【大学テニス】19年ぶりの大学王座出場。初日は9−0で完勝!

日本大学SPORTS
チーム・協会

失ゲーム2でシングルス1の強さを見せつけた髙悠亜 【日本大学】

 大学テニスの日本一を決める「2023年度全日本大学対抗テニス王座決定試合」が9月29日~10月4日、愛媛県総合運動公園テニスコートにて開催されており、10月2日、2回戦から登場した日本大学男子テニス部(以下日大)は、9−0で愛知学院大学から勝利を収めた。
 関東大学リーグにて昨年2部から1部に昇格し、今年は王座17連覇中の早稲田大学を激闘の末に下して19年ぶりの王座出場となった日大は、初の大舞台という中で、ダブルス3戦は緊張感が漂ったものの、大事なポイントは押さえて接戦をものにする。

 シングルスではS6の田岡大和(スポーツ科学部3年/名古屋)がストレートで勝利し、チームを勢いづかせると、S3の丹下颯希(文理学部2年/新田)が出身という地の利を生かして5勝目を挙げる。S2の石垣秀悟(経済学部3年/松商学園)、S5の上野山大洋(通信2年/浦和麗明高校)が続くと、髙悠亜(スポーツ科学部2年/関西)はエースの貫禄を見せて、失ゲーム2で勝利した。

シングルス3の丹下は愛媛出身という地の利を生かし、躍動した 【日本大学】

 S4の片山楓は、ファイナルセットのタイブレークへもつれ込んだが、チーム全員の応援を背にして、完勝へ結びつけた。

シングルス4の片山楓 【日本大学】

 山田眞幹監督は「初めての王座ということで緊張感のある中、よく戦ってくれた。マッチポイントがなかなか取れないなど、苦しい思いをしたことが、この後の準決勝、決勝へ良い方向へとつながっていくはず」と、9戦全勝接戦の中でも勝利を前向きに捉える。

 準決勝は第4シードの関西学院大学との対戦だ。主将の小川智裕(スポーツ科学部4年/柳川)は、「ダブルスが強い相手との対戦となるので、最初の3本が重要になってくる。ここで先手を取って、しっかり流れを掴みたい」と展望を語る。

 昨年1部に昇格した時から、全員が王座の優勝を見据えてやってきた。

「応援の面など、初めての大会でうまくいかなかった部分があるので、明日はすぐに改善して臨もうと思います」(小川主将)

 10月3日(火)は10時00分より準決勝が行われる。

  【日本大学】

【試合結果】
[2]日本大学 9-0 愛知学院大学
D=ダブルス、S=シングルス

D1:髙悠亜/小泉熙毅6-3, 6-4 天野裕也/内倉隼哉
D2:石垣秀悟/手嶋海陽 3-6, 6-3, [10-5] 市川剣都/大矢祥生
D3:齋藤成/丹下颯希 6-3, 6-3 伊藤厚陽/木野陽生
S1:髙悠亜 6-1, 6-1大矢祥生
S2:石垣秀悟 6-4, 6-2 市川剣都
S3:丹下颯希 6-1, 6-2 天野裕也
S4:片山楓 6-4, 3-6, 7-6(4) 伊藤厚陽
S5:上野山大洋 6-0, 7-6(1) 木野陽生
S6:田岡大和 6-3, 6-4 内倉隼哉


【2023年度全日本大学対抗テニス王座決定試合/略称:大学王座】
地域リーグから勝ち上がった10大学が集まり、トーナメント戦にて優勝を争う。男子は複3+単6の計9ポイントで勝敗を決定する。日大は関東リーグ2位の成績を収め、関東第2代表として戦う。

※大学名の左に付いている[ ]はシード順位
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

日本大学は「日本大学競技スポーツ宣言」を競技部活動の根幹に据え,競技部に関わる者が行動規範を遵守し,活動を通じた人間形成の場を提供してきました。 今後も引き続き,日本オリンピック委員会を始めとする各中央競技団体と連携を図り,学生アスリートとともに本学の競技スポーツの発展に向けて積極的なコミュニケーションおよび情報共有,指導体制の見直しおよび向上を目的とした研修会の実施,学生の生活・健康・就学面のサポート強化,地域やスポーツ界等の社会への貢献を行っていきます

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント