2/8横浜大会 試合後コメント ジュニアタッグ獲りへHAYATA&Eitaそろって王者狩り なぜか「あずさ2号」熱唱を宣言!?

プロレスリング・ノア
チーム・協会

【PRO-WRESTLING NOAH】

▼大岩がVCタッグリーグへ新兵器“抱え込み式4の字固め"公開 「俺たちにピッタリ」
▼ジェイクが藤田和之との一騎打ちを熱望
▼GHC陥落の拳王が出直しの第1試合出場 大和田とタッグリーグ戦参戦へ


試合詳細、コメントはノアパートナー携帯サイトでご確認ください。

http://dx-sp.gsj.bz

写真提供 プロレス/格闘技DX

〇第1試合・シングルマッチ 拳王 vs 大和田侑

【試合後の拳王、大和田】

▼拳王「GHCヘビー級陥落後、すぐ第1試合…」

▼大和田「(割って入ってきて)拳王さん! 拳王さん! もっと強くなりたいです! 俺にチャンスください! お願いします!」

▼拳王「おい、大和田。お前はまだまだ強くなりたいのか?」

▼大和田「はい!」

▼拳王「そして、チャンスをください? ナメたこと言ってんじゃねーぞ。チャンスは自分で掴み取れ! お前はそのチャンスを掴み取ろうと、俺に言ってきたのか?」

▼大和田「はい」

▼拳王「そうだな。なんか来月からタッグリーグあるみたいだよな。VC Tag League? 急に言われて、何なのかわからないけど、興味なかったけど、出場選手の決め方もよくわからないけど、そいつらも優勝する気なさそうだよな。その中で一番ギラギラしたヤツ、どこにもいねーじゃねえか。おい、大和田。お前はチャンスを掴みに来たのか?」

▼大和田「はい」

▼拳王「お前はNOAHでトップを獲ろうと、チャンスを掴みに来たんだよな?」

▼大和田「はい」

▼拳王「いいか、NOAH。前チャンピオンがタッグリーグ出てやると言ってんだ。優勝したら、GHCタッグチャンピオンに挑戦権あるんだよな。大和田、俺と一緒にこのチャンスを掴み取ろうじゃないか」

▼大和田「お願いします!」

▼拳王「おい、もうこれ決まっただろ。俺と大和田、VC Tag League出てやるからな。俺と大和田、VC Tag Leagueに追加させておけ。そして、大和田。お前はチャンスを掴み切れ」

▼大和田「はい!」

〇第2試合・タッグマッチ 小峠篤司 & Hi69 vs ドラゴン・ベイン & アルファ・ウルフ

【PRO-WRESTLING NOAH】

【試合後のベイン&ウルフ】

▼ウルフ「今日もまたがロス・ゴルペアドーレスが勝った」

▼ベイン「メキシコから世界に羽ばたく俺たちがNOAHで最強のタッグチーム」

▼ウルフ「『Victory Challenge Tag League』は俺たちが絶対に優勝する」

【小峠の話】「タッグリーグにエントリーしたんで。潮崎さんのチームでベルトも巻いたことありますし。諦めず、腐らず、優勝狙っていきます」

〇第3試合・6人タッグマッチ マサ北宮 & 稲葉大樹 & 大原はじめ vs サクソン・ハックスリー & ティモシー・サッチャー & 谷口周平

【PRO-WRESTLING NOAH】

【サッチャーの話】「今日はREALの大勝利。このまま『Victory Challenge Tag League』も俺たちが優勝する。なぜならGHCタッグのベルトを絶対に俺たちは取り戻すからだ。全員倒して、俺たちが優勝する。モンダイナイ」


【試合後の北宮&稲葉】

▼北宮「てめぇたちだけじゃねえ。俺たちは元チャンピオンであり、前挑戦者でもあるんだよ。預けていたベルトを取り返す。

▼稲葉「優勝、それだけじゃねえ。その先にあるタッグのベルトをもう1回巻くんだ。欲張って2つ狙っていくぞ、コノヤロー」

▼北宮「獲ってやる、コノヤロー

▼稲葉「見とけ、コノヤロー」

〇第5試合・タッグマッチ ジェイク・リー & アンソニー・グリーン vs ジャック・モリス & LJ・クリアリー

【PRO-WRESTLING NOAH】

【モリスの話】「次の挑戦者はアンソニー・グリーン。今日はGLG対決ということで変な感じだった。あと数週間後にこのベルトを懸けてアンソニー・グリーンと戦うけれど、もちろん俺たちの間には友情がある。だが、ベルトを懸かるのであれば別問題だ。俺たち2人は必ずお互いの力を出し切って、このベルトを懸けて戦う。なぜならこのベルトはとても権威があるものだからだ」

【クリアリーの話】「今日はGLG対決だったので、ちょっと不思議な感じがした。ジャック・モリスがいなければ、自分は今こうしてGLGに入っていないし、かといって、アンソニー・グリーンも自分のことを凄く助けてくれているので、ちょっと不思議な感じがした試合だった」

【グリーンの話】「自信はある。今日は残念ながら負けてしまったが、次の試合ではパートナーが代わって、またGLG対決で試合をすることになる。その戦いで、自分はもっと自信をつけて、必ずベルトを獲って、次は自分が2冠王になる。その自信をもっとつけていきたい」

【ジェイクの話】「この試合に関しては、ジャックが1勝。そして、アンソニーが0勝だ。次またこの組み合わせで、ちょっと入れ代わって試合をする。そちらの試合もぜひ皆さん見てくれ。どういう風にこれが動くか。私もそれは楽しみだ。そして、そしてだ。リング上で言った藤田和之。暇つぶしと言ったが、たぶんそれ以上の相手になるだろうな。最近のNOAHにはなかったヘビー級同士のぶつかり合いが思いっきり見られるぞ。場所は名古屋だ。(カメラに向かって前進しながら)会社の方々、ぜひご検討のほどよろしくお願いします。前に来すぎてしまった。ということで、本日はありがとうございました」

〇第6試合・6人タッグマッチ 清宮海斗 & 大岩陵平 & ニンジャ・マック vs 征矢学 & 近藤修司 & 宮脇純太

【PRO-WRESTLING NOAH】

【試合後の清宮&大岩】

▼清宮「よっしゃあ、OK」

▼大岩「ありがとうございました。今回のタッグリーグの名前は『Victory Challenge Tag League。』まさしく俺みたいなピチピチの若手にぴったりな名前だよ。だから、しっかりここは俺が勝って、俺と海斗さんで勝って、しっかりこのタッグリーグ優勝して、その先にチャンピオンベルト絶対に巻いてやるから」

▼清宮「陵平の言った通り、俺たち2人で俺は結果を掴みたい。今のGHCタッグチャンピオンに俺たちは1回チャレンジしてます。そのあとも防衛し続けているスゲェ強いチャンピンだと思うけど、2人で結果を残したいんだよ、俺たちは。このタッグリーグの名の通り、今のチャンピオンにチャレンジして、ビクトリーを掴みます。よっしゃ、いってやろうぜ」

▼大岩「お願いします」

▼清宮「そして、明日は『THE日テレプロレス』。安齋選手、未来だとか、なんだとか言われてますけど、なあなあにやるつもりはないんで。戦いなんで、俺はNOAHを広めるために、あらゆる面で上を行って、勝ちを取りにいきますよ」


【試合後の征矢&近藤】

▼征矢「次はタッグリーグだ、オラ。出るからには近藤さんとタッグリーグで優勝してやるから。ねえ、近藤さん」

▼近藤「俺とお前で何の共通点があるんだよ?」

▼征矢「共通点? そんなもん、関係ねえよ。ただ! 1つ言えることは、俺たちはIBU(国際武道大学)! IBUだよ」

▼近藤「IBUか。俺もIBUだな。そういうことか」

▼征矢「そういうことですよ」

▼近藤「生意気な若者が大好物だ。今日もやられたんだよな。食らわしてやるから。あと、征矢。言っておくけど」

▼征矢「なんですか?」

▼近藤「俺、先輩だからな」

▼征矢「当たり前じゃないですか。とにかくタッグリーグ、俺と近藤さんが優勝するからな。以上!」

〇第7試合 メインイベント・シングルマッチ YO-HEY vs HAYATA

【PRO-WRESTLING NOAH】

【試合後のHAYATA&Eita】

▼HAYATA「リングで言った通りや。勝つのも、歌うのも、俺らや」

▼Eita「おい! 俺とHAYATAはノアジュニアの顔だ。前哨戦もタイトルマッチも俺らが勝つんだ」
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

プロレスリング・ノアは、2000年8月5日に旗揚げしたプロレス団体。 創始者の三沢光晴は全日本プロレスから多くの選手&スタッフたちとともに独立、団体名が表すようにプロレス界の“方舟”となるべく航海を始めました。 旗揚げ以降日本プロレス、全日本プロレスと受け継がれてきた伝統を重んじながらも、旗印である「自由と信念」を投影した闘いで世代を超えて多くの人々を熱狂させてまいりました。 2020年、NOAHは新たにサイバーエージェントグループとなり、さらなる団体と業界の発展を発展を目指して、新たな試みを続けています。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント