【バレー/Vリーグ・主将&監督インタビュー】トヨタ車体クインシーズ、鴫原ひなた選手

チーム・協会
 10月に開幕し、熱戦を繰り広げているバレーボールのVリーグ。各チームキャプテンと監督の今シーズンの意気込みをチームごとに紹介していきます。今回はV1女子 トヨタ車体クインシーズ編です。

鴫原ひなた主将

鴫原ひなた選手 【©JVL】

若手とベテランをつなぎホームで勝利を
 昨季、コートキャプテンを務めていたことがあり、キャプテンになる予感はありましたが、実際に言われると驚きました。ですが、コート内外でバレーに関しての責任が増えてきていたこともあり、その場で“やります”と答えました。若手とベテランの間にいるのが私だと思いますが、背伸びすることなく、ありのままのキャプテンでいたいと考えています。私が練習やトレーニングに取り組む姿を見て、ついていきたいと思ってもらいたいです。

 今季のスローガンを決めるにあたり「結」という案を出し、みんなで決定しました。これには2つの意味があり、監督の大事にする“つながり結ぶ”こと、そして“結果を求める”ことです。来季から新リーグになり、地域活動やホームの力が大事になります。バレーボールの魅力を知ってもらって、応援しがいのあるチームになりたい。試合だけでなく、さまざまな活動を通して地域とつながり、皆さんに勝利をお届けしたいです。

髙橋悠監督

髙橋悠監督 【©JVL】

総力戦で勝ちきるシーズンに
 昨季は、中盤までは勢いもあってうまく機能していましたが、後半戦で相手に対策されることもあり、技術的な突破口を身につけないと厳しいと感じたシーズンでした。メンバーを固定して戦いぬいたこともその理由の一つなので、今季は総力戦で戦っていきたいと考えています。

 就任2年目、まだ大きく方向転換する時期ではなく、昨季やってきた土台に積み重ねていくシーズンになります。現在は、バレーボールの動きに特化したトレーニングに励み、土台を保ちながらスキルを上げていく時期です。コーチとしての長いキャリアの中で、試合期にどれだけ詰めても結果にはつながりにくく、この夏場が大事になります。若い選手も多く、経験やキャリアを積みたい気持ちはありますが、まずは夏場のトレーニングの成果がどれくらい発揮できるか楽しみにしています。

 目標はファイナル進出。若手や移籍組など、さまざまな選手を起用して、勝ちきる試合を増やしていきたいです。

★各チームの情報をもっと詳しく知りたい方は…
 V1男子、V1女子、V2男子、V2女子、V3男子、新たに加わったV3女子全57チームの紹介をはじめとした、今シーズンのV.LEAGUEに関するあらゆる情報はV.LEAGUE公式プログラムでご覧いただけます。

V.LEAGUE公式プログラム
仕様:男女合本 全210ページ カラー/白黒
一般販売価格: 1,800円(税込)

※リンク先は外部サイトの場合があります

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント