守備に奮闘の岡崎、評価は伸びず=ブンデスリーガ第28節 日本人選手の通信簿

ミムラユウスケ

チーム同様、攻撃では苦しむ

岡崎(右)は守備で奮闘。チームの勝ち点1獲得に貢献した 【Bongarts/Getty Images】

 シュツットガルトは2日、ここに来て調子を上げているブレーメンとのアウエーゲームに臨んだ。岡崎は左MFとして先発フル出場を果たした。

 シュツットガルトは13分にこぼれ球をハイナルが押し込んで先制するも、終始ブレーメンにペースを握られ、34分には同点に追いつかれる。その後もブレーメンの猛攻を受け、ゴールシーン以外に6度も決定機を作られた。放ったシュートはシュツットガルトの6本に対して、ブレーメンは27本。しかし、シュツットガルトは何とか1−1の引き分けに持ち込み、辛うじて勝ち点1をつかみとった。

 岡崎は左サイドを何度も往復して、相手にプレッシャーをかけ、スペースを消すなど守備で奮闘した。だが、うまくフィニッシュにつなげられなかったチームと同様に、攻撃では苦しんでいた。

「ブレーメンのような相手にシュートを打ちたい」

<岡崎のコメント>

――試合の感想は?

 自分自身も体が動かない場面もあったし、1−1で良かったんじゃないかという内容だった。危ない場面もいっぱい作られたし。それでも、ここで守り切れているというのはポジティブに考えていいと思う。ほかのチームが負けたりしている中で、引き分けに持ち込めているというのは悪くない。

――残留争いをする中で、失点につながるミスに気をつけようという意識もある?

 まあ、ミスがないことがいいことなんですけど、もっとミスを恐れないプレーというか……そういうのができれば強みになっていくのかなと思うんです。(今日は)1対1になるような場面が少なかったので、そういうシーンをもうちょっと作り出せるように、チームとしてもしたい。ブレーメンはバランスも良かったし、強かったと思いますけどね。こういうチームを相手に、シュートを打ちたい。自分で仕掛けられるところもあると思うし、そこのところは練習ですね。

――ブレーメンのような相手にシュートまで持っていくためには?

 やっぱり、クロスに対してもっと入っていくというか……。ここだ、というときに疲れて入っていけないときがあるので。そういうときに、前にグッと入れればブンデスリーガでも点を取れるのかな。あとは、不利な状態でも仕掛けてみる。相手の間を割ってみたりとか。今はパスではあまりミスすることなくできているけど、そこでミスをしてもいいから、一回くらいドリブルで突破していくとかね。そうすれば、見せ場は大きくなるかなと思います。

<ドイツメディアの評価>

・『キッカー』誌(スポーツ専門誌)5点

・『ビルト』紙(全国紙)5点

・『エクスプレス』紙(地方紙) 3点

※ドイツの採点方式では1が最高、6が最低点

1/2ページ

著者プロフィール

ミムラユウスケ

金子達仁氏のホームページで募集されていた、ドイツW杯の開幕前と大会期間中にヨーロッパをキャンピングカーで周る旅の運転手に応募し、合格。帰国後に金子氏・戸塚啓氏・木崎伸也氏が取り組んだ「敗因と」(光文社刊)の制作の手伝いのかたわら、2006年ライターとして活動をスタートした。そして2009年より再びドイツへ。Twitter ID:yusukeMimura

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント