チームの危機を救ったルーキー今村=V・プレミアリーグ
喜びと悔しさのつまった1年目

最大のピンチでの起用

V・プレミアリーグ男子ファイナル、試合終了後、今村(左)は悔しさでいつまでも涙が止まらなかった
V・プレミアリーグ男子ファイナル、試合終了後、今村(左)は悔しさでいつまでも涙が止まらなかった【坂本清】

 11日に行われたバレーボールのV・プレミアリーグファイナル、パナソニックvs.堺。パナソニックのリードで迎えたマッチポイント、エンダキ・エムブレイ(堺)のスパイクがブロックにかかり、ボールがコートに落ちた瞬間、堺のセッター、今村駿は両手で頭を抱え、その場に泣き崩れた。MVPに選ばれたパナソニックの清水邦弘がインタビューを受けている間も、歓喜の胴上げが行われている間も、フロアにうずくまり、ひざを抱えたまま肩を震わせている。チームメートが次々と今村にねぎらいの声を掛けるが、その温かい言葉に再び顔をゆがめ、タオルをかぶって泣きじゃくった。


 試合後、堺の酒井新悟監督は語った。

「今村は内定選手という立場ながら、故障者が多い中で、よくここまでチームを立て直してくれました。本当に頑張ってくれた。彼の無我夢中なプレーを見て、周りの選手が彼をカバーしようと奮起した。その相乗効果でチームが一つにまとまり、ここまで勝ち進んでこられたのだと思います」


 堺に衝撃が走ったのは開幕1カ月後の1月16日だった。正セッターの金井修也が試合中に左手第四指中手骨を骨折。全治10週間の大けがだった。チームに残されたセッターは、昨シーズン試合出場のない22歳の島田桃大と、順天堂大在学中の内定選手、今村のみ。「7位、8位という順位が頭をよぎった」(小田勝美部長)。最大のピンチに、酒井監督は公式プログラムにもまだ名前が記載されていない、チームで最も大きな背番号をつけた今村に白羽の矢を立てる。

今村「コートに立てるのが楽しかった」

内定選手ながら、司令塔としてファイナル進出に貢献。コートに立つ楽しみと、優勝を逃す悔しさをともに味わった1年目だった
内定選手ながら、司令塔としてファイナル進出に貢献。コートに立つ楽しみと、優勝を逃す悔しさをともに味わった1年目だった【Photo:AZUL/アフロ】

 堺にとっては試練続きのリーグ戦だった。その後もミドルブロッカーの松本慶彦がじん帯を損傷、伊藤信博も左足を骨折。2月には助っ人のエンダキまでもが左足の中指を骨折し、戦線を離脱した。レギュラー4人を欠いた苦しい戦いの中、今村は献身的なトスで北島武、石島雄介ら両レフトの活躍を演出し、第2レグを6勝1敗、第3レグを4勝3敗の好成績で通過する。「打ちやすいトスなのでアタッカーのストレスが少ない」(北島)「何よりムードがいい」(酒井監督)とチームの窮地を救い、4強入りの大きな原動力となった。

 今村はリーグをこう振り返る。

「こんなに早く出番が回ってくるとは正直、思ってもみませんでした。でも周りのアタッカーに“どんなトスでも打ってやるから”と言われ、心にゆとりができました。リーグの中盤、相手に自分の配球が分析されているんじゃないかと、考え過ぎて何度か壁にぶち当たりましたけど、『内定選手なのに出させてもらっているんだ』という感謝の気持ちの方が大きかった。大学時代はあまり試合に出られなかったので、とにかくコートに立てるのが楽しかったです」


 中学1年からバレーを始め、セッター一筋でやってきた。順大は主にツーセッター制を用いていたため、大学リーグでの今村の出番は少なかった。V・プレミアリーグでプレーしたいと願ったが、進路が決まる時期になっても、声を掛けてくれるチームは一つもない。そこで、堺の夏合宿に自らテスト生として参加し、やっと契約にこぎつけた。そんな今村にとって、国内最高峰の試合でトスを上げることはプレッシャーよりむしろ喜びだったと話す。


 優勝決定戦の直後、最優秀新人賞の受賞者として今村の名前が呼ばれると、堺はもちろん、パナソニックの応援席からも大健闘したルーキーに大きな拍手が送られた。トロフィーを受け取り、記念撮影をする間も、最後まで今村の表情は硬いままだったが、その働きをベンチで見守ったセッターの金井はきっぱりと言った。

「今村がいたから、ここ(優勝決定戦)まで来ることができたんです」

 新人セッターにとって長く、濃い体験となったリーグ戦は準優勝という結果で幕を閉じた。

リベンジを誓うルーキー

日本代表メンバーに初めて選出された今村。今後どのような活躍を見せてくれるだろうか
日本代表メンバーに初めて選出された今村。今後どのような活躍を見せてくれるだろうか【坂本清】

 4月12日に今年度の全日本メンバーが発表され、今村は初めての代表入りを果たした。来る4月30日には黒鷲旗が開幕し、今度はグループ戦と、一発勝負のトーナメント戦で頂点を目指すことになる。V・プレミアリーグでは、試合の終盤、競った場面での配球に課題を残した。課題をどう受け止め、いかに克服しようとしているのか、今後はそのトスワークに注目が集まることだろう。

「セミファイナル以降のトスは反省ばかりです。勝負どころでの相手ブロックの読みと、それを見抜けなかった自分の配球が勝敗を分けてしまった。もっとアタッカーを信じてトスを上げられるセッターになりたいです」


 コートに立てる喜びと、目の前で優勝を逃す悔しさ、両極を味わったルーキーは、次の舞台でリベンジを誓っているに違いない。


<了>


■プロフィール

今村駿/堺ブレイザーズ所属

1987年7月20日生まれ。千葉県出身。東京学館総合技術高−順天堂大。身長181センチ、最高到達点330センチ。ポジションはセッター。東京学館総合技術高時代の最高戦績は3年時インターハイで全国第3位。順大では主将を務める。2009−10V・プレミアリーグで最優秀新人賞を受賞。

市川忍

フリーランスライター/「Number」(文藝春秋)、「Sportiva」(集英社)などで執筆。プロ野球、男子バレーボールを中心に活動中。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント