりの歓喜を

ベースボール・タイムズ

メジャーリーガーの品格と愛される要素

谷繁監督(左から二人目)もビシエド(右端)の対応力の高さを評価 【写真は共同】

 ビシエドの獲得総資金は、契約金と年俸を合わせて推定1億9400万円。ここまで自慢の打撃はもちろんのこと、守備や走塁においても隙が無いところを見せており、満を持しての大型補強は大成功といえるだろう。

 昨季こそメジャー出場はなかったが、ホワイトソックスに在籍していた12年にシーズンには25本塁打、14年にも21本塁打などメジャー通算66本塁打を放っている。その実績は、打席内での“余裕”と“風格”につながっている。

 打席内での立ち振る舞い。ビシエドは、際どい内角攻めにも苛立つことなく、三振に倒れてもバットやヘルメットをたたきつけることはしない。最近では勝負を避けられる形での四球が多くなっているが、「打ちたい気持ちもあるが、そういうときこそ落ち着いているんだ。四球はチームのためにもなるから、四球を選んだときはヒットを打てたんだという気持ちでいる。だから打席には落ち着いて入れているよ」と焦る素振りも見せない。その上で、周囲に対してエラぶる態度もなく、二塁打を放った際にレガースを受け取りに来たボールボーイにお辞儀で感謝の意を表す誠実さは、今後も日本のファンから愛される要素になるだろう。

気になる来季の去就もまずは歓喜を!

 その打棒で新強竜打線を引っ張るビシエドに対しての興味は、今季の活躍を通り越して、早くも来季へと向けられている。待望のスラッガーの去就に敏感になる理由は、12年のオフに横浜DeNAに移籍したトニ・ブランコの件があるからだ。新天地に飛び立ったブランコは、新シーズンで打率3割3分3厘、41本塁打、136打点の大爆発を見せ、竜党たちは苦汁をなめさせられた。まだ、まだ27歳と年齢も若いことから、メジャー球団からのオファーの可能性もある。中日球団としては、ビシエドの活躍をサポートするとともに、いかにして残留交渉を成功させるかが重要になる。

 過去、タイロン・ウッズとは推定年俸5億円で2年契約を結び、4年目には6億5800万円という破格の条件もあった。打率ランキングでトップを走っていた来日1年目のエクトル・ルナとは、開幕から約2カ月後という異例の早さで2年契約にこぎつけた前例もある。ナゴヤドームでもホームランの量産を可能とする類い稀なスラッガーであるビシエドを簡単に手放すことは許されず、落合博満GMの手腕も試されることになる。

 とはいえ、まずは今シーズン、今はその豪快な打棒を愉しもうではないか。ビシエドが本塁打王を始めとするタイトルを獲得するような活躍を見せ、その勢いがチーム全体に波及すれば、5年ぶりの覇権奪回も現実味を増してくるはずだ。球団創設80周年。頼もしい背番号66が、メモリアルイヤーのカギを握っている。

(文・高橋健二/ベースボール・タイムズ)

2/2ページ

著者プロフィール

ベースボール・タイムズ

プロ野球の”いま”を伝える野球専門誌。年4回『季刊ベースボール・タイムズ』を発行し、現在は『vol.41 2019冬号』が絶賛発売中。毎年2月に増刊号として発行される選手名鑑『プロ野球プレイヤーズファイル』も好評。今年もさらにスケールアップした内容で発行を予定している。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント