加藤貴之が7回0封の好投も、村上宗隆のサヨナラ弾で北海道日本ハムが惜敗【5/24 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月24日、神宮球場で行われた東京ヤクルトと北海道日本ハムの「日本生命セ・パ交流戦2022」第1回戦は、1対3で北海道日本ハムが敗れた。

 北海道日本ハムの先発は加藤貴之投手。初回は1つの三振を奪うなど、東京ヤクルトの上位打線を3者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せる。続く2回裏は、2死から2安打で1、2塁のピンチを招き、8番・長岡秀樹選手に内野安打を許すも、二塁走者を挟殺し、無失点で切り抜ける。その後は持ち味の打たせて取る投球で東京ヤクルト打線を7回まで無失点に抑えた。

 援護したい打線は5回表、8番・加藤投手の安打と四球などで1死満塁として、1番・松本剛選手の犠飛で放ち、先制に成功する。続く6回表は2死ながら1、2塁とし追加点のチャンスを演出するも、7番・石井一成選手が遊ゴロに倒れ、得点とはならず。

 1対0と緊迫の場面が続く中、8回裏からは2番手・堀瑞輝投手がマウンドへ。2つのアウトを取ったものの、代打・内山壮真選手にバックスクリーンへの1号同点ホームランを浴び、1対1と追い付かれてしまう。

 9回裏は、先日800試合登板を記録した宮西尚生投手がマウンドへ。2死を奪ったところで、4番手・玉井大翔投手にスイッチ。5番・中村悠平選手を打ち取り、味方に流れを引き寄せる。

 直後の延長10回表。2安打と四球で無死満塁の絶好のチャンスをつくったが、6番手・田口麗斗投手の前に2三振を喫するなど封じ込められ、惜しくも得点とはならず。11回裏には守護神・北山亘基投手が登板するも、2死から四球を許すと、4番・村上宗隆選手に直球をバックスクリーンに運ばれサヨナラ負け。4時間を超える熱戦は、惜しくも勝利とはならなかった。

 先発の加藤投手は、7回5安打5三振1四球無失点の好投。打線では、一軍昇格即スタメンで起用された2番・上川畑大悟選手がプロ初安打、初盗塁をマーク。首脳陣の期待に応える活躍を見せた。

  1234567891011 計
日 00001000000  1
ヤ 00000001002X 3

日 加藤貴之-堀瑞輝-宮西尚生-玉井大翔-石川直也-●北山亘基
ヤ サイスニード-コール-石山泰稚-マクガフ-今野龍太-田口麗斗-○清水昇

文・杉森早翔
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント