ゴルフ界が抱える五輪のジレンマ
メジャー優勝の目標と揺れる選手の思い

違和感のある出場資格と競技方式

リオ五輪の日本代表入りが確実視される松山だが、選手の思いは複雑なようだ
リオ五輪の日本代表入りが確実視される松山だが、選手の思いは複雑なようだ【Getty Images】

 ゴルフが112年ぶりにリオデジャネイロ五輪で正式競技に復帰する。それを機会に減少するゴルフ人口に歯止めを掛けるためにも、ゴルフ関係者の誰もが、リオでの起爆剤となるような盛り上がりを期待している。しかし、そのために講ずるこれといった決め手となる方策もなく、どことなく静観している様子にも見える。ゴルフが正式競技だったのは100年以上も前であり、誰ひとりとして、それを経験した者がいなのだから無理はない。


 ゴルフが2016年と2020年の五輪の正式競技になると決定したのは、09年10月にコペンハーゲンで行われたIOC(国際オリンピック委員会)総会でのことだった。


 それは、まだタイガー・ウッズの全盛時代で、誰もがタイガーの雄姿をリオで見られると期待したし、タイガー本人も「そのとき、僕は40歳になっているけど、国を代表してブラジルに行けるならものすごく楽しみだ」とコメントしていたものだ。


 だが、その時点では、競技形式も出場人数も選考方法も確定しておらず、ようやく詳細が決定となったのは14年だった。全英オープンが行われていたロイヤルリバープールで国際ゴルフ連盟(IGF)が以下の発表を行ったのだ。


●競技形式はストロークプレーの個人戦とする。

●出場選手は2016年7月11日時点での世界ランキングで選出され、出場枠は男女ともに60人までとする。

●世界ランク15位までの選手は1カ国4人を限度とする。

●世界ランク16位以下は1カ国2人まで出場できる。ただし、15位以内に1人が入っている国は1人として、合計2人までとする。

●ホスト国ブラジルは最低でも1人の出場を保証する。

●5大陸(アフリカ、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニア)から最低でも1人の出場を保証する。


 以上の発表に対して、ワールドカップのような国別対抗戦ではなかったため、出場資格と競技形式に違和感を持った者も少なくなかった。


 60人の出場で、予選落ちなしの4ラウンドのストローク競技なら、世界ゴルフ選手権(WGC)のキャデラック選手権やブリヂストン招待とほとんど同じだ。しかし、IGFのピーター・ドーソン会長は「最も多くの国が参加できる選考方法」と説明。世界でのゴルフ普及を考えた上でのプランだとしたのだ。

議論の余地さえない選手選考

 五輪の選手選考は、競技によって異なり、場合によっては国民的な関心を集め、物議を醸すことさえある。ゴルフの場合は、今年の7月11日の世界ランクで最終的に代表が決まるため議論の余地さえない。


 現状(1月12日現在)では、男子の場合、米国国籍の選手が世界ランク15位以内にジョーダン・スピースを筆頭に8人が入っており、リオに4選手が送り込まれると見られている。ちなみにタイガーは同420位で、はるかに圏外になってしまった。


 女子は15位までに韓国勢が8人で、やはり代表が4人になるのは間違いないだろう。現在、その15位に位置しているのは、昨年の日本ツアー賞金女王のイ・ボミだ。昨年は「賞金女王になる」という亡き父との約束を果たすため日本ツアーに専念したイ・ボミだが、今年は「リオに出たい」と積極的に海外メジャーに出場すると明言している。

久保田千春

1948年東京生まれ。長らく週刊ゴルフダイジェストでトーナメント担当として世界4メジャーを始め国内外の男子ツアーを取材。91年から今も続く週刊ゴルフダイジェストの連載「ノンフィクションファイル」を立ち上げ担当して編集作業を行う傍ら自らも執筆。フリーとなった今も同連載に寄稿している。2007年にアマチュアだった石川遼のツアー優勝以後、石川勝美氏の依頼により「バーディは気持ち」の編集作業を担当し、その過程で石川家と親しく交流するようになった。それが縁となり武蔵野千のペンネームで週刊ゴルフダイジェスト連載の「遼くん日記」の原作を08年から12年まで執筆。現在は同誌で「迷ったとき、ユハラにかえれ!」を執筆中。91年に当時のツアーオブジャパンの依頼で日本ゴルフ雑誌記者協会を創立し、ゴルフダイジェストを退職した08年まで同協会会長を務める。また、ここ20年ほど世界ゴルフ殿堂に委嘱されインターナショナル部門の選考も行っている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント