【太陽誘電ソルフィーユ】ニトリJD.LEAGUE2022第7節SGホールディングスギャラクシースターズ戦 試合結果

太陽誘電ソルフィーユ
チーム・協会

【©TAIYO YUDEN CO., LTD.】

試合結果 (第7節:高田城址公園野球場) 5月22日(日)14:05〜

SGホールディングス ギャラクシースターズ
0 0 4 0 2 0 0 6
0 0 0 0 1 0 0 1
太陽誘電 ソルフィーユ
(SG)●パーナビー-相馬
(太陽)○寺田-小嶋
本塁打:ピアンカステリ(SG)・原田(太)、3塁打:なし、2塁打:なし
この試合、太陽誘電ソルフィーユは寺田愛友投手、SGホールディングス ギャラクシースターズはカーヤ・パーナビー投手で始まる。1回表ギャラクシースターズ桃原祐里にライト前ポテンヒット、内野ゴロの間に進塁二死三塁とされるがここは後続を三振で抑える。1回表ソルフィーユ原田のどか・中溝優生2者連続デットデッドボール、上林藍子のレフトフライでタッチアップで二死二三塁とするが得点ならず。3回表連続ヒット浴びるが1塁走者セカンドをオーバーラン戻るところタッチアウト。その後、バントヒットとフォアボールで満塁、ここは内野ゴロホームフォースアウト、二死満塁とするが、ここはエリカ・ピアンカステリに左中間へ満塁ホームランを打たれる。太陽誘電は3・4回裏とも先頭打者松木瑛里・竹田采実がヒットで出離しチャンスをス作るが得点ならず。5回裏漸く原田のどかのレフトオーバーソロホームランで1点を返す。しかし、その後もランナーを出すも得点することが出来ず。太陽誘電ソルフィーユはこの試合、「1-6」で完敗でした。

先発寺田愛友投手 【©TAIYO YUDEN CO., LTD.】

一死満塁でフォースアウト 【©TAIYO YUDEN CO., LTD.】

JD.LEAGUE交流戦、SGホールディングス ギャラクシースターズの好守に阻まれ突破口抉じ開けられず、原田のどかのレフトオーバーソロホームランで一矢報いるも敗戦

原田のどか レフトオーバーソロホームランで一矢報いる 【©TAIYO YUDEN CO., LTD.】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

太陽誘電ソルフィーユ

チーム創立は1984年10月、所在地は群馬県高崎市栄町8-1。1987年から1部リーグに在籍しており、リーグ優勝は6回、準優勝5回達成した強豪チームです。今年のチームスローガン “つなぐ、つなげる。” を合言葉に、日本リーグ優勝・日本一に向かってチーム一丸となって挑戦します。「ソルフィーユ/SOLFILLE」という名前に負けないよう、多くのかたから“愛されるチーム”を目指します。 ・チーム名由来 フランス語の太陽(Soleil/ソレイユ)と、女の子(Fille/フィーユ)を組み合わせた名前です。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント