sportsnavi

ヤクルト打線に高評価も優勝は阪神!?
ギャオス内藤の2016プロ野球展望ver.1
阪神を優勝候補に挙げるギャオス氏。「金本監督が周りをアッと言わせるような采配をしてくれば面白い」とその理由を語る
阪神を優勝候補に挙げるギャオス氏。「金本監督が周りをアッと言わせるような采配をしてくれば面白い」とその理由を語る【写真は共同】

 プロ野球12球団の春季キャンプも折り返しを迎え、いよいよ実戦へと入ろうとしている。スポーツナビでは今季のプロ野球をOBの皆さんに予想してもらい、その予想をもとに読者の皆さんとOBが掲示板で語り合う特別企画「OBが語る!ファンも参加!! 2016年プロ野球順位予想」を開催する。第2回は野村ヤクルト時代に2度の開幕投手を務め、引退後もその豪快なキャラクターで存在感を示しているギャオス内藤氏に、今季のセ・パ両リーグの順位を占ってもらった。

優勝予想は阪神、ソフトバンク

 ギャオス内藤氏の順位予想は以下の通り。


<セ・リーグ>

(1)阪神

(2)東京ヤクルト

(3)巨人

(4)中日

(5)広島

(6)横浜DeNA


<パ・リーグ>

(1)福岡ソフトバンク

(2)北海道日本ハム

(3)埼玉西武

(4)オリックス

(5)千葉ロッテ

(6)東北楽天

金本新監督が奇襲が仕掛けられれば!

内藤 セ・リーグの1位は今年もヤクルト!と言いたいところですけど、面白くなりそうなのは阪神ですね。金本(知憲)監督が周りをアッと言わせるような采配をしてくれば面白い。今年は3チームが新監督になってセ・リーグの6球団全部が40代の監督ということになったけど、その中で奇襲を仕掛けられるのは金本監督だろうと思う。投手陣は揃ってるし、打線も高山(俊)がいきなりレギュラーを獲るようになればさらに面白くなる。


 ヤクルトも強い。今季はバレンティンが最初からいるし、昨季は今一つだった雄平、大引啓次あたりが本来の力を発揮すればすごい打線になる。やばいですよ。問題は中継ぎ、抑えでしょうね。そこを再構築できれば、連覇の可能性は高くなる。何より、相手に“打ち勝てる”という武器があるというのは大きいよ。


 巨人は阿部(慎之助)の捕手復帰がプラス材料にはなるでしょう。投手陣に与える影響は大きいし、やっぱり巨人はまだまだ阿部のチーム。そういう意味では、中日は谷繁(元信)がマスクを被ってないとダメになる。ベテラン勢も引退して戦力が落ちたからね。広島はマエケン(前田健太)が抜けた。まだ大瀬良(大地)に大きな期待は寄せられないですよ。


 ただ、中日は小笠原(慎之介)が楽しみだし、僕が見た中では広島のルーキー・仲尾次オスカルが良かった。そういう新しい選手が出て来れば面白くはなるでしょう。そして最下位はDeNAです。ここは首脳陣がどうなるかですね。言い方は悪いですけど、寄せ集めのコーチ陣で、監督も外国人……。意思統一という部分でかなり時間がかかるんじゃないかなと思う。いかにチームが一つになれるかでしょうね。

大谷翔平と西武に期待だが…やっぱり…

 パ・リーグはもうソフトバンクですね。戦力的にも駒が豊富だし、非常にバランスが取れてる。何よりチーム内での競争が非常にハイレベルで、相手チームに勝つことよりもレギュラーを獲ることの方が難しいくらい。常にそういう中で戦ってるから試合でも常に気を抜くことがない。それがチームの強さにつながっている。


 対抗は日本ハム。ここには力でねじ伏せることのできるピッチャーがいる。大谷翔平がいる。ある意味2位に推す理由はそこだけなんだけど、絶対的な柱がいるというのは非常に大きい。そして今年は西武にも期待したい。メヒアの状態が良さそうだし、浅村(栄斗)がしっかりすれば優勝争いができる。投手陣では、岸(孝之)、(菊池)雄星の2枚がいるし、増田(達至)と高橋(朋己)がバテずに1年間投げて、個人的には野上(亮磨)がリリーフに回れば面白いと思う。


 Bクラスはオリックス、ロッテ、楽天。オリックスは選手うんぬんというよりも首脳陣の問題になると思う。性格的にいい人が多過ぎるので、勝つためにどれだけ厳しく、心を鬼にできるか。ロッテは今江(敏晃)がいなくなった穴を埋められるか。まずは福浦(和也)の2000本安打達成へ盛り上がってもらって、その間に次の若い世代が出て来ることを期待したい。楽天は今江が入って一塁に銀次を使えるというのは大きいけど、戦力的にはどうかなと思う。いつまでもオコエ(瑠偉)の名前ばかりが表に出て来るようでは厳しいでしょうね。

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ
プロ野球の“いま”を伝える野球専門誌。現在は、年4回発行の『季刊ベースボール・タイムズ』に、全国のバッティングセンター配布の『ベースボール・タイムズ バッセン』などを制作中。全国の番記者から、プロ野球のホットな話題をお届けします。2016年2月18日から今年のプロ野球を楽しむための一冊、『2016プロ野球プレイヤーズファイル』を発売!