5/28・29野球早慶戦 早稲田、『矜持』持って打倒慶應 3年ぶり応援部・客席一体でエール

チーム・協会

【大阪桐蔭時代から続ける「ルーティン」を行う中川卓也主将【早稲田スポーツ新聞会・競技スポーツセンター】】

早大生であることを実感する「華の早慶戦」

早稲田大学野球部は5月28日(土)と29日(日)、東京六大学野球春季リーグ戦で慶應義塾大学と対戦します。優勝を目指してリーグ戦に臨んだものの、共に賜杯を逃した早慶両校ですが、そんなことは「華の早慶戦」に関係はありません。野球部は現在、勝ち点「1」ですが早慶戦で勝って「矜持」を見せてくれることに期待しています。

春の野球早慶戦は新入生が同級生や先輩と共に観戦し、応援文化を体験することで「早大生であること」を実感できる重要な機会です。しかしコロナ禍により、2020年はリーグ戦が夏に延期され、2021年も緊急事態宣言下で大学のサークル活動・行事として神宮球場に応援に行くことができなくなっていました。しかし…。

外野席当日販売、応援部の間近で観戦できる!

2022年春の早慶戦では3年ぶりに外野観戦(チケットは当日販売のみ)が可能となり、外野指揮台が設置され、応援部・客席が一体となった臨場感ある観戦が復活します。

※校歌・応援歌の歌唱、選手への声援、肩組み、応援席の撮影は禁止されております

学生150人を無料招待!!! 野球部員・応援部員の観戦レクチャーも開催

気合の入った野球部員・応援部員による観戦・応援レクチャー 【競技スポーツセンター】

早稲田大学競技スポーツセンターでは、抽選で150人の学生を応援部にできるだけ近い内野指定席に無料招待し、「華の早慶戦」を実際に見ることで早稲田文化を感じてもらいます。招待学生には事前に、野球部・応援部の部員による観戦レクチャー=写真=が行われました。球場に行けない方は、テレビ中継やインターネット中継、インターネットテキスト速報が行われますのでリモートで是非、ご観戦ください。

初めての早慶戦。学生たちはとても楽しみにしている様子でした。 【競技スポーツセンター】

オフィシャルグッズを身に付けて応援を!!!

2022年は早稲田スポーツ誕生125周年。記念プロジェクト「BEYOND125」を掲げている早稲田大学は、早稲田スポーツ44部の活動全体を盛り上げていきます。オフィシャルの応援ウェア・グッズも「早稲田スポーツ公式オンラインストア」にて入手可能ですので、是非グッズを身に付けて、熱い応援をよろしくお願いいたします。

【https://store.wasedasports.jp/ja 】

早稲田大学応援部

「今週末はいよいよ早慶戦。
この動画を見ている皆さんも、野球部と、そして我々応援部と共に闘いませんか?
熱い熱い応援をよろしくお願いします。そして、必ず打倒慶應を果たしましょう。」

【https://www.youtube.com/watch?v=dIL_8-p1LJw】

試合観戦リンク集

早慶戦チケット販売はこちら→https://www.big6.gr.jp/jingu/index_2022s_wk.html

早慶戦については混雑が予想されますので、新型コロナウイルス感染症予防の観点から 内野席は全席指定席で前売り販売を行います。外野席は自由席で、神宮球場で当日販売いたします。(六大学野球連盟HPより)

テレビ中継はこちら→https://www.big6.gr.jp/special/2022s_tv.html
第1戦 5月28日(土)13:00〜〜15:54予定 BS朝日
第2戦 5月29日(日)13:00〜(サブチャンネル) 14:00〜(メインチャンネル)予定 NHK Eテレ

BIG6.TVインターネット中継はこちら→https://sportsbull.jp/big6tv/live/2022s/

早稲田 VS 慶應義塾インターネット速報PLAYER!はこちら→https://web.playerapp.tokyo/live/87013
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

早稲田大学競技スポーツセンター

「エンジの誇りよ、加速しろ。」 1897年の「早稲田大学体育部」発足から2022年で125年。スポーツを好み、運動を奨励した創設者・大隈重信が唱えた「人生125歳説」にちなみ、早稲田大学は次の125年を「早稲田スポーツ新世紀」として位置づけ、BEYOND125プロジェクトをスタートさせました。 ステークホルダーの喜び(バリュー)を最大化するため、学内外の一体感を醸成し、「早稲田スポーツ」の基盤を強化して、大学スポーツの新たなモデルを作っていきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント