特別ジャージーでホストゲームラストマッチ! NTTリーグワン2022 第15節  SDGsスペシャルジャージー着用のお知らせ

チーム・協会

【クボタスピアーズ船橋・東京ベイ(ラグビー)】

クボタスピアーズ船橋・東京ベイは、江戸川区陸上競技場で行われるNTTリーグワン2022 ホストゲーム全5試合を、「SDGs DAY」として開催しています。江戸川区やパートナー企業に協力頂き、ごみの分別や洋服やおもちゃの回収、フードドライブなどの主に3R(リデュース・リユース・リサイクル)活動を行ってきたほか、試合前に会場周辺のごみ拾い活動などを行ってきました。そのホストゲームラストマッチである第15節では、ホストゲームでのSDGs活動を通じて理解を深め、SDGsの達成に向けて行動して欲しいという思いから、「SDGsスペシャルジャージー」を着用して試合に臨みます。
また、この日に合わせて限定グッズを試合会場にて発売しますので、選手と同様のデザインのグッズを着用して、共にSDGsの達成に向けて発信していきましょう。

SDGsスペシャルジャージーについて

2021年10月に江戸川区とクボタスピアーズ船橋・東京ベイで締結した「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」の取り組みや活動を記念して、江戸川区と共同製作しました。
スピアーズの象徴であるユニコーンの角をイメージとした細い線は、SDGsカラーホイールである17の配色を使用し、チームひとりひとりの個性を表現しています。
背面には、一般募集247点の中から選ばれた江戸川区の「SDGs シンボルロゴデザイン」を配置。
このシンボルロゴは、江戸川区の「花火」「観覧車」「小松菜」、そして豊かな緑や花をイメージしてデザインされ、円を基調にすることで協調や継続、共に発展していく想いが込められています。

このジャージーを対象試合であるNTTリーグワン第15節クボタスピアーズ船橋・東京ベ vs NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安の「東京ベイダービー」で着用してスピアーズは試合に臨みます。

SDGs限定グッズを発売!

この日に合わせてオフィシャルアパレルパートナーBLKによって製作された、以下の限定グッズを試合会場にて発売します。

■スピアーズSDGs ポロシャツ
■スピアーズSDGs Tシャツ
■スピアーズSDGs マスクカバー

試合会場でしか購入できなこの特別なグッズを着用して、チームを応援しつつ、SDGs達成に向けて発信していきましょう!

SDGs限定グッズを着用する選手たち 左から高橋選手(スピアーズSDGsポロシャツ着用)、田村選手(スピアーズSDGsTシャツ着用)、近藤選手(スピアーズSDGsポロシャツ着用) 【クボタスピアーズ船橋・東京ベイ(ラグビー)】

スピアーズSDGsマスクカバーを着用するバツベイ選手 【クボタスピアーズ船橋・東京ベイ(ラグビー)】

  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ

〈クボタスピアーズ船橋・東京ベイについて〉 1978年創部。1990年、クボタ創業100周年を機にカンパニースポーツと定め、千葉県船橋市のクボタ京葉工場内にグランドとクラブハウスを整備。船橋市及び周辺エリアを拠点にチーム強化を図ってきた。以降、着実に上位リーグへの昇格を重ね、2003年、ジャパンラグビートップリーグ発足時からチーム名を「クボタスピアーズ」とし、トップリーグの常連として戦って来た。 「Proud Billboard」のビジョンの元、強く、愛されるチームを目指し、ステークホルダーの「誇りの広告塔」となるべくチーム強化を図っている。2021年2月~5月に開催されたトップリーグ2021では、過去最高順位である3位でシーズンを終えた。 2022年1月開幕予定のラグビー新リーグ「Japan Rugby League One」では、新チーム名「クボタスピアーズ船橋・東京ベイ」として参入する。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント