レアル・マドリー対アトレティコ。今季4度目のマドリーダービーを制するのはどちらか

ラ・リーガ公式
チーム・協会

【(C)LaLiga】

2月4日の現地時間21時より、ラリーガ EA SPORTS 第23節レアル・マドリー対アトレティコ・デ・マドリーがキックオフを迎える。サンティアゴ・ベルナベウが舞台となるマドリーダービーは今季初ながら、両者の対戦は今季早くも4度目。そのうち今回の対戦を含む3試合はわずか一ヶ月以内に行われている。

昨年9月のラリーガ EA SPORTS 第6節、エスタディオ・シビタス・メトロポリターノで行われた今季最初のダービーはアトレティコが3ー1で制した。この試合ではアルバロ・モラタの2得点に加え、アントワーヌ・グリーズマンも頭で1ゴールを挙げている。

2度目のダービーの舞台はサウジアラビアのリヤド。1月10日に行われたスーペルコパ・デ・エスパーニャ準決勝では、ダニ・カルバハルが土壇場で3ー3とする同点ゴールを奪取。迎えた延長戦ではホセルとブライム・ディアスがゴールを挙げ、レアル・マドリーが5ー3で逆転勝利を手にした。その後レアル・マドリーは決勝でバルセロナを下し、今季初タイトルを獲得している。

一週間後の1月18日、両者はコパデルレイ4回戦で対戦。メトロポリターノで行われた今季3度目のダービーではレアル・マドリーが2度のビハインドを追いつくも、延長戦でグリーズマンがセンセーショナルな勝ち越しゴールを獲得。さらにロドリゴ・リケルメがカウンターから追加点を挙げてとどめを刺し、アトレティコが4ー2で激戦を制している。

第6節のダービーではモラタが2ゴールを挙げ、グリーズマンと共に勝利の立役者となった 【(C)LaLiga】

スーペルコパ準決勝ではホセルが延長後半に決勝点を挙げ、レアル・マドリーが5ー3で競り勝った 【(C)LaLiga】

再び延長戦にもつれ込んだコパデルレイ4回戦のダービーはグリーズマンが延長前半に決勝点を挙げ、激戦を制した 【(C)LaLiga】

この3試合では合計18ゴール、1試合平均にして5.33ゴールが生まれているが、この傾向は数年前から見られている。アトレティコが1ー0で制した2022年5月の対戦以降、6試合連続で両チームがゴールを手にしており、今回のダービーでも激しい撃ち合いとなることが期待される。

今季のレアル・マドリーはここまで完璧に近い結果を出し続けてきた。今季1冠目を手にしたスーペルコパに加え、ラリーガ EA SPORTS では首位争いをけん引。チャンピオンズリーグでも6戦全勝でグループリーグを首位通過している。ここまで全32試合の公式戦で残した黒星はわずか2つ。ただその2敗は、いずれもアトレティコ相手に喫している。

興味深いデータはもう一つある。ここまでレアル・マドリーは全32試合の公式戦で30失点しか許していないが、そのうち10失点はアトレティコとの3試合で奪われている。他の29試合では1試合平均0.71失点に抑えているにもかかわらず、アトレティコとの3試合では平均3.33失点も喫しているのだ。

これらのデータはディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコがレアル・マドリー攻略法を見出したことを意味するのだろうか。2014/15シーズン以降、アトレティコが1シーズンで3度以上レアル・マドリーを破ったことはない。果たして今回も再びアトレティコが微笑むのか、それともレアル・マドリーがホームでリベンジを果たすのか。ラリーガ EA SPORTS のタイトル争いを占う上でも重要な一戦が、間もなくキックオフを迎える。

【(C)LaLiga】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

ラ・リーガ公式サイトです。最新ニュース、各クラブの情報やデータをご覧ください。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント