IDでもっと便利に新規取得

ログイン

補欠から這い上がった“ドライチ”
千葉ロッテ1位・荻野貴司の歩み

社会人で安定した成績を残しドラフト上位候補へ

今夏の都市対抗2回戦で1本塁打を含む5安打を放ち、ヒーローインタビューを受ける荻野
今夏の都市対抗2回戦で1本塁打を含む5安打を放ち、ヒーローインタビューを受ける荻野【島尻譲】

 大学時代も下位指名ながら複数球団が荻野に関心を示していた。しかし、「トヨタ自動車への内定も決まっていたし、正直、自信がなかったんです」とプロ志望届けを提出するに至らなかった。大学でチームメートの宮西尚生が大学生・社会人ドラフトで北海道日本ハムに3位で指名された時も悔しさや嫉妬心はなかった。ただ、2年後には同じ夢の舞台へ、という気持ちを高める。そして、トヨタ自動車に入社して、揺るぎない自信をつかんだのである。

 俊足を生かすために、遊撃手から外野手にコンバート。野球人生で初めての外野守備(※世界大学野球選手権で暫定的に経験している)に「打球の判断も難しく、当初は不安で仕方がなかった」という懸念こそあったが、ルーキーイヤーから常時出場のチャンスを与えられたのは幸いだった。もちろん、そのチャンスで結果を残した荻野も立派であり、入社早々の長野大会で首位打者賞、都市対抗(三菱重工名古屋の補強選手)でも1番打者として東京ドームデビュー。「3番・レフト」で出場した日本選手権では、準決勝(日本生命戦)で本塁打を放つなどチームの大会2連覇に貢献する。年間を通して安定した活躍に社会人ベストナイン(外野手)にも輝き、社会人野球総合情報雑誌『GRAND SLAM』(小学館/年2回発刊)の表紙も飾った。

 社会人2年目となったことしもその安定感は変わらず。都市対抗直前にひざを痛めて、アジア大会の日本代表こそ辞退することになったが、都市対抗2回戦(日本新薬戦)では本塁打を含む1試合5安打の大暴れ。大会準優勝の中心選手となり、ドラフト上位候補という評価を確固たるものにした。

地道な努力で培ってきた力量と自信

「大学のころ、プロ志望届けを出さなかったので、親もガッカリしていたんですよね。でも、これで親孝行できた。いや、もっと親孝行したいし、お世話になった方々に恩返しをしたいです。社会人最後の日本選手権も3連覇、優勝して終わりたい。2年連続の社会人ベストナインは……取れたらいいですね(笑)」

 大好きな野球を高いレベルで続けられることが素直にうれしい。野球センス抜群とも、器用とも言い難い荻野だが、地道な努力により焦ることなく培ってきた力量と自信がある。前述した宮西や、大学の1学年先輩・清水誉(阪神)、中学時代のチームメートになる加治前竜一(巨人)ら、身近でプレーして来た選手よりも少しばかり遠回りしたかも知れないが、これからも野球の神様は生真面目で控え目だけれども、野球に対して貪欲な荻野のことを見守ってくれるはずだ。今ドラフトの“ドライチ”(ドラフト1位)の高評価は、野球の神様からのささやかな褒美だったと思う。


 荻野が大学野球生活を終えた日の夜、筆者はなぜだか自転車を押す荻野と一緒に歩いていた。将来はプロへ進みたい、自分に何が足りないか、どうすれば成長できるのか。大学野球が終わったばかりなのに、語ることは野球への熱い気持ちだけだったことを忘れない。


<了>

荻野貴司/Takashi Ogino

1985年10月21日生まれ、奈良県出身、172センチ76キロ、右投右打、O型、奈良郡山高−関西学院大−トヨタ自動車。小学4年、明日香フレッシュジュニアズ(軟式)で野球を始める。中学はボーイズリーグ・橿原コンドルに所属。高校時代は奈良県トップクラスの遊撃手と評されたが、甲子園出場はなし。大学時代は1年秋からレギュラーとなり、ベストナイン(遊撃手)を5回獲得した。4年時には世界大学野球選手権で日本代表入り。4年春には関西学生リーグ新記録のシーズン最多17盗塁を記録。大学通算98安打(3本塁打)。トヨタ自動車では外野手に転向して、08年社会人ベストナイン選出。ドラフト指名直後に「千葉ロッテに入団することになりました」と発言するなどの天然キャラで、チーム有数の“いじられ役”。また、端正なマスクに、小柄ながらも見事なまでに鍛え抜かれた体躯。女性ファンも非常に多い

島尻譲

 1973年生まれ。東京都出身。立教高−関西学院大。高校、大学では野球部に所属した。卒業後、サラリーマン、野球評論家・金村義明氏のマネージャーを経て、スポーツライターに転身。また、「J SPORTS」の全日本大学野球選手権の解説を務め、著書に『ベースボールアゲイン』(長崎出版)がある。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント