佐藤都志也が勝ち越しタイムリー! 14安打と打線が爆発した千葉ロッテが勝利【5/17 試合結果】

パ・リーグインサイト
チーム・協会

【(C)パーソル パ・リーグTV】

 5月17日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテ対東北楽天の第9回戦は、6対3で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテは石川歩投手が先発。初回にいきなり1死1、3塁のピンチを招くも、後続を断ち切り無失点で切り抜ける。しかし2回表、またも1死1、2塁としたところで、武藤敦貴選手に適時打を浴び、1点を先制される。
 
 一方の打線は3回裏、連打などで2死1,2塁から、中村奨吾選手がセンターへ適時打を放ち、すぐさま同点に追い付く。ところが4回表、三連打で無死満塁と大ピンチを招くと、黒川史陽選手の二ゴロの間にエチェバリア選手の失策などで2点を許し、1対3と勝ち越される。石川投手はその後調子を取り戻し、結局6回9安打3失点の内容でマウンドを降りた。

 試合が動いたのは7回裏。先頭の岡大海選手の3号ソロで1点差とすると、1死1、2塁の好機で中村選手が今日2本目となる適時打で同点に追いつく。なおも1死1,3塁の場面で佐藤都志也選手が続き、勝ち越しに成功すると、山口航輝選手のダメ押しとなる2点適時二塁打でこの回5点目を奪い、6対3と逆転に成功した。

 以降は8回表を西野勇士投手が3者凡退でつなぐと、9回表は益田直也投手が締め、6対3で千葉ロッテが勝利した。中村選手が3安打2打点1盗塁の大活躍など、チーム全体で14安打と打線が爆発。投手陣では、2番手・佐々木千隼投手が今季初勝利を挙げた。

 一方敗れた東北楽天は、先発の田中将大投手が6.1回11安打7奪三振6失点と7回裏に崩れ、救援陣も期待に応えられなかった。なお、武藤選手がプロ初打点を含む2安打の活躍を記録した。

  123456789 計
楽 010200000 3
ロ 00100050X 6

楽 ●田中将大-石橋良太-弓削隼人-酒居知史
ロ 石川歩-○佐々木千隼-西野勇士-S益田直也

文・村井幸太郎
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

パ・リーグインサイト

「パ・リーグインサイト」は、ニュース、ゲームレビュー、選手情報、スポーツビジネスなど、パシフィックリーグ6球団にまつわる様々な情報を展開する、リーグ公式ウェブマガジンです。「パーソル パ・リーグTV」を運営する、パシフィックリーグマーケティング株式会社が運営しています。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント