9年ぶりの甲子園登板となった田中将大が6回1失点も、東北楽天が阪神に惜敗【5/24 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月24日、阪神甲子園球場で行われた阪神と東北楽天の「日本生命セ・パ交流戦2022」第1回戦は、0対1で東北楽天が敗れた。

 連敗ストップを狙う東北楽天は初回、安打と四球で2死1、3塁のチャンスを作るも、5番・マルモレホス選手が空振り三振に打ち取られ、先制はならず。3回表は2死満塁、4回表も無死1、2塁と好機はつくるものの、あと一本がなかなか出ない展開に。

 先発は9年ぶりの甲子園でのマウンドとなった田中将大投手。初回に二塁打と四球で1死1、3塁のピンチを迎えるも、阪神の4番・佐藤輝明選手をダブルプレーに打ち取り、無失点で立ち上がる。2回、3回は3者凡退に抑えるも、4回裏は先頭の2番・中野拓夢選手に三塁打を浴び、無死3塁のピンチを招く。しかし後続のクリーンアップを完璧に抑え、得点は与えない。

 試合が動いたのは6回裏。安打と盗塁で2死2塁のピンチを招くと、5番・大山悠輔選手に中前適時打を浴び、先制を許してしまう。しかし後続からは見逃し三振を奪い、最少失点で切り抜けた。

 打線は直後の7回表。西勇輝投手から安打と失策などで1死2、3塁と絶好のチャンスをつくったが、2番手・渡邉雄大投手、3番手・アルカンタラ投手の前に得点することはできない。

 7回裏は安樂智大投手、8回裏は鈴木翔天投手がそれぞれ1回を無失点に抑え、0対1と接戦のまま最終回を迎える。9回表に岩崎優投手から8番・太田光選手が安打を放ち、2死3塁とチャンスを演出するも、3番・浅村栄斗選手はセカンドゴロに倒れ、試合終了。

 敗れた東北楽天の先発・田中将投手は、6回を6安打5三振1四球1失点に抑える好投も打線の援護がなく3敗目。打線では辰己涼介選手が2安打をマークするなど好調をキープ。投手陣では、3番手で登板した鈴木翔天投手が150km/hを超える直球で2つの三振を奪うなど、1回無失点と存在感を示した。

  123456789 計
楽 000000000 0
神 00000100X 1

楽 ●田中将大-安樂智大-鈴木翔天
神 ○西勇輝-渡邉雄大-アルカンタラ-湯浅京己-S岩崎優

文・杉森早翔
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント