sportsnavi

今度こそGET WILD解散!? 1.2後楽園で船木組が挑戦=全日本プロレス
船木への次期挑戦権を懸けて、曙とジョーが一騎打ち!!
GET WILDの征矢(左)、大森(左から2人目)は解散を回避できるか
GET WILDの征矢(左)、大森(左から2人目)は解散を回避できるか【全日本プロレス】

 12月12日(水)、都内にある事務所で全日本プロレスが記者会見を実施。世界タッグ王者の大森隆男&征矢学のGET WILDとSTACK OF ARMSの船木誠勝&河野真幸が出席し、『2013 新春シャイニング・シリーズ−NEW YEAR 2DAYS−』の初日にあたる1.2後楽園大会で世界タッグ王座戦を行うことを発表した。


 前日の『40th ANNIVERSARY FINAL TOUR』の最終戦・長野大会で船木は征矢を挑戦者に迎え三冠戦を敢行。これを見事に破り、3度目の王座防衛を果たした。本来ならば、挑戦を受ける時に約束した条件に従い、敗れた征矢は大森とのGET WILDを解散しなければならなかった。

 だが、STACK OF ARMSによるベルト独占を狙う船木はその要求を撤回。両者に世界タッグ王座をかけて闘うことを約束させ、これに敗れた場合はGET WILDを解散させるという要求を改めて出したのだ。GET WILDがこの要求を受諾したために、全日本サイドも両軍による世界タッグ王座戦をマッチメイク。2013年一発目の大会でタイトルマッチを行うことになった。

GET WILD不満「解散というのはちょっと」

 よくよく考えれば、GET WILDが王座を持っている限り、チームを解散しても、タイトルマッチの時にはタッグを結成しなければならない。これでは現時点では解散させても意味がない。しかし、世界タッグ王座を奪ってしまえば、二人が組む理由もなくなる。船木はこのタイトルマッチに勝利することによって、GET WILDを本気で解散に追い込むつもりなのだ。

 これにはパートナーの河野も異存なし。現在、STACK OF ARMSで唯一ベルトを持っていないだけに、「いい形で二人からベルトを剥奪して、STACK OF ARMSのベルト独占計画に一歩進みたい。これで取れればみんなに追いつく」とモチベーションも高い。


 受ける王者のGET WILDも「今まで俺たちは名乗りをあげてきたチームを拒否したことは一度もない」(大森)、「追い込まれている状況だけど、俺たちの戦場で防衛したい」(征矢)と望むところのようだ。ただし、解散を懸けられることに関してはイマイチ納得がいっていない様子。「ファンの人が『解散しろよ』とか『いつまで組んでんだ』っていう意見があれば従うけど。俺たちはワイルドの道を突き進むだけ。懸けるのはベルトだけだと思う」と大森は不満気だ。一方の征矢も、「解散というのはちょっと考えていなかったです」とトーンダウンしてしまった。

 しかし、船木がそれを受け入れるはずもない。「いろいろな意見があっていいと思います。そのために闘うんですから。勝てば自分の意見が正しくなる」と、力ずくでGET WILDを解散に追い込む腹づもりだ。

 いずれにしろ、世界タッグ王座の行方、そしてGET WILDの存続は来年の1月2日に決定する。

「どうにかして投げたい」船木、曙相手でも投げる!

 また、船木の三冠王座の4度目の防衛戦も決定。現在名乗りをあげている曙とジョー・ドーリングが1月3日の後楽園大会で次期挑戦者決定戦を行い、1.26大田区大会でその勝者を相手に防衛戦を行う。

 船木は、「二人とも大きいので今まで通りにはいかないと思いますけど、なんとか攻略したいですね。防衛の記録を目指しているので」とコメント。これまでの相手とは段違いに大きな二人を相手にするために、必殺のハイキックやハイブリット・ブラスターが決まらない可能性がある。「ハイキックは届かないし、そこが壁」と船木。特に超巨漢の曙に関しては、「イメージもつかないですね」と攻略法を考えあぐねている様子だが、「でも、持ち上げて、どうにかして投げたい」と、ハイブリッド・ブラスターによる勝利を予告していた。

■全日本プロレス『2013 新春シャイニング・シリーズ−NEW YEAR 2DAYS−』

1月2日(水)東京・後楽園ホール 試合開始12:00


<世界タッグ選手権試合 60分1本勝負>

[第64代王者組/GET WILD]大森隆男、征矢学

[挑戦者組/STACK OF ARMS]船木誠勝、河野真幸

※大森&征矢組は2度目の防衛戦


<世界ジュニア・ヘビー級&GHCジュニア・ヘビー級ダブル選手権試合 60分1本勝負>

[第33代世界ジュニア・ヘビー級王者]大和ヒロシ

[第25代GHCジュニア・ヘビー級王者]近藤修司(チーム・ディストラクション/チーム246)

※大和は6度目の防衛戦、近藤は3度目の防衛戦



■全日本プロレス『2013 新春シャイニング・シリーズ−NEW YEAR 2DAYS−』

1月3日(木) 東京・後楽園ホール 試合開始12:00


<GAORA TV チャンピオンシップ 60分1本勝負>

[初代王者]真田聖也

[挑戦者]本間朋晃(ターメリック・ストーム)

※真田は3度目の防衛戦


<アジアタッグ選手権試合 60分1本勝負>

[第89代王者組]田中稔、金本浩二(STACK OF ARMS/ジュニア・スターズ)

[挑戦者組]カズ・ハヤシ、近藤修司(チーム246)

※田中&金本組は2度目の防衛戦


<次期三冠挑戦者決定戦 シングルマッチ>

曙(SMOP)

ジョー・ドーリング(LAST REVOLUTION)

※勝者が次期三冠ヘビー級王座への挑戦者となる



■全日本プロレス『2013 新春シャイニング・シリーズ』最終戦

1月26日(土)東京・大田区総合体育館 試合開始17:00


<三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負>

[第45代王者]船木誠勝(STACK OF ARMS)

[挑戦者]1.3後楽園ホール大会で開催される曙vs.ジョー・ドーリングの勝者

※船木は4度目の防衛戦

全日本プロレス

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント